1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. J-POP
  4. Ado

Ado「Tot Musica」歌詞の意味を考察!ルーン文字の読み方とあわせて魔王を呼び出す禁断の歌を徹底解説

Adoが歌唱を担当する映画『ONE PIECE FILM RED』の挿入歌『Tot Musica』は、封印された魔王トットムジカを呼び出す歌です。ルーン文字の歌詞にどんな意味が込められているのか、読み方と合わせて徹底考察します。

魔王トットムジカへ捧げるルーン文字の意味と読み方

人気シンガー・Adoがメインキャラクターの歌唱を担当している劇中歌が話題の映画『ONE PIECE FILM RED』

その1つである『Tot Musica(トットムジカ)』は、赤髭海賊団の大頭シャンクスの娘でウタウタの実の能力者であるウタが音楽の国・エレジアに封印されていた魔王トットムジカを呼び出す禁断の歌として登場します。

▲Ado-Tot Musica【OFFICIAL MUSIC VIDEO】

『進撃の巨人』や『キングダム』シリーズへの楽曲提供などで知られる澤野弘之が作曲と編曲を担当しています。

シューベルトの『魔王』と同じト短調で構成されるメロディは、クラシック曲のような壮大さと重厚感を感じさせるでしょう。

また、cAnON作詞の歌詞には古代ヨーロッパで使用されていたルーン文字が使われていて、意味が気になる楽曲となっています。

さっそく歌詞の意味を詳しく考察していきましょう。

----------------
ᚷᚨᚺ ᛉᚨᚾ ᛏᚨᚲ ᚷᚨᚺ ᛉᚨᚾ ᛏᚨᛏ ᛏᚨᛏ ᛒᚱᚨᚲ
≪Tot Musica (ウタ from ONE PIECE FILM RED) 歌詞より抜粋≫
----------------

1番冒頭からルーン文字の歌詞で始まります。

ルーン文字部分の歌詞の読み方は以下のようになります。

ᚷᚨᚺ ᛉᚨᚾ ᛏᚨᚲ ᚷᚨᚺ ᛉᚨᚾ ᛏᚨᛏ ᛏᚨᛏ ᛒᚱᚨᚲ
gah zan tak gah zan tat tat brak
ガー ザン ターク ガー ザン タッ タッ ブラーク

ルーン文字は1文字ずつに様々な意味があるため、今回は全体の内容に合う意味をピックアップして考察を進めていきましょう。


ルーン文字 読み方 意味
ギューフ 愛情・贈り物
ハガル トラブル・ハプニング・アクシデント
エオロー 友情・仲間
二イド 欠乏・束縛・必要
ティール 勝利・男性性
ケン 情熱・知恵・ひらめき
ベオーク 母性・自愛・成長
ラド 車輪・旅・移動
アンスール コミュニケーション・情報

こうして使われているルーン文字の意味を挙げてみると、魔王のイメージとは少し違う愛や仲間といった温かみのあるフレーズが多いことが分かります。

これはワンピースの物語に一貫する仲間を大切にする世界観と共通していますよね。

トットムジカという名前を構成する「Tot」はラテン語で「たくさん」、「Musica」は「音楽」を意味する言葉。

音楽とは歌う人の想いの結晶であり、劇中でもトットムジカが人の想いからできたと明かされています。

それらの点を踏まえると、多くのネガティブな感情を抱える人々を包み込み守るために生まれたことが伝わってきます。

----------------
雨打つ心 彷徨う何処
枯れ果てず湧く願いと涙
解き放つ 呪を紡ぐ言の葉
≪Tot Musica (ウタ from ONE PIECE FILM RED) 歌詞より抜粋≫
----------------

この歌詞からもトットムジカという存在は人々の心に湧き上がる「願いと涙」が基になっていることがうかがえるでしょう。

そしてこの『Tot Musica』という歌が、人々を悲しみから自由にするためにトットムジカを解き放とうとして歌われるということが読み取れます。

人々を守るために力を奮え


----------------
ᛗᛁᛖ ᚾᛖᚷ ᛟᚾ ᚷᛁᛖᚲ ᚷᛁᛖᚲ
ᚾᚨᚺ ᛈᚺᚨᛋ ᛏᛖᛉᛉᛖ ᛚᚨᚺ
≪Tot Musica (ウタ from ONE PIECE FILM RED) 歌詞より抜粋≫
----------------

このルーン文字を使った歌詞はどんな内容なのでしょうか?

ルーン文字部分の歌詞の読み方は以下のようになります。

ᛗᛁᛖ ᚾᛖᚷ ᛟᚾ ᚷᛁᛖᚲ ᚷᛁᛖᚲ
mie neg on giek giek
ネグ オン ギーク ギーク

ᚾᚨᚺ ᛈᚺᚨᛋ ᛏᛖᛉᛉᛖ ᛚᚨᚺ
nah phas tezze lah
ネー フェス ツェッチェ レェー

一文字ずつの意味と読み方はこちらです。

ルーン文字 読み方 意味
マン 人間・助け合い・チームワーク
イス 停滞・氷・安定
エオー 協力・変化・成長
オセル 伝統・文化・土地・故郷
ペオース ギャンブル・意外性・幸運
シゲル 太陽・成功・元気
ラーグ 女性性・感性・直感

