1. 歌詞検索UtaTen
  2. くるり
  3. くるりの歌詞一覧

くるりの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

琥珀色の街、上海蟹の朝

beautiful city さよならさマンダリンの楼上 isn't it

ロックンロール

進めビートはゆっくり刻む 足早にならず確かめながら 涙を流すことだけ不安になるよ この気持ちが止まらないように

ロックンロール・ハネムーン

窓の外には 白無垢 綿帽子の夢 まだそこなんだ 歩いておいでよ

台風

幼な心に覚えてた この街の景色を 夏にしては涼し過ぎる風に乗って調子乗る 石段ひとつひとつ思い出ひとつひとつ上がる

五月の海

きれいな言葉がこぼれるたびに 街は海のいろ 息を吸い込むよ あなたの髪がなびく五月 夕暮れのいろは

三日月

この三日月を この三日月を どこか遠くの街で見つけたら この三日月の この三日月の

だいじなこと(TVアニメ[3D彼女 リアルガール]の主題歌)

いちばんだいじなことは 誰も知らないことなんだ あれもこれもだいじなようで 時が過ぎれば消えてゆく

鹿児島おはら節

花は霧島 煙草は国分 燃えて上るは オハラハー 桜島

ふたつの世界(境界のRINNE ED)

君がきらい でも 愛してる どうしようもない程に 交わらない

ワンダーフォーゲル

僕が何千マイルも歩いたら 手のひらから大事なものがこぼれ落ちた 思いでのうた口ずさむ つながらない想いを土に返した

魔法のじゅうたん

君のこと沢山 知ってるつもりだったな だけど こんなにも分からなくなるなんて 素敵な時間も

ばらの花

雨降りの朝で 今日も会えないや 何となく でも少しほっとして 飲み干した

ホームラン

アー ホームランボールは 飛んでくるはずはないから フィクションに踊って 子供のふりして

背骨

へたれ同士なんですか ゆっくりいこうぜ 夢はなくていいけれど ほころぶことは ないように

丘の向こうから 羽のないかげろうが 虹を下さいと 水芭蕉呼んでいる 里に下りました

7月の夜

7月の夜散歩道で 君と30分電話で話した やせた子猫が僕を追うんだ 子猫を連れて散歩したんだ

東京

東京の街に出て来ました あい変わらずわけの分からない事言ってます 恥ずかしい事ないように見えますか 駅でたまに昔の君が懐かしくなります

旅の途中(大鵬薬品工業「チオビタドリンク」CMソング)

晴れわたった 空の向こうのすき間から どこかに行ってしまいそうな心 どうしたの? 名前を呼んで振り向いて

スラヴ

ヨーロレイヒ ヨーロレイヒ ヴァイオリンのメロディー アルコがピッツィカートに

水中モーター

マブチの赤い水中モーター めまぐるしスクリューで泳ぎ出した 水中モーター水中モグラー 波のない海で泳ぎ出した

ロックンロール・ハネムーン(チオビタドリンク2013夏編CMソング)

窓の外には 白無垢 綿ぼうしの夢 またそこなんだ 歩いておいでよ

コンバット・ダンス

いざピンチになっても しょうがないから動じない そうそうパンチをよく見て 相手の背後に回れよ

忘れないように(サイクリングイベント「ツール・ド・東北2018」テーマソング)

沈みかけた流氷を 裸足で滑るのも これで最後なんだって はしゃぎ倒した

How Can I Do?

そうさそのままでずっと 道なき道をずっと 日が暮れるまで走れ 風が止まれば休め いつからかずっと

Remember me

遠く離れた場所であっても ほら 近くにいるような景色 どうか元気でいてくれよ

京都の大学生

四条烏丸西入ル 鉾町生まれのお嬢さん えらいちゃんとしたカッコして 何処行かはんにゃろか? 夢にまで見たフランス

ワールズエンド・スーパーノヴァ

いつだって僕らは誰にも邪魔されず 本当のあなたを本当の言葉を 知りたいんです 迷ってるふりして

赤い電車

赤い電車に乗っかって 僕はどこかへ行ってしまいたい 赤い電車は羽田から 僕らを乗せてひとっ飛び

沈丁花

息子よ ここは荒れ果てた 砂漠だよ 咲くはずだった 沈丁花の

ハイウェイ

僕が旅に出る理由はだいたい百個くらいあって ひとつめはここじゃどうも息も詰まりそうになった ふたつめは今宵の月が僕を誘っていること みっつめは車の免許取ってもいいかなあなんて思っていること