The Rolling Stonesの歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. The Rolling Stones
  3. The Rolling Stonesの歌詞一覧

よみ:ざろーりんぐすとーんず
The Rolling Stonesの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2024年5月30日

95 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

Brown Sugar

The Rolling Stones

作詞: RICHARDS KEITH ..

作曲: RICHARDS KEITH ..

歌詞:Gold Coast slave ship bound

TILL THE NEXT GOODBYE

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:Honey is there any place

YOU GOTTA MOVE

The Rolling Stones

作詞: DAVIS GARY(US 1) ..

作曲: DAVIS GARY(US 1) ..

歌詞:You gotta move You gotta

SISTER MORPHINE

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:Here I lie in my

DANCING WITH MR.D.

The Rolling Stones

作詞: Mick Jagger ..

作曲: Mick Jagger ..

歌詞:Down in the graveyard where

TELL ME (YOU'RE COMING BACK)

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:I want you back again

Let's Spend The Night Together(夜をぶっとばせ)

The Rolling Stones

作詞: RICHARDS KEITH ..

作曲: RICHARDS KEITH ..

歌詞:(Ba, ba, ba, ba… Ba,

(I Can't Get No) Satisfaction

The Rolling Stones

作詞: RICHARDS KEITH ..

作曲: RICHARDS KEITH ..

歌詞:I can't get no satisfaction,

Jumpin' Jack Flash

The Rolling Stones

作詞: RICHARDS KEITH ..

作曲: RICHARDS KEITH ..

歌詞:(One,Two) I was born in

Angie(悲しみのアンジー)

The Rolling Stones

作詞: RICHARD KEITH ..

作曲: RICHARD KEITH ..

歌詞:Angie, Angie When will those

Honky Tonk Women

The Rolling Stones

作詞: RICHARDS KEITH ..

作曲: RICHARDS KEITH ..

歌詞:I met a gin-soaked, bar-room

BITCH

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:I'm feeling so tired, can't

TIME WAITS FOR NO ONE

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:Yes star-crossed in pleasure The

SILVER TRAIN

The Rolling Stones

作詞: Keith Richards ..

作曲: Keith Richards ..

歌詞:Silver train is a-comin', I

TIME IS ON MY SIDE

The Rolling Stones

作詞: MEADE NORMAN

作曲: MEADE NORMAN

歌詞:Time is on my side.

Paint It Black(黒くぬれ!)

The Rolling Stones

作詞: RICHARDS KEITH ..

作曲: RICHARDS KEITH ..

歌詞:I see a red door

YOU GOT THE SILVER

The Rolling Stones

歌詞:Hey, Baby, what's in your

WINTER

The Rolling Stones

作詞: Keith Richards ..

作曲: Keith Richards ..

歌詞:And it sure has been

NO EXPECTATIONS

The Rolling Stones

歌詞:Take me to the station,

WILD HORSES

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:Childhood living is easy to

CAN YOU HEAR THE MUSIC

The Rolling Stones

作詞: Keith Richards ..

作曲: Keith Richards ..

歌詞:Can you hear the music,

YOU CAN'T ALWAYS GET WHAT YOU WANT

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:I saw her today at

CAN'T YOU HEAR ME KNOCKING

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:Yeah, you've got satin shoes

アングリー(ドラマ「うちの弁護士は手がかかる」主題歌)

The Rolling Stones

作詞: Mick Jagger ..

作曲: Mick Jagger ..

歌詞:Don't get angry with me,

I GOT THE BLUES

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:As I stand by your

IF YOU REALLY WANT TO BE MY FRIEND

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:If you really want to

SWAY

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:Did you ever wake up

STAR STAR

The Rolling Stones

作詞: Keith Richards ..

作曲: Keith Richards ..

歌詞:Baby, baby I've been so

drivingtoofast

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:You can follow the road

LUXURY

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:I want a real fine

START ME UP

The Rolling Stones

作詞: RICHARDS KEITH ..

作曲: RICHARDS KEITH ..

歌詞:You can start me up

letmedownslow

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:You look a little dressed

itwonttakelong

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:And it won't take long

JUST MY IMAGINATION (Running Away With Me)

The Rolling Stones

作詞: STRONG BARRETT ..

作曲: STRONG BARRETT ..

歌詞:I looked out my window

COMING DOWN AGAIN

The Rolling Stones

作詞: Mick Jagger ..

作曲: Mick Jagger ..

歌詞:Coming down again, coming down

DANCE LITTLE SISTER

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:On Thursday night she looked

MONKEY MAN

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:I'm a flea bit peanut

DANDELION

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:Prince or pauper, beggarman or

OUT OF TIME

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:You don't know what's going

backofmyhand

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:I hear a preacher On

dangerousbeauty

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:In your high school photo

LIES

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:Lies-dripping off ya mouth like

BEFORE THEY MAKE ME RUN

The Rolling Stones

作詞: RICHARD KEITH ..

