1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. Official髭男dism
  6. Official髭男dism「Laughter」は選択を乗り越えて、自分自身に勝利を告げるための歌!

【歌詞コラム】Official髭男dism「Laughter」は選択を乗り越えて、自分自身に勝利を告げるための歌!

ぎゅっとまとめ
  • 人気映画主題歌『Laughter』に込められた意味とは?
  • 心から笑うための過程を描いた歌詞を考察
  • 楽曲のテーマは”自分に勝つための選択”

このアーティストの関連記事をチェック

2020年4月Tik Tok定番人気邦…

映画「コンフィデンスマンJP プリンセ…

Official髭男dismの新曲『Laughter』が2020年7月10日に配信リリースされました。『ノーダウト』『Pretender』に続き「コンフィデンスマンJP」の主題歌となったヒゲダン最新曲の歌詞を考察していきます。

公開日:2020年7月14日 更新日:2020年7月23日


この記事の目次 []
  1. ・「Laughter」は鳥の名前?
  2. ・心から笑うための「選択」
  3. ・「自分自身に勝利を告げるための歌」

「Laughter」は鳥の名前?

画像引用元 (Amazon)

Official髭男dismの最新曲『Laughter』は、大人気映画「コンフィデンスマンJP プリンセス編」の主題歌として書き下ろされました。

ノーダウト』『Pretender』に続き三度目の「コンフィデンスマンJP」シリーズ主題歌となります。

この楽曲は2020年8月5日発売のニューEP「HELLO EP」の収録曲で、発売に先駆けて先行配信リリースされました。

同時にYouTubeでMVも公開されており、映画の舞台となったマレーシアの大自然や映画本編のシーンが使用された特別映像となっています。

▲『コンフィデンスマンJP プリンセス編』×Official髭男dism「Laughter」特別映像

この記事では、注目を集めるヒゲダン最新曲の歌詞を考察していきます。

----------------
翼は動きますか?本当に飛べますか?
YesもNoも言わずに真っ直ぐに空を見てた
鳥の名前はラフター ケージを壊した
YesでもNoでもなくて 飛びたいとはしゃいでる声だけで
≪Laughter 歌詞より抜粋≫
----------------

タイトルとなっている『Laughter』。

歌詞中では「鳥の名前はラフター」と、それが鳥の名前であることが言及されています。

本来の意味は「笑い声」ですが、なぜ鳥の名前になっているのでしょうか?

彼らがTOKYO FMのレギュラー番組に出演した際、ボーカルの藤原聡が

「『Laughter』って、笑い声っていう意味じゃん。みんなが心の底から笑えることを、人生の真ん中に持ってこれるように生きてってほしいなってすごく思ったわけ」

と語りました。

つまり心の中に存在する鳥を羽ばたかせることで、笑顔になって欲しいという意味が込められているのです。

心から笑うための「選択」


”心の中の笑顔の鳥”ということを念頭において歌詞をみていきましょう。

----------------
鏡の中を覗いても 羽根ひとつも見つからないけど
空を待ち焦がれた 鳥の急かすような囀りが聞こえる
鉄格子みたいな街を抜け出す事に決めたよ 今
それを引き留める言葉も 気持ちだけ受け取るよ どうも有難う
≪Laughter 歌詞より抜粋≫
----------------

歌詞の冒頭はこのようになっています。

「鏡の中を覗いても 羽根ひとつも見つからない」

つまり表面上に笑顔はなく、自分は笑えていないことがわかります。

ですが「空を待ち焦がれた 鳥の急かすような囀りが聞こえる」から、心の中にある”笑い”の気持ちは外に出たがっているようです。

その囀りを聞いて、笑顔のために街を出る決意をしたんですね。

周りから引き留められたようですが、その決心は固いようです。


----------------
失うものや 諦めるものは 確かにどれも輝いて見えるけど
秤にかけた 自分で選んだ 悔やむ権利も捨て去ってた
≪Laughter 歌詞より抜粋≫
----------------

