1. 歌詞検索UtaTen
  2. 19

19の歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

果てのない道

たくさんの人達に おくられながら 空港のゲートくぐる 眠たい目こすりながら みんなに手を振りながら

あの紙ヒコーキ くもり空わって

「元気ですか?」 君は今も 哀しい笑顔してるの? 『大丈夫さ? 裏切られる事は

みんなのうた

南北東西走り巡る みんなに逢いに僕ら行くんだろう ご当地の飯は本当にうまい 北海道みそラーメン、博多明太 11トントラック3台に

蒲公英

一人でいると 寂しいのかな みんなで居ると 楽しいのかな 一人でいると

あの青をこえて

『理由が失くても それは続いてく』 生きているのが あたり前だった いつかの

たいせつなひと

手を振れば それで完了! 分かり合える友達のよう 何かを求めて そこに立ち

階段

ちっちゃい頃 僕はよく山登りをした 登ってる時が 辛いほど 登ってる時間が長いほど

テーマソング

決められた道 歩いてた 「答えがさぁ・・・ 溢れてる・・・。」 そんな世界で

無意識とは

ある晴れた 海に立って 波うつ回数 遠くなる意識で歌って つかまって

熊じいちゃん

明治、大正、 昭和、平成、 四世代を 生き抜く力、 悲しい思いも

まばたき

草木はゆれる 風は吹いて 水は流れ 人を包む 悲しい言葉が

卒業の歌、友達の歌。

「終わる事」を僕らが意識し始めた時 急に 時間は形を変えた 「退屈だ。」と

以心伝心

ボクは 安らぎを 求めてたんだろう それは 君と出会った事なのか

すべてへ

他人のせいにしてた 叶わない恋や夢は ポケットにしまってた 何か 始めようと思うけど

corona

このごろひたすら走って じゅうたい じゅうたい じゅうたい にまきこまれない様

よき日々 思い出よ

晴れた日と 暮れる日が 交わると 得した気分で 永く影がのびて

背景ロマン

いままで 本当にありがとう これからも お世話になります 今と昔を感じて

水・陸・そら、無限大

つつんで行く全部 暗闇に光が射してく みんながいる そこには心がある さぁ進んで行こう

やさしい激動

言葉にできない想いを 逃がれられずに 遠くに離れる友が 心の支えに

陸王

ヘルメットを手に取って かぶって さあ どこに行こうか バイクにまたがり

三分間日記

集まる人ゴミの中 歩いていた 僕らは笑った 呼吸をするのも忘れるほど 2人は長く

やな事の方が たくさんあるけれど... 「諦めたくない・・・。」 うつむいてても 時間は

「ガソリン」

今日も一日暑いようです バイクのヘルメット 重荷になります それでも僕は君に会いに はるばる行きます

ビルは ほど遠い街

部屋のすみで1日中 TVついたまま となりのラジカセ テープも CDも

コッツウォルズ

白色の箱の中 何も無く何かある 古びたカガミがあり 何もうつらなくなる 窓からの風にただ

落書

君との信頼と 愛情の美しさを かんけつに短く まとめてみると 俺の最後の

雲レ日

言い当てた 意味を飲みほして はにかんで 道を遠のいて 仰ぎながら

太陽は僕らを照らしてた

はんぱな風にあおられて どこまでも行けるはずだった 肝心かなめのその時、ガスケツバイクを押していたんだ しくじった僕がいて

平凡な生活の中で やさしく教えてくれた 悲しみに涙を流す 僕ら連夜泣きました 鉄の馬

Sing a Song

心中、揺るがすこの大事件 いつもどこでも流れることで 気をつかって生きてく僕は 嗚呼 世の中僕一人だったら

全て見る