1. 歌詞検索UtaTen
  2. 奥田美和子
  3. 奥田美和子の歌詞一覧

奥田美和子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年2月22日

18 曲中 1-18 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

ソラオイ

奥田美和子

作詞:SyunaCo.

作曲:SyunaCo.

歌詞:空の色が変わる 夕暮れ時は 一人きりの影も 大きく見える 息も出来ない程

1/2

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:加藤裕介

歌詞:あの夏 あなたが眩しくて目を閉じた あの海 あなたを目指して平泳ぎした あの道

哀しみに溺れて

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:kikuo

歌詞:哀しみに溺れて 憎しみに溺れて 淋しさに溺れて ただ抱き合いたいだけなのに わたしの腕はあなたに届かない

雨と夢のあとに

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:平義隆

歌詞:大きな木に 顔を伏せて かくれんぼをしていた 雨がふり出し 蝉の声がやんで

青空の果て

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:Rie

歌詞:南校舎の屋上から 青空しか見えなかった この青空の 果てにあるのは 絶望だけ

しずく(GTO Great Teacher Onizuka ED)

奥田美和子

作詞:大江千里

作曲:大江千里

歌詞:すべての人を 愛せるわけじゃ ないなら せめて 愛するひとを

あしたへ

奥田美和子

作詞:ma-saya

作曲:KAZCO

歌詞:ねえもっとスピードだして 怖くない… 窓にながれる景色が 溶けてしまうまで ただ居場所もなく

月が好き

奥田美和子

作詞:奥田美和子

作曲:marhy

歌詞:長い髪を切った 胸まである髪を切った 部屋に戻って鏡を見た でも何も変わらなかった

ぼくが生きていたこと

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:marron・kikuo

歌詞:もう一度 見てみたい 道ゆくひとの傘についた桜の花びら 海よりも青い紫陽花 ぼくを見るきみの目

さくら散る前に

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:柴草玲

歌詞:ホームルームが終わって 教室や廊下に残るざわめきを通り過ぎ わたしは南校舎の部室に向かった いつも わたしが先に入って

絶望の果て

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:Rie

歌詞:紺の襟に三本線の セーラー服と黒いローファー この青空の果てにあるのは 絶望だけ みんな同じ制服を着て

日曜日の朝

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:イズミカワソラ

歌詞:日曜日の朝 わたしはひとりだった あなたとケンカしたから 鏡に顔を映してみた ひどい顔ね

無言

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:安岡洋次郎

歌詞:好きになるのはいいことですか? 嫌いになるのは悪いことですか? 笑うのはいいことですか? 泣くのは悪いことですか?

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:Rie

歌詞:夢の話をするのは 子どもたちだけだよって いつも いつも 笑ってたわね

歌う理由

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:イズミカワソラ

歌詞:あなたと わたし あなたの目のなかにいるわたしを見る わたしのなかに入ったあなたを感じる あなたの腕のなかで朝の小鳥の声を聴く

はばたいて鳥は消える

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:marhy

歌詞:ぼくの頭には穴がひとつ 冷たい風が吹き抜ける ほんとうなんだ 信じてよ 引き裂かれ

ブランコに揺れて

奥田美和子

作詞:柳美里

作曲:コイケタカヒロ

歌詞:だれもいない11月の公園で ブランコに揺れて 剥き出しの夜のなか 月明かりでわたしの影が揺れた 私は目を閉じて揺れた

tsu-ki

奥田美和子

作詞:大江千里

作曲:大江千里

歌詞:永遠が一秒になる 千年の時が動いて 奇跡を起こそう この瞬間に きみに逢える

奥田 美和子(おくだ みわこ、1982年2月13日 - )は、日本の女性歌手。本名同じ。鳥取県米子市出身。2008年から2011年まで奥田みわ名義で活動していた。血液型はAB型。身長156.5cm。 wikipedia