街を出ることで失うものや諦めるものがあると言います。

「どれも輝いて見える」とそれらは手放し難いものですが秤にかけて、自分で選択をして心の中の『Laughter』を羽ばたかせるために進んでいきます。

『Laughter』は”笑顔”のことだと説明しましたが、おそらくただの笑顔ではないでしょう。

ここまでの歌詞から推測するに、自分が心から満足してやっと手に入れることができる笑顔のことだと考えられます。


人生には様々な選択があります。

職業の選択一つとっても、自分がやりたいことを仕事にする人、給与さえよければそれでいいという人、労働時間が短くて最低限の暮らしができればいいという人など。

どんな選択であれ、妥協で選んだ仕事を続ける限り満足することは出来ません。

お金に余裕がある生活を手に入れても、捨ててしまった夢があれば後悔し続けるでしょう。

そういった後悔をせず自分が選んだ道に満足し、未来で心から笑えることが「Laughter」なのではないでしょうか?

それが、この楽曲に込められたテーマのように思います。

人生には無限の選択肢がありますが、全てを選択することは出来ません。

その中から一つだけを「秤にかけて 自分で選択」をしなければならないと、このフレーズでは言っています。

「自分自身に勝利を告げるための歌」


----------------
翼は動きますか?本当に飛べますか?
YesもNoも言わずに真っ直ぐに空を見てた
鳥の名前はラフター ケージを壊した
YesでもNoでもなくて 飛びたいとはしゃいでる声だけで
膝を抱えた昨日までの自分を 乗り越えたラフター 今日も歌い続けた
自分自身に勝利を告げるための歌
≪Laughter 歌詞より抜粋≫
----------------

サビでは『Laughter』が羽ばたいている様子が描かれます。

覚悟を決めていても、まだ不安は残っていたようです。

ですが「真っ直ぐに空を見てた」「 飛びたいとはしゃいでる声だけで」とその選択が間違っていなかったことを告げています。

心のケージから飛び出した『Laughter』が歌っていたのは「自分自身の勝利を告げるための歌」。

この「自分自身に勝利を告げるための歌」こそ、タイトルに込められた真の意味であり、この楽曲を歌うまでの過程が描かれているのです。

歌詞中にもあるように、輝いて見える選択はたくさんあるでしょう。

ですが「自分自身に勝利を告げるため」の選択は一つしかないはずです。

勇気を出してその選択をするために『Laughter』を聴いてみませんか。

そうすれば「膝を抱えた昨日までの自分」も乗り越えられるはずです。


TEXT 富本A吉

Official髭男dismは2012年6月7日結成の男性4人組バンド。バンド名の由来は髭の似合う歳になってもこのメンバーでずっと活動を続けていきたいという意思のもと名付けられている。藤原(Vo&Pf)が大学在学中、同じ部活で活動していた楢崎(Ba)と松浦(Dr)と学外の小笹(Gt)に声をかけたことが結成のきっか···

この特集へのレビュー

女性

文鳥大好き

2020/07/19 16:46

とても素敵な解釈ですね、原曲の歌詞がよりすんなりと入ってきました。

女性

かなな

2020/07/23 13:03

藤原さんの想いが詰まったこの歌詞とメロディが生前の三浦春馬さんに届いて欲しかった。
歌詞が勝手に重なり、胸が痛かったです。
自分の心からの笑顔の為に、心苦しくても惜しいものを捨ててでも、生きるために笑顔の待つ選択を何がなんでも選んで欲しかった。
すがりたかったものが消えてしまったのなら小さな光を探して欲しかった。悔しくてもどかしくてなりません。
安らかに眠ってください。
藤原さんの歌詞はいつも私の心のとどめをさします。
感性を奮い立たせてくれます。ありがとうございます。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

lol「work it out」を聴い…

ドラマ「アンナチュラル」は物語も主題歌…