1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. 上白石萌音
  6. 上白石萌音「夜明けをくちずさめたら」誰かを想いながら月を見る人へ

【歌詞コラム】上白石萌音「夜明けをくちずさめたら」誰かを想いながら月を見る人へ

ぎゅっとまとめ
  • 「恋つづ」でみんなの心を奪った上白石萌音は歌もキュート
  • 月光のように愛がみんなに降り注ぐことを願っている
  • 月を見ながら一緒に夜明けを迎えられるのは心が通じ合っている人

このアーティストの関連記事をチェック

「楽園」に見える救いと光 「一縷」の歌…

「恋はつづくよどこまでも」の真っすぐな演技で、視聴者の心をわしづかみにした上白石萌音。彼女は歌手としても多くの作品を発表しており、一生懸命で真っすぐな彼女らしさにあふれた作品ばかりです。この記事では、その中から『夜明けをくちずさめたら』を紹介します。

公開日:2020年6月26日 更新日:2020年6月26日


この記事の目次 []
  1. ・みんなに愛が届くといいな
  2. ・涙がこぼれないように月を見る
  3. ・月光のように愛もみんなに降り注げ
  4. ・月を見ながら夜明けをむかえる
  5. ・上白石萌音 最新情報
  6. ・リリース情報
  7. ・ライブ情報
  8. ・上白石萌音 Profile

みんなに愛が届くといいな

2020年1月から放映されたドラマ「恋はつづくよどこまでも」で、恋に仕事に一生懸命で誰もが応援したくなる新人ナースを演じた上白石萌音。


歌手としても多くの作品を発表している上白石萌音は、2020年5月に『夜明けをくちずさめたら』を配信リリース。

優しくて健気で、一生懸命な彼女のイメージにぴったりの愛に満ちたバラードソングです。

「いきものがかり」の水野良樹が楽曲を制作し、4月~5月のNHKみんなのうたのタイアップとなりました。

この曲を聴くと「みんなに愛が届くといいな」という願いが込められている気がします。

そんなしっとりとしつつも温かい『夜明けをくちずさめたら』の歌詞の意味を考察します。

涙がこぼれないように月を見る


----------------
きみは月を見てる
涙に負けないように
誰かの手に愛がやどること
願っているんだ そうだろ
≪夜明けをくちずさめたら 歌詞より抜粋≫
----------------

月に願い事をしたことのある人は、たくさんいますよね。特に満月の夜に輝く月は神秘的で、なんでも願いを叶えてくれそうな気がします。

「きみ」も月を見ています。涙がこぼれないように月を見上げているのでしょうか。

もしかしたら、月を通して誰かとつながりたいと思っているのかもしれません。

同じ瞬間に同じ月を見ている人が、どこかにきっといるはずだから。

なんだか孤独を感じる歌詞ですよね。

それでも自分の悲しみにとらわれるのではなく、誰かの手に愛がやどることを願っている。

この「誰か」は特定の一人の人間ではなく、自分も含めた、たくさんの人を指しているのではないでしょうか。

月の光が全ての人に降り注ぐように、愛も全ての人に降り注いでほしい。

そんな「きみ」の優しい気持ちが伝わってきます。

月光のように愛もみんなに降り注げ


----------------
どうかもう
震えるその手を
自分で責めたりしないで お願い
みんな みんな 愛されたいと
言えずに生きている
≪夜明けをくちずさめたら 歌詞より抜粋≫
----------------

きっと手が震えているのは、まだその手に愛が届いていないからではないでしょうか。

でも、それはその人のせいではないのです。

”だから責めたりしないで欲しい、自分で自分を責めるのは何より辛いから。”そんな声が聞こえてきそうな歌詞です。

みんなも口に出せないだけで愛されたいと思っている。

だからなおさら「きみ」は、愛が「みんな」に降り注いで「みんな」の手に届くことを願っています。

みんなの幸せを想う「きみ」の願いが、繰り返し綴られていて切ないですよね。

月を見ながら夜明けをむかえる


----------------
みんな月をみてる
誰かを想いながら
いつの日かとなりに座って
夜明けをくちずさめたら
≪夜明けをくちずさめたら 歌詞より抜粋≫
----------------

となりに座って一緒に月を見ながら夜明けを迎えたいという意味なのでしょう。

この状況は、相手を信頼していないとできないですよね。

夜中に月を見ながら大声での会話はできません。

黙ってとなりに座っていても居心地がいいのは心が通じ合っているから。

「きみ」の言葉で言えば「愛がその手に届いているから」。

なんだかドラマのように情景が浮かんできて、ロマンティックです。

月を見ながら何かを願うとき、それは誰かの幸せなのでしょう。

月にはそんな誰かを想う愛情が、たくさん届いているのかもしれません。

そんな愛でいっぱいの月。

次の満月の日には、月を見ながら是非この曲を聴いてみてくださいね。


TEXT 三田綾子

上白石萌音は鹿児島県出身の女優・歌手である。妹は女優の上白石萌歌。子供の頃から歌うことや踊ることが大好きだった彼女は、母の勧めで小学校1年生から地元鹿児島のミュージカルスクール「マリアミュージカルアカデミー」に通い始めた。そんななか中学1年生の時スクールの先生から「東宝シンデレ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

りりあ。「浮気されたけどまだ好きって曲…

「猫の恩返し」は「耳すま」のバロンを活…