1. 歌詞検索UtaTen
  2. RAG FAIR

RAG FAIRの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

赤い糸

生まれたばかりの蒼い星空 近道のグランド 止まった月日が 胸の小さなかさぶたを 掻きこわした

あさってはSunday

いつも いつも いつも いつか僕は我忘れて 恋をすると思ってた

Flowers

メソメソしないで しないでゆこう ひまわりのかけらとKISSしよう 瞬きもしないで 夢をみよう

ハレルヤ

いつも側にボクがいるから やっぱラッパFUNKYダンスなら きっとギュッと感じる やっぱスッパ甘っいチューなら きっとギュッと感じる

Seeds of Love

誰かを愛すために僕ら生まれた 白い微笑みくれるツボミのように この世の終わりの夢の中で 望み通りに自由の僕が

青空

好きだった 世界でいちばん 近くにいた君が今、遠くなる なにげに見上げたら空は 抜ける青だった

Magical Music Train

Hey!! 飛び乗れよ チケットは Music! さぁ、動き出せ!!

ヤレホー!!

ヤレホーヤレホー もうちょいとヤレホー 皆日が暮れてもまだヤレホー ヤレホーヤレホー もうちょいとヤレホー

空がきれい

あふれ出す その笑顔が 僕の事 惑わせる 忘れかけていたその気持ち

朝散歩

朝の光 眩しくて 散歩に出たなら cutie girl

フラっとしちゃってゴメンなさい

フワフワ浮気はフワっと フラフラたまにはフラっと ビシビシ感じる疑惑の目 カンの鋭い彼女

スプートニクの恋人

浮かべた月を背に 銀河の果て 流れ星が落ちた 今頃時差を超え

People

『大志を抱け少年達よ』 そんな風にガンガン乗せられ そのまま人生を棒に振ろうと 助けはないだろう

降りそうな幾億の星の夜

降りそうな幾億の星の夜 逢いたくて待っているよ あなたが遥か宇宙ヘと消えても 此処で唱うだろう

HANA

信じてた事が少しずつ開いて 心にゆるぎない夢を根付かせる 何処から来たかと人は よく聞くけど

Start

笑ったり 怒ったり and 悲しんだり いろいろ

Fall in Love(DANCE☆MAN REMIX)

目をあけた途端 あなたが飛び込んで 増える心拍数 モノクロの様な人生に一矢 oh!

告白

別れ際約束はしない いつからか君が決めたルール 「離れていても大丈夫だから」って 君に甘えてた

君でなければ

どうして終わりがきたの ぼくらの間に何が起こったの 突然 ぼくの身体に 空が落ちて来た

白い天使が降りてくる

お決まりのカフェ おきにのケーキに いつもと違う 銀のデコレーション 窓の外には

七転び八起き

オトットットットットット つまずいた 猛ダッシュで転んだ 擦りむいたけど前には2000円札 儲けちゃった

メリミー!!

一緒に暮らして もう2年半さ そろそろケジメのタイミング 「結婚しようよ。」 残業続きで言えない

Good Good Day!

「僕の彼女です」 ってこれからは紹介するんだよね? 君が注いだブラックコーヒー いつもよりなんだか新しいフレーバー

ピリオド

君の寝顔に窓から光が射す (to tell the truth

ココロ予報

Shalalalala 胸に描くのは晴れ 空が僕とひとつになる 目を覚まして窓開けて射し込む光見て

君のために僕が盾になろう

君のために僕が盾になろう 傷をつけるすべてのことから 瞳の中もう君以外 映らないんだ

Old Fashioned Love Song

たとえばのハナシだよ ボクたちの友情が ニセ物だったとしたなら 大切なハナシだよ 誠実な関係が

昼寝

穏やかな陽の光が もれる木陰で 安らかに眠る君 穏やかな風が吹き行く 緑の絨毯

at the circle

大きな地球にしがみついてる僕ら 小さな人間はどうして生きてく? 広い世界に集いあってる僕ら 狭いこの街でこうして生きてく

懐かしさと少しの時間

今こうやって話してると なんだかこう不思議な感じ 「何年ぶりなんだろう?」って あの頃はもう 過去の思い出

全て見る