1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. YOASOBI
  6. YOASOBIが描く一番広い世界はあなたの中にある「群青」

YOASOBIが描く一番広い世界はあなたの中にある「群青」

TOP画像引用元 (Amazon)
ぎゅっとまとめ
  • 『群青』は小説ではなく漫画からインスパイア
  • 有名なお菓子メーカーとコラボ
  • 「青を見方に。」で表現する力強いメッセージ
YOASOBIが2020年9月1日に配信リリースした新曲『群青』。この曲は漫画「ブルーピリオド」にインスパイアされて作られた楽曲だそうです。ブルボン「アルフォートミニチョコレート」のCMソングとして起用されている本作。夢に向かって邁進していく全ての人たちに送る応援歌に込められた熱いメッセージを紐解いていきます。

公開日:2020年9月20日 更新日:2020年12月4日

Column


この記事の目次 []
  1. ・コラボで実現した無限大の可能性
  2. ・さらにブルボンとのコラボ
  3. ・夢を追うより人生に追われる
  4. ・心の中に閉じ込めた夢をもう一度
  5. ・自分の中にある一番広い世界へ

コラボで実現した無限大の可能性

▲群青

YOASOBIが2020年9月1日に、自身5作目となる新曲『群青』をリリースしました。

『夜を駆ける』のメガヒットに続き、キラーチューンを生み出し続けるYOASOBI。

彼らはこれまで、小説を曲にするという形で楽曲を制作してきました。

しかし、本作『群青』では少し違う制作方法が取られたようです。

『群青』はコミックス『ブルーピリオド』を、インスパイアして作った楽曲だと語られています。

『ブルーピリオド』とは、美大を目指す主人公が自分の好きなものに没頭しながら、表現することに人生を賭け葛藤しながら進んでいく物語です。

さらにブルボンとのコラボ

▲【公式】ブルボン アルフォート×YOASOBI Special Movie 『群青』 inspired by ブルーピリオド

ブルボン「アルフォートミニチョコレート」の新CMソングとして起用され、ブルボンのYouTube公式チャンネルではオリジナル映像が公開されました。

実写とアニメーションが交錯しながら、疾走感たっぷりに描かれている映像は必見。

夢を描き葛藤する全ての人への応援歌である『群青』。

この曲の溢れる魅力を、歌詞から紐解いていきます。

夢を追うより人生に追われる


----------------
嗚呼、いつもの様に
過ぎる日々にあくびが出る
さんざめく夜、越え、今日も
渋谷の街に朝が降る
≪群青 歌詞より抜粋≫
----------------

毎日、平穏に同じことが続いていく生活

代わり映えのない暮らしの中で、人は徐々に何かを忘れていくのかもしれません。

いつか見ていた夢や目標。

それらは、遠い昔に描いていた理想郷でしかありません。

夢を追うよりも、生活の諸々に急かされながら生きることが多くなって、日々が終わっていく。

そんな諦めのような思いを抱いたことがある人は、きっと少なくないはずです。


----------------
どこか虚しいような
そんな気持ち
つまらないな
でもそれでいい
そんなもんさ
これでいい
≪群青 歌詞より抜粋≫
----------------

夢を追うことを諦めても、生活は続いていきます。

心のどこかに大きな穴が空いたまま日々を暮らしていると、空虚な思いに苛まれていきます

しかし、これが「生きる」ということなのかもしれないし、「大人になる」ということなのかもしれません。

そんなふうに言い聞かせて、「そんなもんさ これでいい」と歌っていますね。

心の中に閉じ込めた夢をもう一度


----------------
知らず知らず隠してた
本当の声を響かせてよ、ほら
見ないフリしていても
確かにそこにある
≪群青 歌詞より抜粋≫
----------------

懸命に日々を生きながら、置き去りになっていた夢。

本当にやりたかったこと。

なりたかった自分。


知らず知らずのうちに、心の奥底にしまっていたものに向けて、合唱が語りかけます。

見ないフリをしても、忘れたフリをしても、あなたの心の中にある夢の扉を開けて進んでみよう。

そう思える力強いメッセージがここには込められているのです。


----------------
感じたままに描く
自分で選んだその色で
眠い空気纏う朝に
訪れた青い世界
≪群青 歌詞より抜粋≫
----------------

自分の中に閉じ込めていた夢を諦めずに描くこと。

そうして出会える世界が『群青』なのだと、この曲では描かれています。

空や海の色として表現されることの多い『群青』。

この曲では夢に向かって懸命に葛藤する誰しもが描ける色として表現されているのではないでしょうか?

