1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. ベリーグッドマン
  6. ベリーグッドマン「アイカタ」の歌詞に込められた絆と深い愛情がベリーグッド!

ベリーグッドマン「アイカタ」の歌詞に込められた絆と深い愛情がベリーグッド!

TOP画像引用元 (Amazon)
ぎゅっとまとめ
  • 『アイカタ』は、お笑い芸人・ミルクボーイを思い浮かべて作詞した楽曲
  • 家族以上の強い絆、同じ夢に向かって進む関係がまっすぐな言葉で歌われている
  • タイトルの理由と込められた想いを考察

このアーティストの関連記事をチェック

「ベリーグッドマン」歌もトークも◎!3…

『アイカタ』はベリーグッドマンの6thアルバム『TEPPAN』に収録された楽曲です。人生の相方への感謝の気持ちがまっすぐ描かれており、何度聴いても胸に沁みる楽曲となっています。そばにいてくれる人の大切さに気付かせてくれる歌詞を紐解きます。

公開日:2020年11月27日 更新日:2020年11月27日


この記事の目次 []
  1. ・聴く人を元気づける3人組ボーカルユニット
  2. ・強い信頼と同じ夢
  3. ・家族よりも深い絆
  4. ・君がいてよかった
  5. ・ここまでやってきてよかった
  6. ・人生は奇跡に満ちている
  7. ・夢は2人で見る方が強くなれる
  8. ・「アイカタ」に込められた感謝と愛

聴く人を元気づける3人組ボーカルユニット

▲ベリーグッドマン「アイカタ」ミュージックビデオ

聴き手に寄り添うストレートな歌詞と、温かさと力強さを持つ歌声が魅力的な「ベリーグッドマン」。

RoverとMOCA、HiDEXの3人組で結成されたボーカルユニットです。

これまで『友達の歌』『大切なもの』など、聴き手の生活に寄り添う楽曲恋する人やスポーツに打ち込む人への応援歌などを歌ってきました。

彼らの楽曲は共感できる歌詞が多く、曲を聴くと前向きな気持ちや温かい気持ちにさせてくれます。

そんな彼らが、2020年10月28日に6枚目となるアルバム『TEPPAN』をリリース。

収録された楽曲のなかでもYouTubeで先行公開された『アイカタ』のMVは、公開から1ヶ月で再生回数110万回を突破し、SNSでも話題となりました。

この楽曲は、お笑い芸人ミルクボーイの2人に向けて作詞したそうです。

『アイカタ』というタイトルに込めた想いとは何でしょうか?

早速、歌詞を読み解いていきましょう。

強い信頼と同じ夢


----------------
お前の隣は俺しか似合わない
俺の隣はお前しか似合わない
同じように 歩いたストーリー
また同じように あの日の夢に
辿り着こうぜ 相方
≪アイカタ 歌詞より抜粋≫
----------------

歌い出しから、パートナーを心から信頼していることが伝わってきます。

同じ目標に向かって歩いてきた2人。

しかし、昔掲げた目標にまだたどり着いていないことが分かります。

失敗や挫折を経て、もう一度夢を叶えようとパートナーに声をかけているのでしょう。

MVに出演したお笑い芸人・ミルクボーイも、2010年にM-1グランプリが一度終了したことをきっかけに目標を失い、大会再開までの5年間は2人の関係がギクシャクしていたそうです。

駒場は、TV番組の仕事が思うようにいかなかった時、相方の大切さに気づき、内海に「もう一度漫才をやろう」と話したといいます。 

「また同じように あの日の夢に辿り着こうぜ相方」は、再びM1グランプリ優勝の夢に向かって歩み始めたミルクボーイの2人を歌っているのでしょう。
 
コンビとは、互いに信頼し合い、共に同じ目標に進んでいく大切な存在

そんな関係が素敵だと思わせる歌詞に感動ですね。

家族よりも深い絆


----------------
「いつもありがとう」
「感謝してるよ」
なかなか口にはできないけど
お前がいない人生に意味などない
今ある幸せ 分け合いたい
家族みたいであり家族以上の
彼女みたいであり彼女以上の
兄弟みたいであり兄弟以上の
最高の相方
≪アイカタ 歌詞より抜粋≫
----------------

続くフレーズは、ラップで歌われています。

いつもそばにいて、支えてくれる相方への感謝の気持ちが溢れていますね。

面と向かって感謝の気持ちを伝えたくても、素直になれないこともあるでしょう。

親しい人だからこそ、改まって感謝を伝えることが照れくさくて、伝えられない。

それだけパートナーは自分にとって親しい人であり、家族や恋人、兄弟のように欠かせない存在なのでしょう。

苦楽を分かち合った2人は、それら以上の固い絆で結ばれているのではないでしょうか。 

「お前がいない人生に意味などない 今ある幸せ分け合いたい」という歌詞からも、相手がどれだけ大切なのか伝わってきます。

相方とは、強い信頼関係で結ばれ、家族にも言えない胸の内を語り合える、唯一無二の存在なのでしょう。

君がいてよかった


----------------
新しい風に吹かれてもまだ道の途中
挫けるくらいのプライドはとうに捨てたんだ
怖いけど不安だけど一緒なら大丈夫
うるさいぐらいの相方で心強いんだ
≪アイカタ 歌詞より抜粋≫
----------------

