1. 歌詞検索UtaTen
  2. コラム&特集
  3. J-POP
  4. 童謡

童謡「ふるさと」の歌詞を考察!"うさぎおいしかのやま"ってどういう意味?

長らく小学校の唱歌として親しまれ、時代を越えて歌い続けられてきた童謡『ふるさと』には、制作当時の日本の様子が描かれています。故郷を思いながら歌いたくなる歌詞の意味を紐解きます。

童謡「ふるさと」は生まれ故郷での思い出を振り返る歌


古くから親しまれている童謡『ふるさと』は、1914年(大正3年)に尋常小学校唱歌の第六学年用として発表された楽曲です。

長らく作詞作曲者は不明とされていましたが、昭和40年代に作詞者は高野辰之、作曲者は岡野貞一と同定され、1992年(平成4年)からは音楽の教科書にも名前が載せられるようになりました。

『ふるさと』というタイトルからも分かる通り、この楽曲は生まれ故郷から離れて学問や勤労に励む主人公が故郷の風景や子供時代を懐かしく思い出している心情を綴っています。

古く難しい表現を解説しながら、さっそく歌詞の意味を考察していきましょう。

「うさぎおいし」とは


----------------
兎追いしかの山 小鮒釣りしかの川
夢は今もめぐりて 忘れがたき故郷
≪ふるさと 歌詞より抜粋≫
----------------

よく「うさぎおいしい」と勘違いされている1番冒頭のフレーズは「兎追いし」と歌われていて、山で野うさぎを追っていた様子を表しています。

しかし、これはただ子供がうさぎと戯れて遊んでいるという意味ではないようです。

当時は野生のうさぎは害獣とされていたため、日本各地で村人が協力しうさぎを捕まえる“うさぎ追い”という行事が行われてました。

そこには子供たちも参加していただけでなく、子供たち自ら率先してうさぎを追いかけに行くこともあったようです。

そのためこの歌詞には、当時の文化的背景が反映されていることが分かります。

続く「小鮒釣りしかの川」からは、川で小鮒釣りを楽しんでいたことがストレートに伝わってきますね。

そして後半の歌詞は、現代風に訳すと「今も夢のように思い、心を巡る忘れられない故郷よ」となります。

今は故郷から離れているものの、心に残る様々な思い出は決して忘れることができないほど大切なものであることが表現されています。

家族や友はどうしているだろう


----------------
如何にいます父母 恙なしや友がき
雨に風につけても 思いいずる故郷
≪ふるさと 歌詞より抜粋≫
----------------

2番の「如何にいます父母」の「います」は古語の尊敬語“おはす”にあたる言葉で、「いらっしゃる・おいでになる」という意味です。

それでこの部分は「父母はどうしておいでだろうか」、また「無事に暮らしていらっしゃるだろうか」と両親のことを心配している歌詞といえます。

「恙(つつが)」という漢字は病気や災難を意味していて、「恙なし」と表現されるとそれらに遭っていないことを示します。

「友がき(友垣)」は友達のことで、友の交わりを結ぶことを垣根を結ぶことになぞらえた言葉です。

つまり「恙なしや友がき」は、「友達は病気や災難に遭うことなく変わらず平穏に暮らしているだろうか」と気遣う歌詞と解釈できます。

そして「雨に風につけても思い出ずる故郷」という歌詞は、雨風に見舞われる度に故郷のことを思い出していることを示しています。

この雨や風の表現は、苦しいことや辛いことの比喩としての意味合いも強く持っていると考察できるでしょう。

そのため、主人公自身が雨風に打たれるように悲しいことや苦しいことに直面する度に、涙ながらに家族と友達のことを考えている様子が読み取れますね。

主人公にとっては今も故郷が心の拠り所になっているという点に、人との繋がりの温かさが感じられます。

故郷を離れている理由とは


----------------
志をはたして いつの日にか帰らん
山は青き故郷 水は清き故郷
≪ふるさと 歌詞より抜粋≫
----------------

3番には主人公が故郷を離れている理由が明かされています。

それは「志をはたして」とあるように、成し遂げたい目標があるからです。

当時の若者の多くは立身出世の目標を掲げて都会へ向かい、都会で成功して故郷に帰ることを夢見ていました。

この主人公もそんな都会での成功を夢見て、時折故郷を思い出しながら「いつの日にか帰らん」と、成功して胸を張って故郷に帰る時を心の支えにして懸命に励んでいることが分かります。

もちろん、その想いの裏には何も果たせず帰れないかもしれない不安もあるはずですが、後ろ向きなことは考えていません。

青き山々が並び、清らかな水が流れるあの美しい故郷へ帰るのだと決意を新たにしている姿が目に浮かぶようです。

日本の原風景が心に沁みる

ふるさと』はどの世代でも聴きなじみのある日本を代表する童謡です。

主人公と同じように目標を持って故郷から離れて暮らしている人なら、この歌詞に込められた寂しさや夢への強い想いに共感できるでしょう。

時代を越えても変わらない日本ならではの原風景を感じさせてくれるこの名曲を、のちの世代までずっと大切に残していきたいですね。

この特集へのレビュー

この特集へのレビューを書いてみませんか?

この特集へのレビューを投稿

  • ※レビューは全角500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの特集に1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約