1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. アニメ・声優
  4. アニメ・声優&特集
  5. 銃器を擬人化したデフォルメアニメ「どるふろ-癒やし編」とは?

【特集】銃器を擬人化したデフォルメアニメ「どるふろ-癒やし編」とは?

ぎゅっとまとめ
  • 「どるふろ」の原作となるアプリは2000万DLを達成した世界的に人気のゲーム
  • 5分のショートアニメなのに何人ものキャラクターたちが登場して暴れまわる
  • 続編となる「狂乱編」は40人以上のキャラクターたちが登場
銃器が美少女に擬人化して戦う姿が話題を集めた中国発のスマホゲーム「ドールズフロントライン」。 日本国内だけでも200万DLを達成した人気スマホゲームがアニメ化しました。 この記事ではデフォルメアニメ「どるふろ -癒やし編」の魅力をご紹介します。

公開日:2020年4月6日 更新日:2020年4月13日


この記事の目次 []
  1. ・原作は銃を擬人化したスマホゲー「ドールズフロントライン」
  2. ・アニメ版では大勢のデフォルメキャラが大暴れ!?
  3. ・一期での登場人物は8人!
  4. ・OP・EDは中毒性のあるインスト曲
  5. ・好評につき第二期狂乱編も放送決定
TOP画像引用元 (Amazon)

原作は銃を擬人化したスマホゲー「ドールズフロントライン」

▲【ドールズフロントライン】ミニアニメ「どるふろ -癒し編-」Trailer

『ドールズフロントライン』(通称ドルフロ)は2016年に中国でサービスを開始した育成&戦略シミュレーションゲームです。

中国では『少女前線』というタイトルでダウンロードされましたが、2018年に日本でサービスを開始する際、公式に改名されました。

台湾・韓国・英語圏などでも人気を集め、全世界で1000万ダウンロードされるほどヒットしたドルフロは、日本国内でも200万ダウンロードという快挙を達成しています。

ドルフロのゲーム内容は、M4A1や一○○式などの実在するライフルや拳銃を美少女に擬人化した「戦術人形」たちを育てて戦うもの。

ジャンルとしては、戦略的な判断力でストーリーを攻略し進めるターン制ストラテジーです。

可愛らしいキャラクターたちが無骨でゴツい銃器を持って戦う様は、なかなかコアな性癖が刺激され、慣れていない初心者には難しいゲーム性と相まってとても楽しめます。

またゲーム中に流れるBGMは力が入れられており、ゲーム内のミニゲームで音楽ゲームとして楽しめるほか、2018年には中国の上海でオーケストラコンサートが行われるほど。

日本でも2019年8月に東京でコンサートが開催されるなど、幅広く支持されている作品でもあります。

アニメ版では大勢のデフォルメキャラが大暴れ!?



そんなドルフロが2019年、5分のショートアニメになりました。

原作となるゲームのストーリーとしては、第三次大戦後の荒廃した世界で戦う戦術人形たちの姿が描かれますが、アニメではそんな危険な雰囲気は微塵も感じさせず、キャラクターたちの日常の中でのちょっとした争いなどが描かれます。

銃器の名前を持った少女たちはアニメ版ではデフォルメ化され、より可愛らしい姿のキャラクターとなって登場します。

第1話では、一つのケーキを取り合うために部屋で戦いを繰り広げるM4A1とUMP45の姿が描かれます。

ドタバタ暴れ回る彼女たちの可愛らしいやりとりは、どこかほのぼのとしてしまいます。

『どるふろ-癒やし編』はそんなゆるい雰囲気のアニメーションとなっていますので、ゲーム内の殺伐とした世界観とは裏腹に、文字通り癒やされるお話となっています。

各話ではこれでもかと言わんばかりにたくさんのキャラクターたちが登場。

1話では、5分という短い時間の中で7人ものキャラクターが登場し、お話に関わっていきます。

一期での登場人物は8人!


画像引用元 (Amazon)

ショートアニメ「どるふろ癒やし編」1話に登場するのは、以下の銃器たちです。

M4A1陣営としては、M4A1(CV:戸松遥)、M4 SOPMODⅡ(CV:田村ゆかり)、M16A1(CV:山根希美)が登場します。

陣営の代表的な立場でほぼ毎回登場するM4A1役の小松遥は、アニメ『ソードアート・オンライン』のアスナ役としても有名ですね。

対するUMP9(CV:能登麻美子)の陣営はUMP45(CV:嶺内ともみ)416(CV:野中藍)が登場。

Gr G11(CV:福原綾香)もUMP9側の陣営ですが、ぼーっとするか寝てばかりの彼女は中立的な立場になっています。

陣営の代表としてM4A1と対立するUMP45役の嶺内ともみは、アニメ版『BanG Dream!』での出演やアニメ『スロウスタート』の十倉栄依子役としても有名です。

1話だけでも7人もの人物が喋りドタバタ暴れまわるのは、たくさんのキャラクターが登場するドルフロならではですね。

2話以降では、1話で登場しなかったM4A1やUMP9たちのほかにAR15(CV:加藤英美里)も登場し、合計で8人のキャラクターが各話のストーリーに関わっていきます。

OP・EDは中毒性のあるインスト曲


『どるふろ-癒やし編』では、OPもEDも歌のないインストで構成されています。

OPではピアノとサックスがメインの軽快で楽しそうな演奏とともに、登場する8人のキャラクターが紹介されます。

やや中毒性のある曲調は、何度聞いても飽きない良い曲ですね。

OPについては、Youtubeの公式Trailerで視聴することができます。

また、EDではギターとドラムがメインの楽器のロックテイストなインストが流れます。

エンディングの映像は各話ごとに変わり、その回のアニメのダイジェストがリピートされて映し出されます。

そしてEDの後には、謎に包まれた実写のパートが挟まれています。

おそらく中国の制作スタッフが撮影したのでしょうか、各キャラクターのグッズを使って部屋で猫と戯れている様子が映されます。

好評につき第二期狂乱編も放送決定

▲【ドールズフロントライン】ミニアニメ「どるふろ -狂乱編-」Trailer

また『どるふろ-癒やし編』の続編として、2019年12月からは『どるふろ-狂乱編』が放送されました。

狂乱編では一期のキャラクターに加えてさらに大量の銃器が参戦。

主なメインキャラクターはスコーピオン(CV:松井恵理子)とSuper-Shorty(CV:七瀬亜深)ですが、その他にも40人以上のキャラクターが追加で参加します。

加えて『どるふろ-狂乱編』では5分の短い時間を更に分割し、1話あたり4個ものストーリーを盛り込んでいます。

原作であるゲーム内の4コマ漫画並の速度で展開が広がるのは、スピーディでまさに「狂乱」そのもの。

ゲームのファンなら楽しめること間違いなしですね。


TEXT 空野カケル

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

甘いマスクに抜群の歌唱力!Nissy(…

可愛さとセクシーさを持ち合わせる「Re…