1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. サカナクション
  6. 思い出を想い続ける、サカナクション「忘れられないの」の意味とは?

【歌詞コラム】思い出を想い続ける、サカナクション「忘れられないの」の意味とは?

サカナクションの7thアルバム「834.194」は、前作から約6年ぶりにリリースされた。その一曲目に収録された「忘れられないの」は、80年代前半を意識したPVが公開され話題になった。そんな大注目の楽曲の歌詞を読み解いていく。

公開日:2019年7月16日 更新日:2019年7月16日


この記事の目次
  1. ・忘れられない記憶
  2. ・ずっと噛み続けてしまうガム
  3. ・過去の答えは
  4. ・忘れられない記憶と共に
  5. ・サカナクション 最新情報
  6. ・配信情報
  7. ・リリース情報
  8. ・サカナクション Profile

忘れられない記憶

----------------
忘れられないの
春風で
揺れる花
手を振る君に見えた
≪忘れられないの 歌詞より抜粋≫
----------------

人間には、様々な物事を記憶し続けられる能力が備えられている。

どうでもいいことは簡単に忘れてしまうかもしれないが、自分の興味があるものや、“嬉しい”や“悲しい”といった感情を含んだ出来事は、たった一度きりの経験でも、一生忘れられない記憶として脳に刻み込まれる。

そしてそれは、ふとしたきっかけで記憶の部屋から呼び起されるのだ。

例えば、麗らかな陽気を浴びながら、新しい生命と時間を運んできた風に包まれた春の日。

これから何かが始まりそうな予感を感じている時に、何となく目にした花。



その花が風に揺れている姿を見て、かつて自分の大切だった人が、こちらに優しく手を振ってくれた記憶を思い出してしまう時がある。そしてその記憶が、楽しい記憶だろうがトラウマだろうが、自分の人生で“忘れられない”重要な一部であったことを知るのだ。

そんな“忘れられない”ものばかりで、人の人生は創り上げられている。

----------------
新しい街の
この淋しさ
いつかは
思い出になるはずさ
≪忘れられないの 歌詞より抜粋≫
----------------

これまでの生活から心機一転、新しい環境で新しい人生をスタートさせるとき、普段見慣れない場所と、知り合いがいない状況は淋しさが積もるものである。

しかし、いずれその淋しさも思い出に変わる。

そしてその思い出を、また街を出る時に思い出すのだ。と、人はそう信じることで、逃げないで前に進むことができる。

それはこれまで、忘れられない記憶ばかりを積み上げてきたからこそ生み出せる勇気だ。

思い出は常に過去のものであり、嫌な記憶でも懐かしさと共に思い出すことできる。

懐かしいという感情は、その出来事にあった元の感情に混ざり、少なからず別のものへと変える。そしてその変化が、心を前に向かせることがある。

これまでその変化を感じ取ってきた過去の経験が、自分を少しだけ前へ進ませてくれるのだ。

ずっと噛み続けてしまうガム

----------------
素晴らしい日々よ
噛み続けてたガムを
夜になって吐き捨てた
≪忘れられないの 歌詞より抜粋≫
----------------

絶対に忘れたくないと思えるほど、素晴らしい日を向かえることは、生きていれば必ずある。

そういった日を過ごした時は、何度もその記憶を反芻してしまう。

味がしなくなってもずっと噛み続けてしまうガムのように、思い出の新鮮さが失われても、反射的に何度も思い出してしまうものだ。

----------------
つまらない日々も
長い夜も
いつかは
思い出になるはずさ
≪忘れられないの 歌詞より抜粋≫
----------------

しかし、人生には退屈で味気ない瞬間もある。



それでもその瞬間を忘れなければ、いつか懐かしく思え、味が出てくる時が来る。その時こそ、記憶が思い出になる瞬間である。

過去の答えは

----------------
ずっと
ずっと
隠してたけど
ずっと昔の
僕の答えをまた用意して
≪忘れられないの 歌詞より抜粋≫
----------------

人生の道を歩んでいると、過去に起きた問題と似た問題に直面するときがある。



その時、過去に出した答えが生きる時がくる。

それがもし、思い出したくもない辛い記憶だったとしても、忘れなければ、いつか、その過去の答えが未来を創っていく。

忘れたくても忘れられない記憶は、忘れられない意味が確かにあるのだ。

忘れられない記憶と共に

----------------
夢みたいなこの日を
千年に一回ぐらいの日を
永遠にしたいこの日々を
そう今も想ってるよ
≪忘れられないの 歌詞より抜粋≫
----------------

人の一生には、多くの出来事が詰まっている。

その中では、退屈だと感じる日の方が多いかもしれない。

しかし、“楽しい”や“嬉しい”と思えた日を、“夢みたい”や“千年に一回ぐらい”と、其々に、より特別な感情を与えることで、何度も思い出せる“忘れられない記憶”にすることができる。

