1. 歌詞検索UtaTen
  2. 岡ゆう子

岡ゆう子の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

くれない紅葉

こころを焔が 染めるよに 紅く彩づく 花紅葉 好きなあなたを

寿酒

めでた めでたの 華杯に 肩を寄せあう 夫婦雛

望郷貝がら節

親は我が子の 幸せねがう なんで心配 かけらりょか 時化てずぶ濡れ

佐賀のひと

たそがれせまる 嬉野の宿 窓に切ない 灯りがともる 倖せだったわ

風酔歌

親と女房を こんなに泣かす 酒に呑まれた いつもの失敗 この身ちぢめて

加賀友禅

別れの旅で 着るために 仕立て下ろした 加賀友禅 もしもあなたと

人生本番

ここであんたを 男にしなきゃ 惚れた女房の 名がすたる お酒も女も

おんなの罪

誰が私に 罪だと言うの 恋が罪なら この世は無情 生きて添えない

あなたに雨やどり

街の灯りが やさしく揺れる 雨が嬉しい ふたり傘 やっと掴んだ

人生ふたり咲き

歩いたこの道 振り向けば 秋冬ばかりの おんなの暦 それでも私の

女の真実

ひとつふたつと こころの傷を 泣いて数えて 辛さに耐えて 生きて来ました

長良川

風があなたの 匂いをつれて 美濃に短い 秋が来る 郡上おどりでむすばれて

夢ざくら

やさしい寝顔が 大好きだから 重さがうれしい 膝まくら 世渡り上手じゃ

湯島天神おんな坂

風もないのに 散り急ぐ 白梅の生命の 哀れさよ 情けに生きよか

九州慕情

関門海峡 列車で越えて ひとり来ました 博多の街へ 夜の中洲も

よりそい傘

ひとりで濡れれば 冷たい雨も ふたりで濡れれば 暖かい 逢えてよかった

恋桜

箕輪しぐれに 身をよせあえば むせび泣くよに 花が舞う 死ぬか生きるか

しのび川

湯上りの 船宿で ひとり浴衣の 帯しめながら 残る温もり

北陸旅情

風に揺れてる 水仙に 涙があふれる 越前岬 あの日別れを

四万十の宿

あなたの肩に 頬よせて 四万十川の 屋形船 よさこい祭りの

女の春

恋も涙も こころの川に 流して生きる せつなさを 誰がわかって

しぐれ酒

雨が濡らした 私の肩を 抱いたやさしい あなたはいない 今夜も雨ね

ふたりの人生

あなたの目を見て この人と 決めた女の 愛だから 悔いはしません

合わせ鏡

一つじゃ後は 見えないけれど 二つ合わせりゃ よく見える 合わせ鏡ね

津軽の海

破れ刺し網 繕いながら 浜で夢みる 大漁船よ 留守の守りは

ひえつき望郷歌

盆に帰ろか それとも暮れか それも出来ずに 幾年過ぎた 山に朝霧

八尾坂道 風の盆

愛のかけらか 涙のつぶか 八尾坂道 音のまち 踊り明かした

羽越本線

優しさよりも 強さが欲しい… わがまゝでしょうか こんな私って ごめんなさいと

大阪海峡

愛につまずき さすらう身には 錨をおろす 場所もない 泣くかお前も

とちぎ水郷蔵の街

これが別れの 旅ですね あたなの仕草で わかります とちぎ水郷

全て見る