1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. ボーカロイド
  4. ボーカロイド&特集
  5. ハチ
  6. この中毒性は半端じゃない!大人気ボカロ曲「パンダヒーロー」とは?

【特集】この中毒性は半端じゃない!大人気ボカロ曲「パンダヒーロー」とは?

ぎゅっとまとめ
  • 『パンダヒーロー』の人気の秘訣は独特な感性が光る歌詞と中毒性のあるリズム
  • ボカロP・ハチが2012年米津玄師として活動開始し多彩な才能を発揮
  • おすすめの「歌ってみた(+弾いてみた)」動画を3つ紹介

このアーティストの関連記事をチェック

バイオレンスでかっこいいヒーロー!ハチ…

歌詞も旋律も心に響くヒットソングメーカー・米津玄師。そんな彼がボカロPの『ハチ』であった頃の楽曲『パンダヒーロー』は、ノリのよいメロディと意味深な歌詞で中毒者続出のナンバーですね。この記事では『パンダヒーロー』について紹介します。

公開日:2020年1月25日 更新日:2020年1月25日

Editor

有紀


この記事の目次
  1. ・驚異の30時間16分!
  2. ・ボカロP「ハチ」とは…
  3. ・おすすめの動画を3つ紹介!
  4. ・luz×nqrse×そらる×まふまふ
  5. ・かしこまり
  6. ・ピアニスト・まらしぃ
  7. ・「ハチ」と「米津玄師」
  8. ・ハチ Profile
  9. ・米津玄師 最新情報
  10. ・リリース情報
  11. ・ライブ情報
  12. ・米津玄師 Profile

驚異の30時間16分!

▲ハチ MV「パンダヒーロー」HACHI / Panda Hero

『パンダヒーロー』はボカロP・ハチによって作られたボカロ曲で、2010年11月にリリースされたアルバム『OFFICIAL ORANGE』の収録曲。

その後、2011年1月23日に使用VOCALOIDはGUMIで、アルバムとはアレンジを変えた『パンダヒーロー』をニコニコ動画で公開します。

『パンダヒーロー』は公開後、驚異の30時間16分というスピードで100万再生を達成し、VOCALOID伝説入りを果たしました。

ちなみに「VOCALOID伝説入り」とは、ニコニコ動画で100万再生を達成したVOCALOID曲に贈られるタグのことです。

▲【公式】ニコニコ超パーティー2015 VOCALOIDライブ

ニコニコ超パーティーでも披露された『パンダヒーロー』は『マトリョシカ』や『砂の惑星』と並ぶ、ハチの代表曲。

ボカロを聴く人ならば、知らない人はいないでしょう。

思春期特有の鋭すぎる感性、危うい精神、バイオレンスで不思議な世界観を描く歌詞が、かっこいいですね。

もはや詩人レベルの独特な感性が光る歌詞には驚かされます。



『パンダヒーロー』はスピード感のある打ち込みがクセになる楽曲で、パワフルでダイナミック。

エッジの効いたバンドサウンドは、聴くとテンションが上がります。

しかもこのMV、ハチが描いているんですよ。曲も作れて絵も描けるなんて多才すぎますね。

ハチの魅力がギュッと凝縮された『パンダヒーロー』の世界観は、ノリの良いリズムと言葉遊びのような歌詞が合わさり、中毒性が半端ないです。

ボカロP「ハチ」とは…



『パンダヒーロー』の作詞作曲者であるハチは、多数のヒット曲を生み出し、世間にその名をとどろかせる、シンガーソングライター米津玄師です。

ボカロP・ハチとしては、2009年5月、ニコニコ動画に『お姫様は電子音で眠る』でデビュー。

『パンダヒーロー』『マトリョシカ』『ドーナツホール』『アイネクライネ』他、ヒット曲を多数生み出し、ボカロシーンを牽引してきました。

なんと、持ち曲すべてが殿堂入りという快挙!素晴らしいですね。

ボカロ曲として最後に公開された『砂の惑星』は、VOCALOID曲で最速ミリオン&最速ダブルミリオン&トリプルミリオン達成曲となっています。

▲ハチ MV「砂の惑星 feat.初音ミク」HACHI / DUNE ft.Miku Hatsune

MVも含めて1つの世界観を作るボカロですが、なんとハチは曲を作るだけではなく、動画やアートワークを自分で担当することもあり、その多才さには舌を巻きます。

2017年にリリースされた『ピースサイン』のジャケット画も、米津玄師が描き下ろしたことで話題になりましたよね。

また、ハチは2012年から本名である米津玄師名義で活動を開始し、2013年にはメジャーデビューしました。



米津玄師となった現在では、自身で歌う楽曲はもちろん、『打上花火』などコラボ曲も大ヒットしています。

2020年東京オリンピック応援ソングプロジェクトにも参加し、小学生5人によるユニット「Foorin」の楽曲『パプリカ』をプロデュース。

ロングヒットとなり、MV再生回数は1億回を超え、子供から大人まで幅広い年代にわたる社会現象となりました。

おすすめの動画を3つ紹介!

パワフルでノリの良い旋律がクセになる、人気ボカロ曲『パンダヒーロー』。

ここでは、おすすめの「歌ってみた」などの動画を3つご紹介します。

luz×nqrse×そらる×まふまふ

▲パンダヒーロー/luz×nqrse×そらる×まふまふ【歌ってみた】

大人気の歌い手4人がニコ動全盛期のボカロ曲『パンダヒーロー』を歌うのは、原点に戻った感じがして、本当に嬉しくなってしまいますね。

このメンバーにして、このクオリティ、そしてこの熱量!

まるで4人それぞれの歴史と成長を表しているかのような歌ってみた動画ですね。

かしこまり

▲パンダヒーロー / ハチ(Covered by かしこまり)

こちらの『パンダヒーロー』は、本家のMVをリスペクトしている感じが伝わってきますね。

癖になる声質で、とてもかっこいい低音が特徴の歌声。

MVもちょいワルな表情が可愛いのにかっこよくて魅力的です。

ピアニスト・まらしぃ

▲「パンダヒーロー」を弾いてみた【ピアノ】

こちらの動画は魅せるピアノを弾いてくれる超有名ピアニスト・まらしぃ。

上手なのはもちろんのこと、楽曲の楽しい空気感まで、目にも伝えているのがさすがです。

それにしても素晴らしい!神の手ですね。

「ハチ」と「米津玄師」

ハチが作った楽曲の中でも人気が高く、人気曲ランキングでは必ず上位に入る『パンダヒーロー』。

米津玄師のライブでも歌われたことがあり、ハチとしての活動を知らない人でも、聴いたことがあるという人は多いのではないでしょうか。

「ハチと米津玄師はまったく別で、つくられる音楽は別物の音楽」といった意見も、「ハチのボカロ曲は、現在の米津玄師の原点」との意見もあります。

あなたはどのように感じるでしょうか。

「ハチ」と「米津玄師」の楽曲を聴き比べてみるのもいいかもしれませんね。

▲米津玄師 MV「Lemon」

DAM年間カラオケランキング2019(総合)では2年連続で『Lemon』が1位を獲得し、歌手別ランキングでも「米津玄師」は1位を受賞しました。



これからもハチこと米津玄師から目が離せません!


TEXT 有紀

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

冬に聴きたくなる、SILENT SIR…

「to the moon」がオシャレ!…