1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. インタビュー
  5. エルフリーデ
  6. 期待のガールズバンド・エルフリーデ!平成の女の子を表す歌詞に注目

【インタビュー】期待のガールズバンド・エルフリーデ!平成の女の子を表す歌詞に注目 (2/2)


音楽の道を目指そうと思ったきっかけ

──4人のキャラクターがまさに素晴らしいアンサンブルになっていますね。それぞれ、なぜ音楽の道を目指そうと思ったのか、過去の音楽体験を教えていただけますか?

星野李奈:私は中学の時から音楽を始めて、クラリネットを吹いていました。そのままオーケストラに進んで、高校に入ってからギターを弾くようになりました。それから作曲をするようになったんですが、当時はもうDTMが流行り始めていたので打ち込みを自分の生音でレコーディングしたいと思ってベースを買いに行きました。

そこで、出会った30万ぐらいのベースがどうしても欲しくなって、成人式の振袖用に貯めていたお金を遣っちゃったんです。そんな高いものを買ったのなら練習しなきゃと思って専門学校の申し込みをして、そこからベース一本でやっています。


──親御さんも、びっくりされたでしょうね。

星野李奈:親孝行のために振袖着ようとお金を貯めていたのに、それがベースになり、結局成人式にも出ずに……。でもそれで決意が固まって、この道で行くんだと決められました。卒業後はサポートミュージシャンを目指しつつ、赤坂にある生演奏が聴けるお店でベースを弾いていました。


──小さい頃はどんな音楽が好きでしたか?

星野李奈:小さい頃はそんなに聴いていませんでしたね。クラリネットが音楽の入り口です。当時、バンドを組むのがブームで同級生も何人かバンドやっていたんです。そこからポップスをやって、ジャズフュージョンをやって、またポップスに戻ってきました。


──りょうさんはどうですか。

山吹りょう:お父さんが自分のギターをやっていたので、その流れで音楽を始めました。お父さんはCharが好きだったんですが、私もかっこいいなと思って聴き始めて、いつのまにかギターを始めていました。
他には、いきものがかりが好きでしたね。歌ものが好きでした。アニソンも好きです。


──ギターはお父さんから習ったんですか?

山吹りょう:違います。お父さんは教えてくれませんでした。自分でギター教室に習いに行きました。


──最初にギターを持ったのは何歳くらいですか?

山吹りょう:いつの間にか、という感じですね。物心ついたころからお父さんのギターを触っていたので。自分のギターを持ったのは、小学生のときかな。子供用のギターをもらいました。


──そこからギターひと筋?

山吹りょう:いえ、管楽器もやっていたし、いろいろな楽器を経験しました。ドラムもやっていたんですよ。でも結局、ギターに戻りましたね。


──みくるさんは、小さい頃にはどんな音楽が好きでしたか?

みくる:生まれたときから、いえ、お母さんのお腹にいるときから歌っていたので。

星野李奈:何のジャンルを歌っていたのかな?

みくる:真面目な話になりますけど、もう亡くなったおじいちゃんが、私が小さい頃からマイクを持たせてくれていたんです。テレビの音楽番組で流れた曲をすぐ覚えて歌うと褒められて、それがすごく嬉しくて。物心ついたときからずっと、夢は歌手でした。

最初は浜崎あゆみさんが好きで、ずっとあゆになりたいと思っていました。そこからいろいろな音楽を聴くようになって、バンドのボーカリストになりたいと思うようになりました。


──初めてバンドを組んだのはいつ頃ですか?

みくる:高校生のときですね。そこからいろんなバンド組んで、今に至ります。


──では、ゆーやんさんは?

ゆーやん:私はおばあちゃん子だったんです。おばあちゃんが演歌好きで、よく石川さゆりさんや都はるみさんなどを聴いていました。私は『1円玉の旅がらす』という曲が好きで、よく歌っていました。


──そこから何故ドラムに?

ゆーやん:マキシマム ザ ホルモンが好きなんです。女性ドラマーがすごく上手で歌も上手くてMCも良くて。こういうバンド組みたいなと思っていたんですが、マキシマム ザ ホルモンが難しすぎて、そこで1回ドラムも諦めたんですが、いつの間にかまた真剣に取り組むようになりました。

星野李奈:ゆーやんと私は専門学校が一緒なんです。1回諦めた時期も知っているのでもったいないなって思っていました。でも、ひとつ決めたら真剣に向き合う人だって知っていたから、エルフリーデでまた真剣に取り組んでくれたらと思って声を掛けました。

エルフリーデの魅力を出した『real-Ize』



──さて、4月24日にはついにメジャーデビューとなる1st full album『real-Ize』がリリースになりますね。

星野李奈:今のエルフリーデの魅力を全部出しています!

山吹りょう:それに加えて、新しいことにもチャレンジしています。結構バラエティ豊かな仕上がりになったと思います。ポップな曲もあり、ラウドなものもあり。

星野李奈:たとえば『MONSTER』とか『PASSION』、『FATE』などはライブでも映えるし、『Starlight』とか『エンドロール』は、楽曲として聴いても世界観を楽しんでもらえると思います。



山吹りょう:音源としても楽しめるし、ライブに来てわかる雰囲気や感じられるものがあると思います。その差を楽しんでもらいたいと思います。

星野李奈:それを歌い分けるナマのみくるちゃんを観てください。

みくる:ライブのときにはみんなテンションが上がっているので、普段と違う一面も出せると思います。

星野李奈:アー写のイメージをカラフルにしたんですが、楽曲もいろんな彩りがあります。ジャケットは『Starlight』、『Vibration』のMV監督さんがデザインしてくれました。鳥なんですが、今まで使ってきたモチーフが組み込まれていて、カラフルで個性が強いエルフリーデをジャケットでも表現しています。



──これを見ているだけでもイメージを掻き立てられます。国境も超えていきそうな感じ。

山吹りょう:確かに海外の方は反応が早いですね。YouTubeチャンネル登録も、外国の方がとても多いんです。音楽で海外に出ていきたいですね。

星野李奈:英語勉強しないとなあ。

ゆーやん:私、英語喋れなくても海外に行けるから(笑)!


──ところで、今回のアルバム『real-Ize』の中での歌詞の押しポイントがあったら教えてください。

星野李奈::『Vibration』には、今の女の子の文化を表す“インスタ”等の単語がちりばめられています。




──“www”など、読めるか読めないかで世代が分かりますね。

山吹りょう:どうしよう、これ30年後に「古~ッ」とか言われたら。

星野李奈:その時代だなっていうのが分かればいいの。

山吹りょう:うん。時代だよね。

星野李奈:いまどきのフレーズを入れている、ということで。

山吹りょう:『real-Ize』は全体的に前向きな歌詞が多いんです。一歩一歩夢を実現させて未来に向かっていくイメージを、このアルバム全体から感じてもらえたら嬉しいです。

エルフリーデ 1st full album 「real-Ize」Music Trailer


TEXT 宮本ゆみ子
PHOTO 愛香

エルフリーデは、2017年8月に結成された星野李奈(Ba)と山吹りょう(Gt)が発起人となり、みくる(Vo)とゆーやん(Dr)が合流した4人組ガールズバンド。バンド名は、メンバー全員が提案した単語から、Twitterの投票機能を使い最終的にはファン投票により決定された。サウンドプロデューサーにピア···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

SHISHAMO『明日も』ヒーローと共…

日常に潜むyonigeを『顔で虫が死ぬ…