1. 歌詞検索UtaTen
  2. 佐藤竹善

佐藤竹善の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

万里の河

遠く遠く何処までも遠く 流れる河で 暮れかかる空にあなた想い 今日も待っています 愛しい人よ私は歌う

真夜中のギター

街のどこかに 淋しがり屋がひとり いまにも泣きそうに ギターを弾いている 愛を失くして

木蘭の涙with コブクロ

逢いたくて 逢いたくて この胸のささやきが あなたを探している あなたを呼んでいる

Strawberry Letter 23

Hello, my love I heard

遠野物語 feat.あんべ光俊

時刻表の地図を指でなぞってゆくと 心のアルバムにしまってたなつかしい駅につく 最后の夏だから思い出だけがほしかった 人を傷つけてもそれを思い出にした

夢みたものは

誰かの声がして 笑顔を作った時でさえ 大切な言葉は いつも一つで、傍にいて はがゆさに戸惑った

俺たちの旅

夢の坂道は 木の葉もようの石畳 まばゆく 白い長い壁 足跡も影も残さないで

春のカケラ

舞い降りる雪にさえ 夢を宿しておくから おとずれた春のかけらを なくさないで

サヨナラ

手のひらから伝わる愛 心をとかした 流れる季節に 君だけ足りない

La La La

壊されていく 地平線の 緑の 嘆きを 時々は

生まれ来る子供たちのために

多くの過ちを僕もしたように 愛するこの国も戻れない もう戻れない あのひとがそのたびに許してきたように 僕はこの国の明日をまた想う

雨の物語

化粧する君の その背中がとても 小さく見えて しかたないから 僕はまだ君を

純水 ~しずく~

大切に残した想い出も 重ね続けていく出来事に いつの間にか、振り返ることが さみしさの姿と決め付けては 無理に笑っている?

らいおんハート

君はいつも僕の薬箱さ どんな風に僕を癒してくれる 笑うそばから ほら

amanogawa

防波堤でねそべったら 夜空に落ちそうになった つないだ手をポケットで おもわずギュッと握りしめた

桜坂

君よずっと幸せに 風にそっと歌うよ 愛は今も 愛のままで

僕の胸でおやすみ with 夏川りみ

君の笑顔のむこうにある悲しみは 僕のとどかない ところにあるものなのか ふたりで歩いてきた道なのに なんてさびしい

WHAT YOU WON'T DO FOR LOVE

I guess you wonder where

ロビンソン

新しい季節は なぜかせつない日々で 河原の道を自転車で 走る君を追いかけた 思い出のレコードと

Ya Ya あの時代を忘れない

I remember younger days my

WITH YOU

ためらいもせずに 抱き寄せる想いの 炎で 支えを失した あなたの悲しみを

WIND OF CHANGE

I know what you want

届いたらいいな~Gratitude~

ないモノねだりをして 足元をちょっと見失っていた 走って ふりかえって あなたの歩み噛みしめる

CRY (For Africa)

ほほえみの声がきこえない のぞきこむ いつもの顔はどこ かくれているの?

Last Christmas

Last Christmas I gave you

風光る

なにかに惹かれ 心が叫んでいる それをさがしたい ぼくらの居場所は

はじまりはいつも雨

君に逢う日は 不思議なくらい 雨が多くて 水のトンネル

雨のバラード

降りしきる 雨の舗道 頬つたう 銀のしずく 傘もささず

雪の華

のびた人陰を 舗道に並ベ 夕闇のなかをキミと歩いてる 手を繋いでいつまでもずっと そばにいれたなら泣けちゃうくらい

WILL

産まれたばかりの雲 に 出会いたいなら 此の丘は 越えられる

全て見る