1. 歌詞検索UtaTen
  2. CLΦSH(96猫×囚人P)
  3. CLΦSH(96猫×囚人P)の歌詞一覧

CLΦSH(96猫×囚人P)の歌詞一覧

タイトル 歌い出し

4696 ~クロノネガイ~

ある時代 ある場所 二匹の白黒猫は 道路越しに捨てられていた 叶えたい夢がある

琥珀の森

白い樹海に 独人 たたずむ 僕は覚えてる 君の歌

Fiction

終わらない 群青の水面に揺れ動く陽炎 真実は限りなく 人に夢を与えなくて 僕は今

打倒、夏!!

夏,夏,夏だね びっくりするほど夏だね ちょっと目を離した隙に 太陽は調子乗ってるし あれ去年のクーラーつかない

遅刻人賛歌

悲しいな人間はみんな 時間に縛られて 窮屈に生きてないでと思う と言うわけで… 寝坊しました。

4696 ~シロノオモイ~

ある日起きると唄が突然 聞こえてきたのです たった一人で 歌い続ける 気づけば僕は

マシンガントーク

I will continue talking. Do

Snow

街角では色付き12月の雪が散る 白い息が誰かの笑顔に溶けてく 僕を置いて 「ねぇ幸せはね雪のよう」と 君は言った

無関係エマージェンシー

朝の食卓に TVからは懲りずに政治家の不祥事 「他国に迷惑」 よくもまぁ彼らも飽きないよな それより母さん

文法少女Φリリカ

は!私気付きました 天才ですか天災ですね そうでもないってそれひどいです え!夢が見たいなら そうしましょって

白黒ファクター Ver.CLΦSH

溢れ出す欲望に全部服従 no no no! いいんじゃない?

Φ

becomes「Ф」 wold was「Ф」 遥か昔に書き残された