1. 歌詞検索UtaTen
  2. Kra
  3. Kraの歌詞一覧

Kraの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年6月23日

23 曲中 1-23 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

絆-キズナ-

Kra

作詞:景夕

作曲:舞

歌詞:どんなに離れたって途切れることは無いさ より深くへ刻まれていく どんな世界にいたって どんな場所にいたって

夢はいつも

Kra

作詞:景夕

作曲:タイゾ

歌詞:夢は逃げないいつも君の側に 悲しい時は僕らがほらいるから 明日のため、未来のために 耐え続けるだけじゃなくもっと

強がりのような色あせた僕の独り言

Kra

作詞:景夕

作曲:靖乃

歌詞:君の願いがどうか粉々に砕け散りますように 綺麗な思い出になんてしちゃったら 君の思いが 願いが空に昇っていつまでも夜空の星みたいに輝くから

伝えたい言葉

Kra

作詞:景夕

作曲:舞

歌詞:まだ友達だった頃 遊ぶ約束 急に熱を出して『ゴメンね行けなくなった』 そしたら君は今からここに来るって言って弱ってる僕を看てくれたね

絆 -キズナ-

Kra

作詞:影夕

作曲:舞

歌詞:どんなに離れたって途切れることは無いさ より深くへ刻まれていく どんな世界にいたって どんな場所にいたって

もし明日晴れたなら

Kra

作詞:景夕

作曲:結良

歌詞:もし明日晴れたなら 君に会いに行くから きっと幸せな日々さ 流星の季節が過ぎ 花を赤く染めても

雨に唄えば

Kra

作詞:景夕

作曲:タイゾ

歌詞:雨に唄えば誰かが笑って それでいいさと 僕は続ける たとえ心がずぶ濡れだとしても それでいいさと

ダディ

Kra

作詞:景夕

作曲:結良

歌詞:下降の一途をたどるモラル重力にしたがって堕ちていく 馬鹿でもできる簡単さ 駄目だ不満ばっかりならべて怒りをぶつけてる それを向けるべき矛先ですらわかってないじゃないか

bird

Kra

作詞:景夕

作曲:舞

歌詞:たまに君と出会っていなかったらなんて馬鹿な事を考える でもどんな道を進んでいたとしても君と出会っていたさ それだけ感じているんだ、君が笑ってるんだ運命なんて知らないけど ただそう思うんだ

流星愛歌

Kra

作詞:景夕

作曲:結良

歌詞:星の夜はそう宇宙 まるでこの地球にひとりぼっち あなたは見渡す限りどこか遠い惑星にいるの 寂しい気持ち抱えたままずっとメール待つ一人の夜が怖い

クロックラビット

Kra

作詞:景夕

作曲:タイゾ

歌詞:急げ急げ行かなくちゃ 夜が狂う前に 闇が君の全て飲み込む前に 戻れ戻れ変えなくちゃ 女王が来る前に

LOAD MY HEART

Kra

作詞:景夕

作曲:結良

歌詞:ALL THE LIES EXPOSED COLORED

輪廻の箱庭

Kra

作詞:景夕

作曲:結良

歌詞:時計の針だけがこの身体刻み続けてる 輪廻の箱庭を繰り返し回り続けてる 孤独の季節から あなたがいた時間に戻して

デンノヲ空想理論

Kra

作詞:景夕

作曲:結良

歌詞:ログインする電脳空想理論この世界は孤独じゃない 文字化けした現実ならいらない プログラムにダイブする 例えこれが嘘、偽りの景色でもいい君に会えたから

水風船

Kra

作詞:景夕

作曲:舞

歌詞:恋しくて泣き止んだ空のかわりに涙一つ零した あれ以上ない恋の形に後ろ髪をひかれたままで 蝉時雨の日の恋の想い ともに結んだ糸を解いた

ラブラボ

Kra

作詞:景夕

作曲:舞

歌詞:初めての手紙 初めてのデート 何をすればいいんだろう 何を話せばいいんだろうって ずっと

世界で一番頼りない恋の歌

Kra

作詞:景夕

作曲:舞

歌詞:lovesick be in love あの子の笑顔

鼓動

Kra

作詞:影夕

作曲:舞

歌詞:今夜二人踊りましょう すべて忘れて すべて隠して 五線譜に足跡で音符をかいて曲を作ろう

あの頃の地図

Kra

作詞:影夕

作曲:舞

歌詞:子供の頃描いていた夢の欠片 机の中にしまい込んだままで いつの間にか背負わされたもの大事そうにして 本当に大切なもの忘れちゃったの?

Yell

Kra

作詞:景夕

作曲:舞

歌詞:『また今日も雨か…』と呟いた昨日 何の約束もない日々 終わりのない階段を上り続けてるような毎日を繰り返してる 誰かが隣で囁いている

君の魔法

Kra

作詞:景夕

作曲:舞

歌詞:優しい君は僕の話を聞いて笑ってくれる 傷ついた心に優しく沁みて治してくれる あの日もいつもと変わらないはずだった いつもの笑顔を探していた

カウントダウン

Kra

作詞:景夕

作曲:タイゾ

歌詞:幼い頃に一度 神様に会ったんだ そうか、この言葉と歌が居てくれたから 孤独で泣きたい夜も笑ってこれた

和文拍

Kra

作詞:景夕

作曲:舞

歌詞:問イ 『寂しき冬に別れを告げて暖かき春を彩るもの』と掛け 『白雪に似て非なるもの』と解く その心は?

Kra(ケラ)は、日本のヴィジュアル系ロックバンド。PS COMPANY(ピーエス カンパニー)所属。 wikipedia