1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. バンド
  4. 歌詞コラム
  5. Official髭男dism
  6. 「Pretender」で描かれる男性目線の恋心

「Pretender」で描かれる男性目線の恋心

ぎゅっとまとめ
  • 「Pretender」の曲に込められた想いを分析!
  • 注目すべきは「君と僕」の関係性
  • 『Pretender』の意味は、「~のふりをする」
映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌にもなり、美しくポップなピアノの旋律が印象的なOfficial髭男dismの「Pretender」。この曲の歌詞には、好きな女性に対する男性の思いが情緒的に描かれているのだ。

公開日:2019年7月9日 更新日:2021年3月22日


この記事の目次 []
  1. ・美しい旋律が心に響く「Pretender」
  2. ・登場人物「君と僕」の関係性
  3. ・“君”への思いと叶うことのない願望
  4. ・変わることのない“僕”の思い
  5. ・『Pretender』の意味とは?

美しい旋律が心に響く「Pretender」

映画「コンフィデンスマンJP」の主題歌にもなり、ますます注目を浴びるOfficial髭男dismの「Pretender」。この記事では、この曲の歌詞を順に紹介しながら、この曲に込められた想いを紐解いていく。

登場人物「君と僕」の関係性

歌詞中に登場する“君”と“僕”は、恋人同士ではないが、近い距離感を保っている関係と言えるだろう。そう推測できる理由は、「ずっとそばにいたって結局ただの観客だ」という歌詞にある。

“僕”は“君”の近くにいるけれど、“君”とコミュニケーションをなかなかとることができず、見ているだけの様子が表現されているからだ。

では、“君”の方は“僕”に足してどのような感情を抱いているのだろうか?

「感情のないアイムソーリー」、この歌詞から分かるように、“君”は“僕”に対しては特別な感情は抱いておらず、無意識にクールな対応をしてしまうくらい気にもとめていないのだ。

▷▷裏声が出ない!その原因と綺麗な裏声の出し方のコツや練習方法って?

“君”への思いと叶うことのない願望


“僕”にとって、“君”は近くにいるけど手が届かない存在。



勝手な憶測ではあるが、恐らく“僕”は好きな人に自分から声をかけられない内向的な性格で、反対に“君”は社交的で小さなことは気にしないような性格なのではないだろうか。

----------------
君とのロマンスは人生柄
続きはしないことを知った
≪Pretender 歌詞より抜粋≫
----------------

正反対の性格の“君”と“僕”の人生が、この先交わるといったことは想像もできない。

だから、歌詞にもあるように「もっと違う設定でもっと違う関係で 出会える世界線選べたらよかった」と、どうにか“君”と“僕”の間にロマンスがあるような人生でありたかったのだ。

「もっと違う性格でもっと違う価値観で愛を伝えられたらいいな」という歌詞には、“僕”が好きな人に自分をアピールできるくらいの積極性があり、“君”と同じような価値観を持ち合わせていれば、距離をすぐに縮めることができたかもしれない。

変わることのない“僕”の思い


----------------
グッバイ
君の運命のヒトは僕じゃない
辛いけど否めない でも離れ難いのさ
その髪に触れただけで 痛いや いやでも
甘いな いやいや
グッバイ
それじゃ僕にとって君は何?
答えは分からない 分かりたくもないのさ
たったひとつ確かなことがあるとするのならば
「君は綺麗だ」
≪Pretender 歌詞より抜粋≫
----------------

“君”の目線に立って考えた僕の気持ちが描かれている歌詞。

“君”から見れば“僕”は恋愛対象にならないだろうと思っても、“君”への恋愛感情を断つことは容易な事ではない。

例え“僕”が“君”と恋人同士になれる確率は少なくて、“君”への“僕”の思いは変わらないということを「君は綺麗だ」という断定的な言葉で表現している。

『Pretender』の意味とは?

「Pretender」には「~のふりをする」という意味があり、歌詞の一部で“僕”が“君”と恋人同士になれた時の妄想が描かれていることから“恋人のふりをする僕”に準えて、このタイトルが付けられたのだろう。

----------------
グッバイ
繋いだ手の向こうにエンドライン
引き伸ばすたびに 疼きだす未来には
君はいない その事実に Cry...
そりゃ苦しいよな
≪Pretender 歌詞より抜粋≫
----------------

“君”と恋人同士になって、手を繋いだりすることを妄想したりしても、現実には何も変わることはなく、妄想が終われば、ただ虚しさだけが残るだけだ。

しかしこの楽曲は、単に“叶うことのない切ない恋”だけを描いたものではない。

恋愛が成就してもしなくても、片思いしている時の楽しさを表現しているのだ。



好きな人に振り向いてもらえない切ない恋愛感情が描かれた歌詞ではあるが、『Pretender』は曲調も相まって、恋愛に対して前向きな気持ちになれるから不思議だ。

↓こちらの記事もぜひ、どうぞ!

↓愛が溢れる「115万キロのフィルム」を考察!

TEXT 蓮実 あこ

Official髭男dism (オフィシャルヒゲダンディズム) 山陰発4人組ピアノPOPバンド。2012年6月7日結成、島根大学と松江高専の卒業生で結成されており、愛称は《ヒゲダン》。このバンド名には髭の似合う歳になっても、誰もがワクワクするような音楽をこのメンバーでずっと続けて行きたいという意思が···

この特集へのレビュー

男性

25

2021/05/13 11:14

付き合ってるのに価値観が合わなくて疎外感を感じてる。無理して合わせているけどいずれこの恋は終わる事をわかってる。でも好きだから苦しい思いを隠したまま関係を続けている。そんな恋人とのすれ違いと悩みを書いた歌だと思います。

女性

ゆみっち

2021/04/20 16:11

顔はドストライクなんだけど、性格も感性も違って いつまでたっても距離を感じ この付き合いは長くないとわかっていながら、顔がドストライクだけに 踏ん切りがつかずにいる男の歌

女性

読者

2021/03/22 17:56

この記事の歌詞の意味
全然違うと思う。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

爆笑エピソード連発!「Chuning …

ヤバみがたっぷり詰まってる「ヤバイTシ…