1. 歌詞検索UtaTen
  2. ザ・なつやすみバンド

ザ・なつやすみバンドの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

ラプソディー

雲の影が 夜に吸い込まれて 迷子の風 ふらつく街の灯 重なりあう

O.V.L.U.V part2

明日がドアを叩けば 君はそう 息を殺して 無くしたくないものを 胸に刻み込んでくふり

Odyssey

秘密の場所 夕暮れの余韻 揺れる木々と 君のシルエット やきついたまま

Donuts

いちにいさんと ぼくのため息が 溝に落ちるよ 3to2, 1で助けてよ

見渡す山の上から 無数の家 いつでも気づけるようにわたしはここに住む 例えば、いつかいなくなってから気づく やさしさも声もこの家にしみついたまま

S.S.W (スーパーサマーウィークエンダー) ~Sweet Suburbia Mix~

スパサマ スパスパサマサマ‥‥ スパサマ スパスパサマサマ‥‥ weekday

森のゆくえ(more deeply)

風の吹くほうへ 水の流れるまま 遠回りして出会えた君の顔が浮かべば 選んできたことも 間違えそうな日も

summer cut

雨 花が咲く庭と エコー 迷い込む記憶 なぜ君は君のまま

ファンタジア

Ah 久しぶりだね ファンタジア ずいぶん 大きくなったね

ハレルヤ

約束はいつも胸を弾ませて 長い夜さえ やさしい色に染める 窓の外 町の呼吸

パラード

七色のアーチくぐった日に ぼくのなにかが変わったんだ 弾けだすきもち 飛び散れ大砲のように 見えない敵よ

(春)はどこへいった?

ある晴れた日の朝にはきみを抱いて 何か忘れてた大切なものを α、βで導きだすより それはとても簡単なことさ

めくらまし!

どれくらい過ごせたんだろう 日々を偽って 飾れば暮らしやすいけど どこかぎこちない

鳥は舞いおりた

朝の陽射しが ぼくの服と こころの兆しを 決めてくれれば 深呼吸に色を招きいれる

だれもいない浜 ひとりで雲の数を数える 波は静かだな こんな日はことばさえも忘れそうだよ

ファンファーレ

いつもの席で 生まれる煙を見ていた 繰り返す日々を 抱きしめたくなるときもある

FULL SWING!

またひとつこぼして 掃除したら 空っぽな容れ物も むなしく転がって なぜだか重ねた

O.V.L.U.V part1

星の夢を見ていた 君はまだこどもみたいに 風と戯れるたび 揺らす瞳の中の森 青い木々の葉擦れに

GRAND MASTER MEMORIES(feat.嫁入りランド)

にんじん きゅうり なす トマト レタス

lapis lazuli

群青に切りかわる 夕暮れの最後を見たら まどろむバスは夜を駆けて さよなら 声にならない

SEASONS

湧き出る水の方から 雨期がサンキューって言えば 流れ出すあの日の幻 舞い上がる飛沫の方から

かぜまちライン

風待ちをしていたら きみに会えた 時計の砂は止まる まぶしい朝に 人のいない青い電車は

ユリイカ

唄え! 踊れ! 自由空間! 集え広がれ ユリのように