自分の中に閉じ込めていた思いを感じたままに開放することで、空や海のように広い世界を描けるのだと教えてくれているのでしょう。


----------------
好きなものを好きだと言う
怖くて仕方ないけど
本当の自分
出会えた気がしたんだ
≪群青 歌詞より抜粋≫
----------------

大人になる過程で諦めてきたものをもう一度拾い上げて、夢に向かう

それはとても勇気と根気が必要なことです。

それでも、自分が信じたものを選んで生きていく。

誰よりも大きな世界を、群青を背負って突き進むあなたの背中を押すメッセージが込められています。

アルフォートミニチョコレートのキャッチフレーズである『青を見方に。』を彷彿とさせる、ダブルミーニングなのかもしれませんね。

自分の中にある一番広い世界へ


----------------
何枚でも
ほら何枚でも
自信がないから描いてきたんだよ
何回でも
ほら何回でも
積み上げてきたことが武器になる
≪群青 歌詞より抜粋≫
----------------

好きなことを続け、夢に向かって突き進むこと

それは必ず楽しいとは限りません。

でも、誰かに自分の想いを届けたいから何度でも努力でき、好きだからこそ頑張れるのでしょう。


----------------
周りを見たって
誰と比べたって
僕にしかできないことはなんだ
今でも自信なんかない
それでも
≪群青 歌詞より抜粋≫
----------------

葛藤しながら繰り返してきた努力が、いつか必ずあなたの武器になる。

自信がないから描き続ける。

描き続けた先に、あなたにしか表現できない『群青』があるはずなのだから。

自分に負けない強さを与えてくれる、そんな歌詞が描かれています。


----------------
全てを賭けて描く
自分にしか出せない色で
朝も夜も走り続け
見つけ出した青い光
好きなものと向き合うこと
今だって怖いことだけど
もう今はあの日の透明な僕じゃない
ありのままの
かけがえの無い僕だ
≪群青 歌詞より抜粋≫
----------------

自分にしかない武器で、自分だけの未来を描く

描き続けた先に、あなたにしかない『群青』を見出すことができるのかもしれません。

自分が好きなものを信じ続けて進んでいくことは、怖さを伴うものです。

しかし、あの頃の夢を置き去りにしていた自分とは、違う自分になれているはずです。

自分にしか描けない色を描き、替えの効かない存在であることを誇って夢を追う。

いつまでも諦めずに夢に向かう力をくれる、『群青』はそんなかけがえのない一曲なのです。


TEXT DĀ

コンポーザーのAyase、ボーカルのikuraからなる、「小説を音楽にするユニット」 。 2019年11月に公開された第一弾楽曲「夜に駆ける」は公開1か月でYouTube 100万回再生を突破、2020年8月には5,000万回再生を達成。Billboard Japan Hot 100やオリコン週間合算シングルランキングで1位を獲得し、ス···

この特集へのレビュー

男性

883・50

2020/12/04 18:55

夜に駆けるのテンポが好きだ。だが歌詞も含めて好きなのは群青。青春だなあという感じ。懐かしいね。今を生きることの大切さ、その時にはわからないもの。でも好きなことをやらなければいけないこともすべて全力でやらなければいけない時がきっとくる。勝負に勝って未来を手に入れよう。そう聞こえた。いい歌だ。

みんなのレビューをもっとみる

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

フレデリック・三原康司「大変だったけど…

「翔んで埼玉」は愛と笑いの革命映画!県…