1. 歌詞検索UtaTen
  2. MALICE MIZER

MALICE MIZERの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

月下の夜想曲

何かに導かれ、 森の中を歩いていた 幼い僕は不思議にも ただ 引き寄せ

au revoir

いつも二人分の響く足音が続いてた道で 枯れ果ててしまった街路樹達が 大きくなった歩幅を気付かせた 肩にすれ違う小さな落ち葉がまた空に戻って

ILLUMINATI

Wow wow 服を脱ぎ横たわる姿に祈りを捧げて もし一度手にしてしまえば逃れることは出来ない

麗しき仮面の招待状

月夜に照らされた青い誘惑に魅せられて 無数の色を集めた仮面舞踏会 湖辺に揺れる光と影 グラスにそそがれた気まぐれが今夜の色を無言で示している

白い肌に狂う愛と哀しみの輪舞

降りしきる雨と風 森を駆けぬける夜 鐘の調べの中 刻は今…

Brise

肌が透き通り夜を優しく抱き締める空がそっと舞い降りて来る頃 風のざわめきは指の隙間をすりぬけながら遊んでいる 君はてのひらを優しく差し出して この空に飛び込んだ僕の行き先を瞬きもせずじっと見てる

Le ciel ~空白の彼方へ~

優しい歌声に 導かれて・・・ 流れ落ちる真っ白な 涙が風に吹かれ 時間を刻む

エーゲ ~過ぎ去りし風と共に~

琥珀の想い誘う蒼い風… 部屋に響く映写機の回る音 古いフィルムの中だけで微笑ってる君… 指でそっと壁際の君をなぞる

N・p・s N・g・s

幾つもの幻覚を君の耳元でささやき 君の回路shortさせて治してあげる 汚れたsheetsの上で官能の声を張り上げて 僕の顔を跨ぎながら踊っているvenus

Ju te veux

久し振りに出会った貴方は何もかも変わって まるで別人のように僕を引き寄せる 荒んだ空気をまとって周りを包み込む まるで氷で出来た月のように冷たくて

premier amour

ぼやけた空の下で手をひいて二人で歩いてた ふと思い出したあの頃の声が遠くから聞こえる 何処までも透き通る空に 合言葉を何かの魔法のように繰り返していた頃

真夜中に交わした約束

黄昏の中 浮かぶ影 いつか見たこの光景 C'est

S-CONSCIOUS

Why can't you understand? Why

鏡の舞踏 幻惑の夜

What you can now see

虚無の中での遊戯

Caught between the crevice of

死の舞踏

「oh… "Cendrillon" I fulfill your

Syunikiss~二度目の哀悼~

Hold on... you're gonna be

聖なる刻 永遠の祈り

「漆黒の闇に浮かぶこの大聖堂 薔薇に導かれた記憶の空間に響きわたる雷鳴が 新たなる悪意と悲劇の物語の幕開けを告げる」 揺れる月明かりに浮かぶ重なる影は

地下水脈の迷路

All is somnolence in this

血塗られた果実

As seen by the human

追憶の破片

僕の思考は次第に勾配を増す闇の螺旋の中に 砕け散り空へと落ちていく 深く戸惑う心の隙間を舞いながら言葉を探して 僕の罪がまた始まる

破誡の果て

The voice of temptation whispers

Bois de merveilles

静かなる妖精達よ…全ての怒りを鎮め 静かなる妖精達よ…罪人を許しておくれ この歌声はそよ風と共に 森と大地を駆け抜けて祈りを叶える 静かなる妖精達よ…私の犯した罪を

ma cherie

むりやり押しつけられた かたい靴のせいで show windowの中で 動けないあの人形

Madrigal

繰り返す言葉だけ胸の中をかすめる「君に会いたい」 誰よりも大切な二人になるためにただ側に居たいだけ ふりかえるといつもある微笑みの大切さを 季節の終わりまでわからないまま

ヴェル・エール ~空白の瞬間の中で~

さあ目を開けて 僕を見てよ ほらまだ温もりさえ 僕の手の平に 抱かれている