その記憶は、これから“辛い”という感情を含んだ日が訪れたとしても、支えになってくれるはずだ。



人間には、様々な物事を記憶し続けられる才能が備えられている。それは感情、つまりは人の心がもたらしてくれる特性なのだ。

もし、人が感情を捨て、あらゆる出来事を無機質に流すことが出来れば、“辛い”や“悲しい”を受け止めることもなく楽かもしれない。

しかし、それは人が人として生き続ける意味がなくなってしまう。

僅かな出来事も感情的に受け止め、“忘れられない”思い出にしていくことが、心を主体に生きる人間という生き物であり、日々を豊かにする心なのだ。

TEXT 京極亮友

サカナクションは2005年に北海道で結成された日本のロックバンドである。メンバーは作詞作曲を手掛ける山口一郎(Vo&Gt)を中心に、岩寺基晴(Gt)、草刈愛美(Ba)、岡崎英美(Key)、江島啓一(Dr)の男女5人で構成されている。ライブでは音、映像、照明の演出に魅せられるファンも多く、出演する···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

サカナクション 最新情報

配信情報

●サカナクション「LIVE SELECTION TYPE-B」【GYAO! MUSIC LIVE】
日時:2019年9月12日(木)12:00より連続配信  

【内容】
・第一弾「朝の歌」「フクロウ」「enough」
9月12日(木) 12:00〜9月30日(月)23:59

・第二弾「ネイティブダンサー」「三日月サンセット」
9月13日(金) 12:00〜9月30日(月)23:59 

・第三弾「ミュージック」「表参道26時」
9月14日(土)12:00 〜9月30日(月)23:59

▷詳細はコチラ

リリース情報

●2019年6月19日発売
アルバム「834.194」


★完全生産限定盤A
価格:5,900(税別)
品番:VIZL-1590
内容:CD2枚組+Blu-ray / 豪華特殊パッケージ仕様

★完全生産限定盤B
価格:4,900(税別)
品番:VIZL-1591
内容:CD2枚組+DVD / 豪華特殊パッケージ仕様

★通常盤
価格:3,500
品番:VICL-65194~65195
内容:CD2枚組

※完全生産限定盤のみボーナストラック ダウンロードコード封入(有効期限:2019年12月19日まで)

※各形態に収録されているCD、Blu-ray、DVDの内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス封入(ダウンロード期間:2020年6月30日まで)

【収録曲】
DISC-1 35 38 52 9000 / 139 41 39 3000
1.忘れられないの
2.マッチとピーナッツ
3.陽炎
4.多分、風。
5.新宝島
6.モス
7.「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
8.ユリイカ (Shotaro Aoyama Remix) 
9.セプテンバー -東京 version- 

DISC-2 43 03 18 9000 / 141 19 17 5000
1.グッドバイ
2.蓮の花
3.ユリイカ
4.ナイロンの糸
5.茶柱
6.ワンダーランド
7.さよならはエモーション
8.834.194
9.セプテンバー -札幌 version-

【収録内容】
(1) サカナクションデビュー10周年記念イベント"2007.05.09 - 2017.05.09" –LIVE AT STUDIO COAST 2017.05.09-

01.涙ディライト
02.ネプトゥーヌス
03.YES NO
04.アムスフィッシュ
05.ドキュメント
06.フクロウ
07.スプーンと汗
08.enough

09.エンドレス
10.三日月サンセット
11.ナイトフィッシングイズグッド
12.白波トップウォーター 
13.目が明く藍色
14.「聴きたかったダンスミュージック、リキッドルームに」
15.グッドバイ

(2) MUSIC VIDEO:グッドバイ ・ユリイカ ・さよならはエモーション・蓮の花・新宝島・多分、風。

※(1)はBlu-ray、DVD共に同内容収録、(2)はBlu-rayのみに収録

※完全生産限定盤(A:VIZL-1590/B:VIZL-1591)のみボーナストラック ダウンロードコード封入(有効期限:2019年12月19日まで)

※各形態に収録されているCD、Blu-ray、DVDの内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス封入(ダウンロード期間:2020年6月30日まで)

サカナクション Profile

2005年に活動を開始し、2007年にメジャーデビュー。

日本の文学性を巧みに内包させる歌詞やフォーキーなメロディ、ロックバンドフォーマットからクラブミュージックアプローチまでこなす変容性。様々な表現方法を持つ5人組のバンド。

全国ツアーは常にチケットソールドアウト、出演するほとんどの大型野外フェスではヘッドライナーで登場するなど、現在の音楽シーンを代表するロックバンドである。

2015年、クリエイター・アーティストと共に音楽に関わる音楽以外の新しいカタチを提案するプロジェクト「NF」を恵比寿LIQUIDROOMで定期開催。

また映画「バクマン。」音楽で第39回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞。

音楽的な評価も受けながら「ミュージシャンの在り方」そのものを先進的にとらえて表現し続けるその姿勢は、新世代のイノベーターとして急速に支持を獲得している。

▷サカナクション Official site

森山直太朗の唯一の歌唱力と世界観で生み…

KinKi Kids「ボクの背中には羽…