冒頭で出てきたルーン文字と組み合わせて考えると、大切な人々を守るためにもっと確かで強力な力を欲していると解釈できそうです。

----------------
死をも転がす救いの讃歌
求められたる救世主
祈りの間で惑う
唯 海の凪ぐ未来を乞う
≪Tot Musica (ウタ from ONE PIECE FILM RED) 歌詞より抜粋≫
----------------

「Tot」がドイツ語では「死」を意味するように、死さえも思いのままにして人々を救うトットムジカは彼らにとっての「救世主」。

とはいえ「祈りの間で惑う」というフレーズから、恐ろしい呪いに救いを委ねなくてはならない状況に戸惑っているようにも思えます。

それでも凪いだ海のような穏やかな未来を乞う気持ちから、決断したことが理解できますね。

----------------
その傲岸無礼な慟哭を
惰性なき愁いには忘却を
さあ 混沌の時代には終止符を
いざ無礙に Blah blah blah!
無条件 絶対 激昂なら Singing the song
如何せん罵詈雑言でも Singing the song
有象無象の Big Bang 慈しみ深く
怒れ 集え 謳え 破滅の譜を
≪Tot Musica (ウタ from ONE PIECE FILM RED) 歌詞より抜粋≫
----------------

「傲岸無礼」とは人を見下してへりくだる気持ちがないこと、「慟哭」は声を上げて激しく嘆き泣くことを指します。

正反対の意味の言葉に思えますが、人々の苦しみが濃縮されたトットムジカの嘆きは最大級のものであることを示しているのかもしれません。

そして緩むことのない人の悲しみや心配を忘れさせるため、苦しみばかりの現実世界を示す「混沌の時代」に終止符を打つために呼び出すのです。

「無礙」は邪魔するものがないことを表すので、トットムジカがあまりにも大きな力を有しているので人々のために行動するのを誰も止めることができないことが分かるでしょう。

トットムジカを動かすため、激昂も罵詈雑言も想いを全て歌にした「破滅の譜」が歌われます。

敵味方関係なく有象無象を破壊する力があるトットムジカに対し、人への慈しみ深い気持ちから力を奮えと駆り立てている様子が見えますね。

狂気に満たされていく心


----------------
誓い立てし自由 手にして謳歌
平伏されたる救世主
逃亡の果て望む希望
忘れじの灯火を纏う
≪Tot Musica (ウタ from ONE PIECE FILM RED) 歌詞より抜粋≫
----------------

ウタウタの実の能力者が封印を解いたことでトットムジカには自由が与えられ、手にした自由を謳歌するように世界へ影響を与えていきます。

最強の力を持つトットムジカもそれを操る能力者も、全ての人に「平伏されたる救世主」と言えるでしょう。

「灯火」は明るさや温かさをイメージさせます。

決して忘れたくない明るく温かい希望ある未来へ向けて、突き進んでいく気持ちが表現されているように思います。

----------------
その身が尽きるまで奏でよ
夢見うつつ崇めよ
全てを照らし出す光を
いざ無礙に Blah blah blah!
≪Tot Musica (ウタ from ONE PIECE FILM RED) 歌詞より抜粋≫
----------------

「その身が尽きるまで奏でよ」のフレーズは、能力者とトットムジカが倒れるか世界が一掃されるまで一度始まった破滅は止まらないことを示していると解釈できます。

そして、人々に「夢見うつつ崇めよ」と時代が劇的に作り変えられるさまを見て崇めるようにと煽っているようです。

また「全てを照らし出す」希望と破滅の光を世界に見せてやれと、トットムジカを鼓舞してもいるのでしょう。

「Blah」は単語としては「ばかばかしい」といった意味ですが、「Blah blah blah」と繰り返す場合は「などなど・かくかくしかじか」という表現になります。

歌詞にははっきりと描かれていない数多くの感情がトットムジカを取り巻いている様子を想像できるかもしれません。

一方であまり中身のないつまらない話に対しても使われる表現なので、ほかの人の気持ちはどうでもよくなっているとも考えられます。

『Tot Musica』を歌うウタが少しずつ狂気を孕んでいく様子と合わせると、初めは苦しむ人々と自分を救うためにトットムジカを呼び出していたはずなのに、徐々に自分たちを苦しめてきた存在への復讐の気持ちに呑まれてしまっていることが感じられるのではないでしょうか。

高まる心情に狂わされていく人の脆さが伝わってくるようです。

Adoが歌う迫力ある映画主題歌・挿入歌に感動!

Tot Musica』は劇中の重要なシーンを盛り上げる鳥肌ものの迫力がある神曲です。

大航海時代を終わらせ新時代を築きたいウタと人々を守るために生まれた魔王トットムジカの共鳴する想いが膨らみ、狂気を増していく様子に惹きつけられるでしょう。

ぜひ映画のストーリーと合わせて歌詞に込められた想いを感じ取ってくださいね。

2002年10月24日生まれの歌い手。 2020年に「うっせぇわ」でメジャーデビューを果たし社会現象を巻き起こし、2022年1月に発売した1stアルバム『狂言』もロングヒット中。 さいたまスーパーアリーナで開催した2ndライブはチケット即完売。 12月からは初の全国ツアー開催も決定している。 ···

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約