1. 歌詞検索UtaTen
  2. 青紀ひかり
  3. 青紀ひかりの歌詞一覧

青紀ひかりの歌詞一覧

タイトル 歌い出し

わがまま

いつもの様に帰ってゆく ほほえむ顔がつらくなる ドアの鍵を忘れないで 心の扉は開かないで ぬくもりだけが残ってる

悲しい色やね

にじむ街の灯をふたり見ていた 桟橋に止めた 車にもたれて 泣いたらあかん 泣いたら

ダンシング・オールナイト

甘い時 はずむ心 一夜のきらめきに 揺れる キャンドルがうるむ

大阪で生まれた女

踊り疲れたディスコの帰り これで青春も終わりかなとつぶやいて あなたの肩をながめながら やせたなと思ったら泣けてきた 大阪で生まれた女やさかい

酒と泪と男と女

忘れてしまいたい事や どうしようもない 寂しさに 包まれた時に男は 酒を飲むのでしょう

夜の海

夜が来る 明日がみえない 夜の海 あなたが みえない

プカプカ

俺のあん娘はたばこが好きで いつもプカプカプカ 体に悪いからやめなっていっても いつもプカプカプカ 遠い空から降ってくるって言う

月のあかり

灯りをつけるな 月の光が やさしく お前を てらして

胸が痛い

おまえに恋して 俺の心はボロボロ 割れたガラスのように なってしまったのさ あの頃知らずに

やっぱ好きやねん

もう一度 やり直そうて 平気な顔をして いまさら さしずめ振られたんやね

シングルベッド

流行の唄も歌えなくて ダサイはずのこの俺 おまえと離れ一年が過ぎ いい男性になったつもりが それでもこの年齢まで俺が