1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. 歌詞コラム
  5. あいみょん
  6. あいみょん「ハルノヒ」の歌詞の意味は?家族愛を歌った感動ソングを考察

あいみょん「ハルノヒ」の歌詞の意味は?家族愛を歌った感動ソングを考察

ぎゅっとまとめ
  • あいみょん『ハルノヒ』は『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌
  • 歌詞は「野原一家の始まり」をテーマに野原ひろし目線で描かれた
  • タイトルは野原家の住む「春日部」からつけられている
あいみょんの7thシングル『ハルノヒ』は、『映画クレヨンしんちゃん 新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌。幼い頃からしんちゃんの大ファンだと言うあいみょんが、『ハルノヒ』の歌詞に込めた想いとは?『ハルノヒ』の歌詞の意味を考察します。

公開日:2021年5月3日 更新日:2021年5月10日


この記事の目次 []
  1. ・あいみょんが「ハルノヒ」の歌詞に込めたしんちゃん愛
  2. ・北千住駅が登場する意味は?
  3. ・歌詞から見えるひろしの家族愛が泣ける
  4. ・水色に挨拶したひろしの未来は?
  5. ・「ハルノヒ」は幸せな未来を想像させる感動ソング

あいみょんが「ハルノヒ」の歌詞に込めたしんちゃん愛

あいみょんの7thシングル『ハルノヒ』は、2019年公開の『映画クレヨンしんちゃん新婚旅行ハリケーン ~失われたひろし~』の主題歌です。

映画のテーマは「家族」で、しんちゃんの両親である「野原ひろし」と「野原みさえ」が今更ながら新婚旅行でオーストラリアを訪れる内容。

主題歌として書き下ろされた『ハルノヒ』は、映画の内容を受け「野原一家の始まりの歌」をテーマに制作したと、あいみょんはインタビューで語っています。

▲あいみょん – ハルノヒ【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

CDは通常版に加え、野原一家をジャケットにした「クレヨンしんちゃん盤」が発売されるなど、クレヨンしちゃんに深く寄り添った楽曲『ハルノヒ』。

実は、あいみょんは幼い頃からしんちゃんの大ファンで、『ハルノヒ』の歌詞にはファンならではの知識や愛が感じられます。

野原一家を想像しながら、『ハルノヒ』の歌詞の意味を徹底解釈していきましょう。

北千住駅が登場する意味は?

----------------
北千住駅のプラットホーム
銀色の改札
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------

気になるのは冒頭の歌詞に出てくる「北千住駅」。

あいみょんはリリース当時のインタビューで、「『ハルノヒ』はしんちゃん原作の中で描かれたひろしのみさえへのプロポーズをもとに、ひろし目線で制作した」と語っています。

実は、原作で描かれているひろしがみさえにプロポーズした場所が、まさに「北千住駅のプラットホーム」。

そう聞くと、ひろしとみさえが駅のベンチに腰かけている様子が目に浮かぶのではないでしょうか。

----------------
思い出話と 想い出ふかし
腰掛けたベンチで
僕らは何も見えない
未来を誓い合った
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------

次の歌詞では「思い出」と「想い出」という言葉が出てきます。

違いが難しいですが、「思い」はどちらかと言えば頭の中の考えを意味し、「想い」は感情を意味する言葉。

つまり、ひろしがみさえとの「思い出」を振り返りながら、胸に秘めていたみさえへの「想い」を伝えたと描いているのではないでしょうか。

次の「僕らは何も見えない未来を誓い合った」からも、ひろしがみさえにプロポーズし、みさえが気持ちを受け取った場面が想像できます。


----------------
寒さにこらえた木々と猫が
まるで僕らのことで
蕾を咲かせようと実を揺らしてる
素敵に笑っている
焦らないでいい
いつか花束になっておくれよ
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------

自分たちは若く未熟な存在で、この先何が起きるかはわかりません。

きっと、辛いことや苦しいこともあるでしょう。

花も咲くまで時間がかかります。

しかし、いつかは色とりどりの花束になるかもしれません。

----------------
それまで待っていてね
これからの展開をふたりで
飽きるまで過ごしてみるからね
最低限の愛を伝えながら
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------

