1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. 女性アイドル
  4. 歌詞コラム
  5. NMB48
  6. 初恋こそはいつまでも輝き続ける。NMB48の「初恋至上主義」

【歌詞コラム】初恋こそはいつまでも輝き続ける。NMB48の「初恋至上主義」

ぎゅっとまとめ
  • NMB48『初恋至上主義』のリリース背景がわかる。
  • 『初恋至上主義』というタイトルに込められた意味がわかる。
  • 『初恋至上主義』の歌詞から初恋の特別さがわかる。

このアーティストの関連記事をチェック

「NMB48」小嶋花梨・上西怜・堀ノ内…

「1万年に1人の美少女」と言われたNMB48の若きエース、太田夢莉がセンターを務める『初恋至上主義』。その背景と歌詞やタイトルに出てくる「初恋」という言葉の意味について考えます。

公開日:2020年1月6日 更新日:2020年1月6日


この記事の目次
  1. ・夢を目指した少女の集大成、ここにあり。
  2. ・初恋は人生で一度だけ、だから美しい
  3. ・あの頃からずっと変わらない恋心
  4. ・初めて芽生えた恋心、それは一生もの
  5. ・NMB48 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・NMB48 Profile

夢を目指した少女の集大成、ここにあり。


2019年11月6日に発売したNMB48、22枚目のCDシングル『初恋至上主義』。

本楽曲は11月30日にメンバーやファンに惜しまれつつも、卒業を控えたNMB48の若きエース、太田夢莉の卒業センター曲として発表されました。

ミュージックビデオはアイドルらしく明るく全力で踊るシーンと、メンバーたちが寝ている間に静かに部屋を出ていく切なくも意志を感じるシーンの2つの場面で構成されています。

また『初恋至上主義』は、カップリング曲には太田夢莉のソロ曲が収録されるなど、太田夢莉の卒業を大いに盛り上げるシングルとなっています。

初恋は人生で一度だけ、だから美しい

----------------
あとちょっぴり
勇気が欲しかった
≪初恋至上主義 歌詞より抜粋≫
----------------

初恋。それは読んで字のごとく「初めての恋」。


だから恋をしたことがある人なら誰しも、初恋というものは経験したはずですよね。

そしてそれは、当然のことですが二度は訪れません。

初めての恋だからこそ、空回りしたり、思うように自分の感情と行動が噛み合わない、そんな経験はあるのではないでしょうか。

誰しも味わったあの初恋の特別さを歌ったのが『初恋至上主義』です。

----------------
胸の奥で叫んでた I wanna keep loving you!
≪初恋至上主義 歌詞より抜粋≫
----------------

この曲のセンターを務める太田夢莉は、2018年11月に卒業したNMB48のエース山本彩の背中に憧れていました。

『初恋至上主義』というタイトルはそんなアイドルとしての憧れの人物の背中を見て夢を追い続けてきた彼女のアイドル人生を示しているのかもしれません。

あの頃からずっと変わらない恋心


----------------
初恋からずっと WOW WOW WOW
君のことが好きだ
あの気持ちは
変わっていない
≪初恋至上主義 歌詞より抜粋≫
----------------

歌詞に出てくる主人公は街で偶然、幼馴染で初恋の女性と出会います。

いくつか言葉を交わすものの、核心には踏み込むことができず、また彼女は人込みの中に消えていってしまいます。

主人公は彼女に恋をしていたあの頃も傷つくことを恐れて告白できずにいました。

そんな学生時代の頃も街で偶然会った今も、相変わらず告白できないまま、初恋のトキメキを想うのです。

そんな主人公のいつまでも変わらない初恋の感情が胸に刺さる歌詞になっています。

初めて芽生えた恋心、それは一生もの


----------------
あれから恋を
いっぱいしたけど
初恋以上
ときめくことはないよ
≪初恋至上主義 歌詞より抜粋≫
----------------

あなたはどのくらい恋をしてきましたか?

まだ初恋を知らない人も、たくさんの恋を知っている人もいると思います。

誰であろうと初恋はやはり一度だけで、血のつながりのない誰かに対する初めての愛情なのではないでしょうか。

初恋以上に誰かを好きになったり、初恋の人よりもステキな人に出逢ったりすることがあっても初恋と同じトキメキを味わうことはできません。

だからこそ初恋は一生ものなのではないかと感じます。

ほろ苦くも、振り返った時に人生に彩りをくれる恋、それが初恋なのではないでしょうか。


TEXT 桶木英明

NMB48は、秋元康のプロデュースの日本の女性アイドルグループ。2010年10月9日、東京・葛西臨海公園で行われた「Visit Zooキャンペーン応援プロジェクト AKB48 東京秋祭り supported by NTTぷらら」で、1期研究生26名がお披露目された。初公演は2011年の1月1日で、研究生26名の中から選抜された16名···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

椎名林檎~リスナーに愛され続けた20年…

実はラブソングの魔術師!?「ポルノグラ…