1. 歌詞検索UtaTen
  2. 五条哲也

五条哲也の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

別離…愛の嘘

女だけを乗せて行く 汽車がもし あるなら 私乗せて くれますか

ひとり旅

見知らぬ町の 古い居酒屋で 柳葉魚サカナに ひとりのんでます 扉あくたび

隠れ酒

上手く世間を 渡れずに もがく男の 迷い道 愚痴るわけには

別離~イビョル~

時には思い出すでしょう 冷たい人だけど あんなに愛した想い出を 忘れはしないでしょう 青い月を見上げ

北へ流れて

堅気いくらしは できない俺に 泣いていゝのと すがるやつ それが愛だと

桜並木の向こうに

人は生きる長さじゃない それを教えてくれたのか この桜並木の向こう側に きみは逝ってしまったけれど 眩しい

役者

愛の幕切れは 涙の数だけ あんたの背中に 子守歌 芝居がかった

ほたる川

甘いネオンの こぼれ灯にひかれ 今夜も来たんだね 泣きながら 一つ二つ

命くれない

生まれる前から 結ばれていた そんな気がする 紅の糸 だから死ぬまで

昭和最後の秋のこと

貧しさもつらくない 四畳半にも夢がある 嘘をつかない約束で 肌を寄せあう二人なら 死にましょうか

旅路の花

北を流れて はぐれ酒 元気をお出しと お酌する 根室の港に

恋愛探し

ほんとの恋ってなんだろう 心がときめく切ない想い モテモテ男のきみならば 遊びでいいさというだろう でもね……

あきらめ上手

愛したことに 嘘はないけれど 隠せはしないわ 世間の眼に 男のあなたは

時の流れに身をまかせ

もしも あなたと 逢えずにいたら わたしは何を してたでしょうか

越冬つばめ

娘盛りを 無駄にするなと 時雨の宿で 背を向ける人 報われないと

愛のままで…

小鳥たちは 何を騒ぐの 甘い果実が 欲しいのですか

放されて

水に七色 ネオンの花は 夢がありそに うかれてるけど 私はあんたに

おんな港町

おんな港町 どうしてこんなに 夜明けが早いのさ それじゃ さよならと

酔っぱらっちゃった

飲めるわよ 酒ぐらい たかが色つき 水じゃない 聞いてるわ

越前ひとり

あなたを忘れる 旅なのに 日暮れの浜辺は 人の影もなく 淋しさばかり

酔いしれて

小雨の中に あなたを残し 別れも言わず 背中を向けて来た あなたの愛が

ゴンドラの唄

いのち短し 恋せよ少女 朱き唇 褪せぬ間に 熱き血潮の

新宿はぐれ鳥

別れ話の いきさつは ささくれ畳に 聞いとくれ 今じゃ喧嘩も

記憶を抱きしめて

風のにおい空の色が 優しくて泣けてくる 窓から見える坂道に 君の姿を探してる 儚い記憶が

指環のあと

指環のあとが そこだけ白い 別れた後の くすり指 あなたの…あなたの…