1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. ZARD
  6. ZARD「永遠」で坂井泉水が私たちに遺してくれたもの

ZARD「永遠」で坂井泉水が私たちに遺してくれたもの

ぎゅっとまとめ
  • 『永遠』はドラマ『失楽園』の主題歌だった
  • 『永遠』で改めて知る坂井泉水の歌詞へのこだわり
  • 『永遠』を聴けば「永遠」の意味が解る
2021年にはデビュー30周年を迎えるZARD。『負けないで』や『揺れる想い』などの名曲を生み出し、今も愛されるアーティストです。1997年にリリースされた『永遠』は、ZARDのヒット曲の中でも高い人気を誇る美しいバラード。その歌詞の魅力を考察します。

公開日:2020年6月20日 更新日:2020年6月20日


この記事の目次 []
  1. ・「朱い果実」が意味するものとは?
  2. ・坂井泉水の歌詞へのこだわり
  3. ・坂井泉水が大切にしたもの
  4. ・「永遠」で蘇る坂井泉水

「朱い果実」が意味するものとは?

ZARDの『永遠』は、1997年に放送されたドラマ『失楽園』の主題歌でした。

『失楽園』は不倫をテーマにした悲劇的なストーリーで大ヒットを記録。


----------------
朱い果実を見たら
私のことを思い出して
ください
≪永遠 歌詞より抜粋≫
----------------

ドラマのタイトルである『失楽園』は「禁断の果実」を食べたアダムとイブが楽園を追放される旧約聖書の有名な物語。

『永遠』の冒頭で歌われる「朱い果実」とは、その「禁断の果実」を意味しているのではないでしょうか。

この一言で、不倫という禁断の果実を口にして、苦しみの世界が始まるドラマ『失楽園』の世界観が表現されているような気がします。

ところで、坂井泉水はなぜ「赤い果実」ではなく「朱い果実」と書いたのでしょう。

「赤色」よりも「朱色」は鮮やかな「黄色味がかった赤」。

その後に続く「私のことを思い出してください」というフレーズから考えて「赤」よりも鮮明で記憶に残る「朱」を選んだのかも知れませんね。

坂井泉水の歌詞へのこだわり


----------------
あなたの決心が
固まったら…
きらきらと
ガラスの粉になって
このまま
消えてしまいましょう
≪永遠 歌詞より抜粋≫
----------------

ドラマ『失楽園』で不倫に溺れた主人公の二人は、最後に服毒自殺を果たします。

このフレーズは、意識が薄れ死へと向かっていく二人の姿を表現しているのではないでしょか。

----------------
誰も知らない楽園へ
≪永遠 歌詞より抜粋≫
----------------

坂井泉水の歌詞は、読んで見て初めて気づかされることが多いような気がします。

この歌詞の「くに」という言葉も、歌を聞いているだけでは「国」と思ってしいまいがちですが、実は「楽園」なんですね。

坂井泉水が二人が向かう場所を「楽園」とした理由は、不倫をされた側から見ると二人は「地獄」へと向かってほしいと願うはずですが、愛し合う二人からすれば、死によって誰にも邪魔されない二人だけの「楽園」に行けるからでしょう。

17世紀の詩人ジョン・ミルトンは、叙事詩『失楽園』の中で「地獄を天国となすも、天国を地獄となすも心しだい」と書いています。

坂井泉水の歌詞にもこの言葉に通じるものを感じますね。

坂井泉水が大切にしたもの


----------------
守るべきものは何なのか
この頃それが
分からなくなる…
「君と僕との間に
永遠は見えるのかな」
どこまでも続く坂道
あの日から
淋しかった想像以上に…
≪永遠 歌詞より抜粋≫
----------------

曲中で繰り返されるサビのフレーズで、この部分だけがカギ括弧で強調されています。

前後のフレーズから考えると、許されない恋の相手がふと呟いた疑問の答えを、頭の中で考え続けているようなイメージが湧いてきますね。

カギ括弧で表すことで、言葉にリアリティを持たせているような気がします。

また、思いついた言葉を常に書き留めていた坂井泉水にとって、この言葉は特別な存在だったのかも知れません。

感受性豊かだった坂井泉水自身も“永遠とはなんだろう”と常に自問自答していたのではないでしょうか。

「永遠」で蘇る坂井泉水

----------------
Just Fallin'
of the Rain
≪永遠 歌詞より抜粋≫
----------------

この曲はもともとCMサイズの『Fallin' of the Rain』がキャノンのCMでオンエアされていました。

それから改作され『永遠』バージョンが『失楽園』の主題歌に起用。

1970年代のアメリカンロックを彷彿とさせるサウンドは、ZARDの曲の中では珍しいタイプ。


----------------
君と僕との間に
永遠は見えるのかな
この門をくぐり抜けると
安らかな
その腕に たどりつける
≪永遠 歌詞より抜粋≫
----------------

間奏で鳴り響くギターとゴスペルは、この曲をクライマックスへと感動的に導いていきます。

今「この門をくぐり抜けると」というフレーズを聴くと、楽園への門をくぐる坂井泉水の姿を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

「永遠」とは時間を超えて存在するもの。それは肉体が滅んでも残る、その人の生前の「想い」のような気がします。

坂井泉水と私たちの間には、彼女が綴った言葉という想いが、永遠に存在し続けるでしょう。


TEXT 岡倉綾子

坂井泉水を中心としたユニット名。 6才からピアノを始める。大学卒業後、モデルエージェンシーに所属し活動。その後、音楽プロデューサー・長戸大幸と出会い、アーティストとして才能を見出されZARDを結成する。 1991年2月10日「Good-bye My Loneliness」でデビュー。現在までに45枚のシング···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

KAZ.「My Song」は自分自身に…

「TK from 凛として時雨」独特な…