中村悦子の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 中村悦子
  3. 中村悦子の歌詞一覧

中村悦子の歌詞一覧

公開日:2019年4月7日 更新日:2022年12月4日

14 曲中 1-14 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

まゆの思い(世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」公式 テーマソング)

中村悦子

歌詞:私は群馬で 生まれたまゆです 上州富岡 鏑川 大きなレンガの

桃の里

中村悦子

歌詞:桃の花が咲く頃 あの日を思い出す こんな近くの景色を 見せてやれなかった ほんのわずか数十分時を使えたら

風が歌う街高崎

中村悦子

歌詞:おだやかな朝の 陽射に 水鳥遊ぶ からす川 薄むらさきに

真田街道みちしるべ

中村悦子

歌詞:古え人が 歩いた道だと 振り向きながら 私の手を引いた 勇気と光を

上州路

中村悦子

歌詞:雷響いて 稲妻が走り ふいの雨打つ 上州路 一生そばで

初秋

中村悦子

歌詞:金木犀の香りにさそわれて あなたの姿さがしていました あの頃に戻れたら 私はもう一度 かわいい女になります

湯の郷つづりpartⅡ

中村悦子

歌詞:ロマンチックな 街道は こころ和ます 旅の道 四万に

昼顔

中村悦子

歌詞:人通りの 少ない道で あの人は 見ていた 昼顔の白い花

あんたの大漁船

中村悦子

歌詞:沖を目ざして 船を出す ついてゆきたい 私だけれど 足手まといの

風の海

中村悦子

歌詞:波のしぶきと 頬打つ風と 胸を突き刺す 別れの言葉 おまえは一人で

秋間路の春

中村悦子

歌詞:頑固な顔してョー 妙義の山が のぞき見ている 秋間の春を 茶店の椅子に

火焔のお龍

中村悦子

作詞: 矢島ひろ明

作曲: 花笠薫

歌詞:赤城おろしが舟足を 停めた上州 利根の川 五料の河岸場の 舟宿で

おじさんのピッカリ頭

中村悦子

歌詞:夕陽にはえる おじさんのピッカリ頭 涼しげで ちょっと風情があるね そういえば

北のおんな

中村悦子

作詞: 高柳三千子

作曲: 花笠薫

歌詞:海があんたの 女房ならば 私は港の 海猫になる 北のおんなが