1. 歌詞検索UtaTen
  2. 特集
  3. J-POP
  4. ライブレポート
  5. 安室奈美恵
  6. 遺伝子レベルで愛してる!安室奈美恵の_genicツアー、過去最高の感動と沢山の愛をありがとう!【UtaTenライブレポート】

遺伝子レベルで愛してる!安室奈美恵の_genicツアー、過去最高の感動と沢山の愛をありがとう!【UtaTenライブレポート】

9月5日から始まり全44公演を行った「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」の国立代々木競技場第一体育館公演にUtaTenは取材に行ってまいりました!

公開日:2016年2月15日 更新日:2017年5月24日

Report

愛香


9月5日から始まり全44公演を行った「namie amuro LIVEGENIC 2015-2016」の国立代々木競技場第一体育館公演にUtaTenは取材に行ってまいりました!




アルバムとツアーのタイトルになっているgenic(意味:遺伝子の)にちなんで、全体を通して立体や図形を意識したSFのような世界観で繰り広げられたこのライブはクリスタルのチーターが安室に変身するという映像から始まり、いつどこからどのように安室が登場するのかという期待感を高ぶらせた。その期待と緊張感が絶頂に達した時、ステージ上部の扉が開くとそこにはシルエット姿の安室が登場。鳥肌総立ちは避けられないこの演出に会場は大歓声!

1曲目はDavid Guettaと共演した「What I Did For Love」。ステージ両端にいた、手足の長い全長3メートル超えの発光する巨人が動き出し、会場からは驚きの声が上がった。続く「Close your eyes, Close to you」で、どこか不気味な雰囲気を漂わせながら会場を歩き回る巨人たちを横目に階段を降りてくる女性ダンサーと安室。
5曲目「NAKED」はイントロで歓声があがり、安室はより激しいダンスでのパフォーマンスを見せた。



ドラマ「ファーストクラス」の主題歌「BRIGHTER DAY」を熱唱する安室は自らクラップをあおり、ランウェイの先にあるセンターステージでひとりアリーナを隅々まで見渡しながら穏やかな雰囲気で歌いきった。
その後も初音ミクとのコラボを果たした「B Who I Want 2 B」や、女性ダンサーが高テクニックとオリジナリティーに富んだソロパフォーマンスを披露した「SWEET KISSES」など、MCをしないことで有名な彼女なりに曲調の変化や様々なパフォーマンスでの工夫のこなされたセットリストを歌い上げていく。



前半から各ブロックで6〜7曲を連続で披露してきた安室だが、後半になるに連れダンスナンバーでのパフォーマンスも激しさを増していき、衰えることを知らない彼女の体力と精神力、そして歌うことへの想いを存分に感じることができた。
平井堅とのコラボ曲「グロテスク」、高音のロングトーンを轟かせた「REVOLUTION」、頭上から垂れ下がったLEDが世界観を引き出した「Dr.」を経て、2015年12月にリリースされた新曲「Red Carpet」を披露。



そして本編最後のブロックでは白のロングドレスに身を包み、サイドに寄せたヘアにはキラキラしたコサージュも付いていた。月のモニュメントに乗って登場した安室は「TSUKI」を披露。息をのむほどの美しさに会場からは歓声とともに、うっとりしたため息も聞こえた。
続く「Black Make Up」が始まると黒とシルバーの衣装に巻き髪ポニーテールと髪型まで大胆に変わった姿で登場、会場を驚かせた後、「Every Woman」で今度は男性ダンサーのメンバー紹介とともにソロパフォーマンスとステージには「GENIC」の文字が出現。彼女の「騒げ!!」の一言で会場の温度は最高潮に達したままラスト3曲を歌い上げ、「Fashionista」が終わると手を振ってステージを後にした。



アンコール1曲目「Birthday」ではなんとステージ上での早着替えを披露した安室。ラブリーな雰囲気に切り替わったステージにはPVと同じくピンク色の更衣室が設置され、赤色のドレスではなくライブグッズでもあるフレアスリーブTシャツに黒のスカート姿で登場。
会場には巨大バルーンが出現し、割れると中からハート形のミニ風船が放出された。
ラストの「Fight Together」では最後まで彼女の可愛らしさに会場大興奮!横ピースでキメ、「今日はどうもありがとうございました、また遊びにきて!バイバーイ!」と大きく礼と投げキッスで幕を閉じた。



ライブグッズは今回も普段使いもできるようなものばかり。安室らしく可愛らしさとクールさを兼ね備えたデザインのグッズを求め、終演後も売り場に寄るファンが多くいた。
英詞を取り入れた曲が多く、現在の安室の魅力が溢れている「_genic」。今回のライブもまた変化と進化を繰り返す彼女の過去最高とも言える現在の姿を見ることのできる貴重な機会となり、DVDも待ち遠しい。

TEXT:愛香

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▽セットリスト
1. What I Did For Love
2. Close your eyes, Close to you
3. Fly
4. Photogenic
5. NAKED
6. Time Has Come
7. Space Invader
8. BRIGHTER DAY
9. It
10. B Who I Want 2 B
11. Sit! Stay! Wait! Down!
12. Say the word
13. SWEET KISSES
14. Golden Touch
15. Get Myself Back
16. BLACK DIAMOND
17. グロテスク
18. REVOLUTION
19. Dr.
20. Red Carpet
21. TSUKI
22. Black Make Up
23. Every Woman
24. Stranger
25. Scream
26. Fashionista

EN1. Birthday
EN2. Anything
EN3. Fight Together

CUBERS連続企画最終弾!バレンタイ…

孤独と絶望に寄り添う、奥田美和子の「青…