今が夢へ向かう「道の途中」だと信じ、失敗や傷つくことをいとわない意志が伝わってきますね。

しかし初めてのことに挑戦する時、恐怖心不安がよぎることもあるでしょう。

その時に、強く手を引いてくれるようなパートナーがいてくれたらどれほど頼もしいでしょうか。

時に、パートナーの言動をうるさいと感じることもあるかもしれません。

それでも、自分の知らない世界へ導いてくれたおかげで、様々な経験やかけがえのない思い出ができたのでしょう。

「うるさいぐらいの相方で心強いんだ」という言葉には、この人が相方で良かったという感謝の気持ちが込められています。

ここまでやってきてよかった


----------------
この空のように 広がるストーリー
また同じように あの頃のように
笑わせあって
「もっとお互い頑張ろうな」って
誓って、ここまでやってきて良かった
≪アイカタ 歌詞より抜粋≫
----------------

「この空のように広がるストーリー」とあるように、これまでも、そしてこれからも2人で人生を歩み続けていくことが想像できます。

かつてお互いを笑わせながら、楽しく過ごしていた2人。

時に、失敗して目標に届かなくても「もっとお互い頑張ろうな」と励まし合い、夢を目指してきたのでしょう。

2人の努力がようやく実り、成功を収めた喜びが「ここまでやってきて良かった」という言葉に集約されています。

ミルクボーイの2人が、2019年のM-1グランプリで大会史上最高点で優勝した時、きっとこの歌詞と同じ心境になったでしょう。

また、部活動などを仲間と打ち込んだ経験のある人にとっても、共感できるフレーズではないでしょうか。

人生は奇跡に満ちている


----------------
何かの縁で俺らは今も
こうして一緒に笑いあってる
不思議なくらい奇跡が重なって
同じ夢を見ている
≪アイカタ 歌詞より抜粋≫
----------------

この歌詞では、主人公がパートナーと過ごした日々を思い起こしている場面が描かれています。

偶然の出会いから始まり、一緒に同じ夢を見て、今も一緒にいることが有り難いことに感じているのでしょう。

このフレーズからは、日常が有り難い奇跡の連続だということに気づかされますね。

ミルクボーイの2人もきっと、この曲の主人公達と同じなのでしょう。

2人の出会いは、大学の落語研究会でした。

内海はサークルを迷っていたそうで、もし内海が落語研究会に入らなければ、きっとコンビは結成されなかったでしょう。

また、2人が一度漫才から離れた時、駒場は先輩に「そんなのでいいか」と言われたことをきっかけに、コンビでの活動再会を考えたそうです。

相方の内海は、母が病気で倒れて将来を考えたことをきっかけに、漫才と再び向き合うことになったといいます。

同時期に転機が訪れ、再びコンビとして漫才に向き合えたことは、きっと「何かの縁」であり「奇跡」なのでしょう。

そうした小さな縁や奇跡は身近にあふれており、人生は素晴らしいものだと教えてくれますね。

夢は2人で見る方が強くなれる


----------------
冷たい雨に打たれてもまだ旅の途中
諦めるくらいの夢なら
ここまで熱くなれないんだ
泣いても悔しくても一緒なら大丈夫
弱音も出ないぐらいがむしゃらに
走っていこうな
≪アイカタ 歌詞より抜粋≫
----------------

「冷たい雨に打たれてもまだ旅の途中」という歌詞に、逆境に負けない強い心を感じ取れます。 
 
失敗や挫折を繰り返すと辛くなり、辞める正当な理由を探し始めたり、別に挑戦したい物を探したり、現実逃避することもあるでしょう。

それでも、同じ夢を見るパートナーの励ましの言葉で、立ち上がることが出来るのではないでしょうか。

誰かと一緒に夢を見ることは、一人で夢見るより、元気と勇気を与えてくれるものなのかもしれません。

パートナーの励ましの言葉は、きっと自分を今より強く、自分達をより高いところに、そして夢を現実に導いてくれるでしょう。

「アイカタ」に込められた感謝と愛


----------------
改めて言うよ、出会えて良かった
照れくさいけれど、感謝してるよ
腹をくくって この夢を食って
かっこ悪くても誰かに届くって
信じて頑張ろう
「いつもありがとう」
これ以上 言葉が見つからないけど
いつまでも相方
今日だって一緒に 同じ夢を生きてる
≪アイカタ 歌詞より抜粋≫
----------------

ラストサビでは、今まで自分を支えてくれたパートナーへの感謝と、これからもずっと相方でいようというメッセージが描かれています。

表情を包み隠さない歌詞と気持ちのこもった歌声が、とても胸に響きますよね。

聴いた後も「ありがとう」や「いつまでも相方」の言葉が持つ温かさで胸がいっぱいになるでしょう。

この楽曲を聴くと、人生とは、家族や友達、恋人といった大切なパートナーと支え合っていくことであり、自分達のストーリーを幸せで満たすことだと気付かせてくれます。

タイトルの「アイカタ」とは、漫才コンビの相方や大切なパートナーという意味だけでなく、愛にあふれた生き方のことも表しているのかもしれません。

相方という呼び方も、恋人や友人などを特別な存在だと思い、これからも長く付き合いたいから呼ぶのでしょう。

そこにも、深い愛情が込められているのではないでしょうか。
 
この楽曲を聴いて、人と人の絆の強さや、愛の深さを感じ取ってみるのもいいかもしれませんね。


TEXT Asakura Mika

ベリーグッドマン (BERRY GOODMAN) [メンバー] Rover(ロバー) [Vo, Gt, Tp] (中央):1988年5月29日生 MOCA (モカ) [Vo, MC] (右):1988年4月24日生 HiDEX (ヒデックス) [Vo, TrackMaker, Pf, Gt, Perc] (左):1988年11月18日生 2013年11月に結成した「Rover」「MOCA」「HiDEX」から···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

Lenny code fiction・…

ReoNa「虹の彼方に」は小さな希望が…