1. 歌詞検索UtaTen
  2. 来生たかお
  3. 来生たかおの歌詞一覧

来生たかおの歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2020年4月3日

72 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

あした晴れるか(めぞん一刻 ED)

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:どうしてあなたは 涼しげでいられる ふれるほど近く くちびる 胸もと

ほんのノスタルジー

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:別れは門出だろう せつない船出だろう テープが引きちぎれたら 名残りの曲が流れる

夢の途中

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:さよならは 別れの言葉じゃなくて 再び逢うまでの 遠い約束 現在を嘆いても

あなただけGood Night

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:僕がどんなに見つめても ほんのりと首をかしげ 視線を上手にかわしてほほえんでる 使い古したセリフでも

二人の場所

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:そよぐ 風の向こうに 思い出深い日 同じ 季節重ねて

語りつぐ愛に

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:雨上り 窓辺に たたずみ 風のざわめきを 冷たく

時を咲かせて

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:昨日今日明日 夢見て時は過ぎる なだらかだった 愛も 揺れて

はぐれそうな天使

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:足もとくすぐる波さえ 少し遠慮がち 私は無邪気になれずに 海と話してる

ほほえみの扉

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:いつまでも 世間知らずで 愛さえも 甘えの中で ぬくぬくと

疑惑

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:走る電車のドアには 無言の二人が ひと駅ごとのためいき 行先は決めていない

やわらかな刺激

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:いつでも違う あなたがいる 会うたびごとに 劇的では なくて

Silent Memory

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:あなたに ひと夏 心を あずけ 渚に

おだやかな構図

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:眼鏡の奥 澄んだ眼で 活字をたどる 声かけて気づかずに 本を読むひと

たそがれの苺

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:ひと皿の苺を分け合い ほろにがい想いかみしめて くれないに染まる西の空眺め 二人はほのかな夢を食べていた

セカンド・ラブ

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:恋も二度目なら 少しは上手に 愛のメッセージ伝えたい あなたのセーター

長雨

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:汗ばむ室内 ただうずくまる 二人のからだは うつろな果実

Goodbye Day

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:少しだけ疲れたかおで 君は静かに眠ってる スタンドの淡い光 そっと睫毛の影が出来る 昔より愛が足りない

浅い夢

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:夏の日の海の町 飛び散るきらめきの中 夜毎の海の宿 飛び交うざわめきの中 ひときわ眼をひいた

夢の渚 -The Silent Service-

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:雲が 切れて 水平線まで 海も 空も

シルエット・ロマンス

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:恋する女は夢見たがりの いつもヒロイン つかの間の 鏡に向かってアイペンシルの 色を並べて

ジグザグ~酔いどれ天使~

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:酔いどれて頬に当たる 冷たい都会の風よ ヘッドライトが酔った眼に まぶしく光る

涙嫌い

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:涙ぐむのは ガラじゃないと 君は勝手に 決めている 悲しい日には

やさしさ、ひととき

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:バラの花の一輪で 心がなごむことがあるね ほんの君のひとことで その日が愉しくなる場合もあるよ

想いの破片

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:通じない電話に おやすみを小声で 昨日より明るく 話せそうだったのに

On The Line

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:シャープで早い 君の言葉 耳元を スライスする

たそがれに涙して

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:前向きの別れなどありゃしない すりかえさ あいつの都合だけ さびしい目

遠い駅

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:ホームに降り立ち 渡る風が涼しい 彼女はとまどう 響くチャペルの鐘に

水の消息

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:霧雨にラブソディ 流れてるガーシュイン 見上げた窓によぎる 抱擁の幻想

Made In X'mas

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:街路樹にもデコレーション 銀の花咲くよ おシャレなエプロンの ケーキ売りの娘 忙しそうなウェイター

マイ・ラグジュアリー・ナイト

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:物語は始まったばかり 街の中 夜の中 ひとめぐり 私の恋は熱いまま

片隅にひとり

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:都会のうつろいに 身を任せても あたりを見渡すと 同じ顔つき グラスを重ねてる

とにかく、あした

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:キャバレーのネオン 花咲く裏道を あてなくさまよう 恋やつれのひと 襟足ほつれて

フェアウェル

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:できるだけ 遠く 思い出は 投げて 影よりも光だけ

灼けた夏

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:ほろ苦い麦酒の泡がグラスにあふれる こぼれ落ちた想い出 遠く拡がり 乾いた風が吹いている 僕の周り

無口な夜

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:メロディーが 出逢いから流れていた 心地良い 二人だけのソナタ

片思いのLunch

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:じっと見つめていても まるで気づかぬあなた 今も目の前歩いてく 午後のテラスでランチ 手持ちぶさたで見てる

1/2の二人

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:月夜の舗道で 腕を組む 少し青春さかのぼる 結構君なら

まばゆさの余韻

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:サヨナラ まばゆい夏の影 夜空の花火は まるでフィナーレ 波音

夢より遠くへ

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:突然に 心吹く風つらぬいて 少し危険でもいいさ 君を連れてく

永遠なる序章

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:黄昏来るたび 時折せつない 風が通り抜ける 壊れていきそうな 危うい心が

風と共に去りぬ

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:見つめて 感じて もっとそばへ寄り添って なぜだか あなたが

冷たくても夢中

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:激しく 激しく 叩けよ 雨粒 心も

夏わかば

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:とても乾いてた あの夏の空気 白いプリーツ広げた 君のとても 無邪気な姿

不意の出来事

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:月の色は プラチナの イヤリング 君の耳元 光るけれど

檸檬

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:空席見つけ 向かい合わせたひと 窓の外は はるか緑 どことなく二人

愛する時間に

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:君を 抱きしめたいずっと 想い 伝えたいから

あなたのように

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:ちらりと覗くウィンドウ 大胆なデザイン ためいきをつくあなたのつぶらな瞳 値札の額がヒトケタ違うのが現実

試練

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:空回りのレコードの 傷んだ針の響き 失くした愛をのせて はじけるまで

空色の渚~時よ ゆっくり~

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:空色の渚には うたかたの夢 寄せて流れて 想い出の数 いくつもかがやき続けて

青いNovember

来生たかお

作詞:来生えつこ

作曲:来生たかお

歌詞:翡翠色に 思い出 鳥の羽のよう ふわり夜に 漂い

来生 たかお(きすぎ たかお、1950年11月16日 - )は、日本のシンガーソングライター・作曲家である。本名は来生 孝夫(読みは同じ)。 wikipedia