同じように、2人で飽きるぐらい長い時間を過ごしながら、幸せな家庭を作っていく。

1番サビまでの歌詞には、ひろしとみさえの「家族になる」決意が描かれているように思います。

歌詞から見えるひろしの家族愛が泣ける



「ひろし目線の歌」として捉えると、『ハルノヒ』のサビではひろしの未来への想いが描かれていると想像できます。

----------------
どんな未来が
こちらを覗いてるかな
君の強さと僕の弱さをわけ合えば
どんな凄いことが起きるかな?
ほら もうこんなにも幸せ
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------

ひろしにとってみさえは頼れる強い存在で、自分は弱い部分もあると感じているようです。

しかし、どんな困難があったとしても2人でいられれば幸せだと、2人で過ごす未来に期待しているのでしょう。

----------------
いつかはひとり いつかはふたり
大切を増やしていこう
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------

ひろしとみさえにとって「大切」なものとは何でしょうか。

「ひとり」「ふたり」と数えていることから、おそらく新しい家族のことでしょう。

つまり子どもであり、未来でいう「しんちゃん」と「ひまわり」ですね。

続く2番では、改めてひろしからみさえへの強い気持ちが描かれているように思います。

----------------
北千住駅をフワっと歩く
藍色のスカート
いつになく遠く遠くに見える
加速する足音
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------
----------------
優しさに甘えすぎて
怯えすぎた男の背中に
掌を添えてくれるのはもう
前を歩く君じゃなきゃダメだから
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------

「藍色のスカート」を履いたみさえが、ひろしに駆け寄ってきている様子でしょうか。

みさえの姿を見て、ひろしは「君じゃないとダメだ」と感じているようです。

----------------
どうか未来が
こちらに手を振ってほしい
日々の辛さと僕の体が
だらしなく帰る場所を探し続けている
ほら もうこんなにも夕焼け
いつかの灯り思い出すとき
大切に気づくのでしょう
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------

未来は曖昧で、先に何が起きるかわかっていればいいのにと感じることもあるでしょう。

しかし、「帰る場所」があれば未来に向かって頑張れる。

ひろしにとっての「帰る場所」がみさえであり、野原一家なのかもしれません。

水色に挨拶したひろしの未来は?


----------------
住み慣れた駅のプラットホーム
水色に挨拶
「お帰りなさい」と
小さく揺れる影を踏む幸せ
≪ハルノヒ 歌詞より抜粋≫
----------------

「北千住駅」で始まった『ハルノヒ』の歌詞は、最後のパートで「住み慣れた駅」と変わります。

しんちゃんから連想する住み慣れた駅といえば、野原一家が住む「春日部駅」。

春日部駅の写真を見るとわかりやすいのですが、「水色」は春日部駅の屋根の色をさしているのではないかと思います。

『ハルノヒ』最後のパートは数年後、つまり、ひろしのプロポーズ時から見た「未来」を描いているのでしょう。

春日部駅を抜け、家へと帰ったひろしに誰かが「お帰りなさい」と告げます。

おそらく、みさえとしんちゃん、ひまわりだったのではないでしょうか。

ラストの「小さく揺れる影を踏む幸せ」から、「家族」という大切なものを手に入れた、ひろしの幸せな気持ちが伝わってくるように思います。

「ハルノヒ」は幸せな未来を想像させる感動ソング

しんちゃんの映画主題歌であり、「野原一家の始まり」を描いた『ハルノヒ』。

ちなみに、『ハルノヒ』は春の歌と思いがちですが、あいみょんは楽曲タイトルを野原一家の住む「春日部」から取ったとコメントしています。

それゆえ、いかにも「春」というワードは実は歌詞に含まれていません。

しかし、幸せな未来を想像する歌詞内容から、卒業や進級、就職といった新しい未来を意識しがちな「春」とリンクしているようにも思います。

兵庫県西宮市出身シンガーソングライター。 16年11月にシングル『生きていたんだよな』でメジャーデビュー。 17年5月に2ndシングル『愛を伝えたいだとか』、8月に3rdシングル『君はロックを聴かない』 を発表し、9月にリリースした1stフルアルバム「青春のエキサイトメント」は現在もロングセ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約

TXT(TOMORROW X TOGE…

パク・ジュニョンがおすすめする 胸キュ…