1. 歌詞検索UtaTen
  2. 河島英五の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

河島英五の作詞・作曲・編曲歌詞一覧

66 曲中 1-30 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

酒と泪と男と女

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない 寂しさに 包まれた時に男は 酒を飲むのでしょう

酒と泪と男と女

SAKANAMON

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに 包まれた時に男は 酒を飲むのでしょう

森へ帰ろう

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:昼下がりの交差点 車の列に人がとびこむ 行きかう人の流れは立ち止まりやがて足早に去ってゆく 夜のNEWSで彼らは知るだろう 孤独な人の

生まれる前から好きやった

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:生まれる前から好きやったとアンタに云うたね そしたらアンタは抱き寄せて「わかってる」とうなづいた その場かぎりの夢ばかり見続けて来たから 幸せ過ぎるほどに 明日がこわかった

てんびんばかり

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:真実は一つなのか 何処にでも転がっているのかい 一体そんなものがあるんだろうか 何も解からないで僕はいる

酒と泪と男と女

鳥羽一郎

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに 包まれた時に 男は酒を飲むのでしょう 飲んで

ほろ酔いで

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:ほろ酔いで夢見れば 想い出は美しく 時はすべてを許し やさしさに変えてゆく 傷ついた青春も

鰻谷

八代亜紀

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:あんたはあほや 夢ばっかり見てほんまにあほや 人の話も聞かんと わがまま言うばかり あんたはあほや

酒と泪と男と女

ちあきなおみ

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに 包まれた時に男は酒を飲むのでしょう 飲んで飲んで飲まれて飲んで 飲んで飲み潰れて寝むるまで飲んで

行かないでくれ -SLOW TRAIN COMING-

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:出てゆくなんて言うなよ俺が悪かったよ 放ったらかしたわけじゃないさ 生き急いでただけさ SLOW TRAIN

酒と泪と男と女

山口かおる

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに 包まれた時に 男は酒を飲むのでしょう 飲んで

晩秋

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:この国が一番美しい 燃える秋が訪れる 空の遠い遠い所から 懐しい唄が 聞こえてきそうだ

いくつかの場面

太平サブロー

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:いくつかの場面があったまぶたを閉じれば 喜びにくしゃくしゃになったあの頃あの顔 淋しさにふるえていたあの娘 怒りに顔をひきつらせ去っていったあいつ 泣きながら抱きあっていた

大事な人

堀内孝雄

作詞: 河島英五

作曲: 堀内孝雄

歌詞:うちめっちゃ怖がりやねん こんなに好きになってしもたのに 気のないそぶりしたり 強がって見せたりしたのは何でやろ

月の花まつり

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:あの空に浮かぶ月 今は欠けているけれど 生まれ変わって また 満ちるだろう

石仏

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:山の奥の 道のはずれの 小さな石の仏 何百年も昔から 時の流れを

酒と泪と男と女

真琴つばさ

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない 寂しさに 包まれた時に男は 酒を飲むのでしょう

酒と泪と男と女

萩原健一

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに 包まれた時に 男は酒を飲むのでしょう 飲んで

ピンクのアオザイの裾を夜風にあそばせ -サウスウインド-

堀ちえみ

歌詞:あなたの腕に 熱く腕を絡ませ テールランプが川の流れのように続く 今宵 この街は二人だけのステージ

元気だしてゆこう

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:元気だしてゆこう 声掛け合ってゆこう サムライでゆこう 日本男児でゆこう

太陽の島

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:おいら生まれた時からティティカカの漁師 ひとかかえもあるマスを釣りあげるのさ おいら夜明け前に湖に出て 午になる前に仕事を終えるんだ

伝達

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:この街はまるでサバクに積み上げた巨大な石の墓場さ 人間ってやつはおろかしいもんだね 勝利の歴史を石に刻んで残すより 愛する人の名前を、今、叫ぼう 子供たちは笑ってるかい?

街のジプシー

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:色んな男と歩いていたね まるで街のジプシーさお前は 男に傾く身体の重さが悲しみやさびしさなんだろう 一度だけ素顔のお前見たね 思いがけなくも少女みたいでさ

青春旅情

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:汽車にゆられ 一日のいくらかを 過す毎日が 続いています 北から南へ

訪ねてもいいかい

河島英五

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:君は疲れて お風呂にも入らずに うたた寝してたら いつの間にか 眠ってしまった

泣きぬれてひとり旅

水森かおり

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:あの人を京都の街で見かけたと教えられた なぜかしら言葉にごらせ話すのは わけがあるのでしょう たぶん誰かと一緒に河原町やら 木屋町を歩く姿が忍ばれて

酒と泪と男と女

菅原洋一

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに 包まれた時に男は 酒を飲むのでしょう 飲んで飲んで

酒と泪と男と女

パク・ジュニョン

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたいことや どうしようもない寂しさに 包まれたときに男は 酒を飲むのでしょう 飲んで飲んで

酒と泪と男と女

島津亜矢

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたいことや どうしようもない寂しさに 包まれたときに男は 酒を飲むのでしょう 飲んで飲んで

酒と泪と男と女

吉幾三

作詞: 河島英五

作曲: 河島英五

歌詞:忘れてしまいたい事や どうしようもない寂しさに 包まれた時に 男は 酒をのむのでしょう