作曲: RICHARD KEITH ..

歌詞:Worked the bars and side-shows,

BEAST OF BURDEN

The Rolling Stones

作詞: RICHARD KEITH ..

作曲: RICHARD KEITH ..

歌詞:I'll never be your beast

DEAD FLOWERS

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:Well, when you're sitting there

MOONLIGHT MILE

The Rolling Stones

作詞: JAGGER MICK ..

作曲: JAGGER MICK ..

歌詞:When the wind blows and

HIDE YOUR LOVE

The Rolling Stones

作詞: Mick Jagger ..

作曲: Mick Jagger ..

歌詞:Sometimes I'm up, sometimes I'm

LOVE IN VAIN

The Rolling Stones

歌詞:Well I followed her to

MIDNIGHT RAMBLER

The Rolling Stones

歌詞:Did you hear about the

SALT OF THE EARTH

The Rolling Stones

歌詞:Let's drink to the hardworking

ザ・ローリング・ストーンズ (The Rolling Stones) は、イギリスのロックバンド。1962年4月のロンドンで、ブライアン・ジョーンズ(ギター、ハーモニカ)、イアン・スチュワート(ピアノ)、ミック・ジャガー(リードヴォーカル、ハーモニカ)、キース・リチャーズ(ギター、ボーカル)によって結成、その後間もなくベーシストのビル・ワイマンとドラマーのチャーリー・ワッツが参加した。 結成当初のリーダーはジョーンズであったが、後にジャガーとリチャーズがコンビで作曲を行い、グループをリードするようになった。1969年、ジョーンズは体調不良と法律問題のためバンドへの貢献が減少しツアーへの参加もできなくなり、バンドを脱退、その3週間後にプールで溺死した。ジョーンズの後任としてミック・テイラーが加入、1974年に脱退するまで活動を続けた。その後、ロン・ウッドが加入する。ワイマンは、1993年にバンドを脱退、後任としてダリル・ジョーンズがベースを担当するようになるが、正式メンバーとしては加入していない。スチュワートは、1963年に公式メンバーから外されるが、バンドのロードマネージャーを続け、1985年に死去するまでピアニストとしてツアーやレコーディングに参加した。1982年以降は、チャック・リーヴェルがバンドのキーボードを担当している。 1960年代前半から現在まで半世紀以上、1度も解散することなく第一線で活躍を続ける、ロック界の最高峰に君臨するバンドである。エアロスミス、プライマル・スクリームやジェット、日本では萩原健一とテンプターズ、忌野清志郎とRCサクセション、鮎川誠、Charなど、ローリング・ストーンズに影響を受けたアーティストは数多く存在する。ストーンズは労働者バンドというイメージが強いが、実際は違う。ミック・ジャガーとブライアン・ジョーンズは中流階級の出身である。 ストーンズは当初ヨーロッパでの人気が高まり、間もなくブリティッシュ・インヴェイジョンの一波として北米での成功を収めた。イギリスでは22作のスタジオアルバム(アメリカでは24作)、11枚のライブアルバム(アメリカでは12作)、多くのコンピレーションをリリースし、現在までの全世界での売り上げは2億枚を超える。『スティッキー・フィンガーズ』(1971年)はその後アメリカで8連続No1となるアルバム群の最初の1枚であった。最新作の『ア・ビガー・バン』は2005年にリリースされた。1989年にロックの殿堂入りした。 ストーンズの出現は、最初のアーバンブルースの世界的な人気の高まりの象徴の一つであった。バンド名はシカゴブルースの巨匠、マディ・ウォーターズの"Rollin' Stone"にちなんで、当時リーダーであったジョーンズが命名した。ストーンズの活動継続と関連に関して評論家のロバート・パーマーは、彼らは「より短命なポップ・ファッションが現れたり消えたりしている」間、「リズム・アンド・ブルースとソウル・ミュージックの中で伝統的な真実に根ざしている」ことによると語っている。初期のレパートリーではリズム・アンド・ブルースとブルースのカヴァーが多くを占めていたが、その中にはいつもロックンロールが含まれていた。 代表曲として「サティスファクション」「一人ぼっちの世界」「黒くぬれ!」「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」「ルビー・チューズデイ」「夜をぶっとばせ」「悪魔を憐れむ歌」「ジャンピン・ジャック・フラッシュ」「ホンキー・トンク・ウィメン」「ブラウン・シュガー」「ダイスをころがせ」「悲しみのアンジー」「ミス・ユー」「スタート・ミー・アップ」など、数多くのヒット曲がある。 wikipedia