島袋寛子の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 島袋寛子
  3. 島袋寛子の歌詞一覧

島袋寛子の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2022年6月28日

11 曲中 1-11 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

童神(ウチナーグチ)

島袋寛子

歌詞:天からの恵み 受きてぃ此ぬ世界に 生まりたる産子 我身ぬむい育てぃ イラヨーヘイ

ミルクムナリ

島袋寛子

作詞: 小浜島口説

作曲: 日出克

歌詞:今年ミリクヌ 豊穣年サミ ミリク加那志ヌ 降ルイミソーチ 五穀物種

島人ぬ宝

島袋寛子

作詞: BEGIN

作曲: BEGIN

歌詞:僕が生まれたこの島の空を 僕はどれくらい知っているんだろう 輝く星も 流れる雲も 名前を聞かれてもわからない

心の詩~愛するのが下手だから~

島袋寛子

歌詞:どうして一人で 海を見ているの 悲しいことがあるなら 聞かせてほしい 何でも話し合えた

ハロ

島袋寛子

作詞: 島袋寛子

作曲: naoTo

歌詞:手をのばす とどきそうな 白い雲 形を変えてく いつも

島袋寛子

作詞: 喜納昌吉

作曲: 喜納昌吉

歌詞:川は流れて どこどこ行くの 人も流れて どこどこ行くの そんな流れが

てぃんさぐぬ花

島袋寛子

歌詞:てぃんさぐぬ花や 爪先に染みてぃ 親ぬゆし事や 肝に染みり

Stay with me

島袋寛子

作詞: 城間正男

作曲: 新川雅啓

歌詞:このままこうしているだけで 時は流れ変わってゆく 今何を考えているのか わからないけど ただあなたの暖かなぬくもりを

島唄

島袋寛子

作詞: 宮沢和史

作曲: 宮沢和史

歌詞:でいごの花が咲き 風を呼び 嵐が来た でいごが咲き乱れ

Nature Sound

島袋寛子

歌詞:夢の様な 幼い頃の記憶 虹色に光ったサカナに触れた 現実か幻か

貝殻

島袋寛子

作詞: 玉城千春

作曲: 玉城千春

歌詞:この時間が大好きだったんだ まぶしく光る太陽と 自分だけのメロディー 海の声が頬にあたる

島袋 寛子(しまぶくろ ひろこ、1984年4月7日 - )は、日本の女性歌手。沖縄県宜野湾市出身。ライジングプロダクション所属。所属レコードレーベルはSONIC GROOVE。1998年から2008年まで、hiro名義で活動。夫は俳優の早乙女友貴。義兄は俳優の早乙女太一で義姉は女優の西山茉希になる。 1996年に、女性ボーカル&ダンスグループ・SPEEDのメンバーとしてデビュー。2000年のSPEED解散後は女優としても活動。2004年8月からはジャズプロジェクトCoco d'Orを開始。 ソロコンサートやイベント・ライブを定期的に続けている。 wikipedia