cali≠gariの歌詞一覧

全て見る

タイトル 歌い出し

色悪

飾り立つ顕正は必然の道理と嘯けば 塗り固めた色悪で掠め取る逡巡も一時の彼方 朧げな深層深く そう僕等は愛に逸れた夢という欠片

バンバンバン

バンバンバン お前には絶対構わない にやけた顔して

東京病

この街に移り住んで 早幾年 何度目かの引っ越しを 今日 迎えました

夏の日

誰もいない朝の路地裏。 濡れた朝顔。 静かに町を流れる風。 色付く景色。 傷つくことに慣れた体。

颯爽たる未来圏

明日の行方は夢の先 絶えず吹き込む未来の颯爽たる風姿 怖気を絡め飛び込み 今素敵な夢を遂げる

シャ.ナ.ナ

か弱き幻想 夢比べ 全性のミラーで 食い千切る 一笑に付す

月光ドライブ

満月に凍てついた夜を吸い込む 目を閉じて1秒で変わる世界 摩天楼はハイウェイ 闇を忘れた都会に不機嫌な月明かり

飛蝗者読誦

凡庸の芸術はなんだか知らねえけども金の匂いがして 真っ黒で足の長い犬を連れて歩きたい気分になるだろ もうどうしようもない下衆野郎だな でも甘く見ちゃいけない

マグロ

何で太陽は僕をいぢめるの? いつも真っ赤な電波で吐きたいよ。 ソープ通いと女装が天国で、 あとは何でもかんでもだめだめだ。

オーバーナイト ハイキング

さぁ、夜が来た。 真夜中だね。 錆びた哲学を剥製にしたら探しに出掛けよう。 禁じられた印象派が、 この世界から盗み隠した『誰も見た事の無い色』を―――。

ダ・ダン・ディ・ダン・ダン

四半世紀滅ばずに出会えた 打たれるうちはまだ強くなれる 世代の壁を越えた共鳴りは 素敵で詩的な事だ…ねぇ!

まほらば憂愁(ブルーズ)

あぁ よろめいて居ります。 早く! 早く!

とある仮想と

あの延々と鳴り響く鐘の音に導かれて群衆は乱れる 自らの意思とは無関係に暴れだしてまた誰かを傷つけて 少しだけ汚れ壊れたように振る舞い姿を変えてしまうだろう だからもう ただ都合のいい歩行を続けた代償を

トゥナイトゥナイ ヤヤヤ

愛くるしい世界の真ん中を ただ描くだけ最後の言葉 …絶望!

紅麗死異愛羅武勇

紅麗死異愛羅武勇ぼーい 紅麗死異愛羅武勇がーる 紅麗死異愛羅武勇べいべー さあ異光の夜

初恋中毒~BL編~

出会いは割とありふれた話。 はじまりなんて、そんなもんじゃない? 熱くなるのも馬鹿らしい。 かと思えば僕はおかしくて、 見た事も無い笑い顔を見る度せつないね。

一切を乱暴に

お前の罪をお前だけしらない 哀れな猿だな 何様になった? テメエのケツをテメエで拭けもしねえ

ギムレットには早すぎる

午前0時のサイレント ひとりぼっちの都会 見なれた夜景 ガラス越しにきらめく

さよならだけが人生さ

誰の声も聞こえない 夜明けの街に 朝日がビルの影切った だけど僕は歩く

すべてが狂ってる ~私は子供が嫌いです編~

カ、ン、ケ、イ、無いから、関係ないから! あー、すべてが狂ってる。 何百回目の自問自答? 『まだ本気出してない!』

混沌の猿

コンチュウサイシュセンドンファンキー ピンポンパンポンチュウノウランシ 猿です 猿です

PPPH

PPPH! PPPH! PPPH! PPPH!

青春狂騒曲

黎明の朝焼けに鳴り響くは梵鐘の陰言。 シャッターに吹き付けた、 小さな犯行声明文も笑う。 僕の前に続く道に、明かりが灯る。

三文情死エキストラ

例えば明日私達がいなくなっても 特に世の中的に問題はない せいぜい仕事仲間に悪態つかれる位で 別に誰かが悲しんでくれる訳でもない

わるいやつら

死ねばいいのに 死ねばいいのに あんたの顔を見るのが不愉快 死ねばいいのに

MISTY ZONE

不意に陽は翳りRAINY DAY 遠くかすんでるLAST SCENE 憂いを秘めてるMISTY

東京、40時29分59秒

昔。 新宿駅裏には空地が在って、 フェンスで戯れる風が帰り道だった。 地下道。 駆け抜けて茜空。

トイトイトイ

遠い問い 遠い問い 問いボーイズ 問いガールズ

東京、43時00分59秒

昔。 新宿駅裏には空地が在って、 フェンスで歌うビル風が帰り道だった。 地下道。

フラフラスキップ

あっそーれ ねーねーまだ×3 君なんかさぁー 自分自身の半分の事だってなんだかわけわかんないんでしょ?

全て見る