ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

楽曲

【豪華】映画「NANA」が観たくなる!?主題歌・キャスト・感想を徹底解説 2021年8月

2021年7月12日

映画 NANA

矢沢あいの人気コミックス「NANA」は、連載から長い時間が経っても愛されている少女漫画のレジェンド的存在です。

そんな人気作品を中島美嘉と宮崎あおいのWキャストで、実写化した映画「NANA」もまた、多くの人を感動させました

Live編集部
この記事では、映画「NANA」のストーリーやキャスト、劇中歌について紹介します。

「NANA」が実写映画化

映画「NANA」は、大谷健太郎が監督をつとめた、矢沢あい原作の同名コミックの実写作品です。

ダブル主演に中島美嘉と宮﨑あおいを迎え、他にも松田龍平や成宮寛貴、松山ケンイチなど人気俳優が多数出演しています。

原作の世界観やビジュアルを忠実に再現していることが特徴的で、世界で数点しかないヴィヴィアン・ウエストウッドの衣装を使用しているシーンもあるのです。

「NANA」の物語は上京する大崎ナナと、彼氏に会うため東京に向かっていた小松奈々が、電車の中で偶然知り合ったことからスタートします。

同い年、同じ名前という偶然によって親しくなった彼女たちは引っ越し先で再会しルームシェアを始めるのです。

ライブUtaTenの関連記事!

かっこいいバンド 邦楽バンド おすすめ曲
【英名】かっこいいバンド22選!各楽器が活躍する邦楽バンドとおすすめ曲を紹介

続きを見る

 

映画「NANA」主題歌・劇中歌

GLAMOROUS SKY / 中島美嘉

GLAMOROUS SKY」は主人公大崎ナナを演じる中島美嘉自らが歌い、映画の主題歌にもなった「NANA」の代表的な劇中歌です。

原作者の矢沢あいが作詞を担当し、L’Arc〜en〜CielのHYDEが作曲・プロデュースしたことでも話題を呼びました。

中島美嘉はこの曲のレコーディング時、「中島美嘉ではなく、大崎ナナとして歌ってほしい」と求められたそうです

結果、曲は中島美嘉の普段の曲調とは異なる「大崎ナナの曲」となり、リリース時にも「NANA starring MIKA NAKASHIMA」という名前で公開されました。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

GLAMOROUS SKY 歌詞「NANA starring MIKA NAKASHIMA」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
GLAMOROUS SKY 歌詞「NANA starring MIKA NAKASHIMA」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

 

ENDLESS STORY / 伊藤由奈

ENDLESS STORY」は作中に登場するバンドTRAPNESTの楽曲で、ボーカル芹澤レイラを演じた伊藤由奈が歌っています。

事情が合ってそばにいられない大切な相手に向けて、自身の気持ちをせつせつと歌うこの曲は、芹澤レイラというキャラクターの心情を表しているようですね

「ENDLESS STORY」は、伊藤由奈の記念すべきデビュー曲となりました。

UtaTenで今すぐ歌詞を見る!

ENDLESS STORY 歌詞「伊藤由奈」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】
ENDLESS STORY 歌詞「伊藤由奈」ふりがな付|歌詞検索サイト【UtaTen】

続きを見る

 

映画「NANA」のキャストは?

映画「NANA」のキャスト

映画「NANA」のキャストは現在でも芸能界やさまざまな業界で活躍している人が多く、彼らの初々しい魅力を堪能できます。

中には「NANA」がデビュー作になっているアーティストも。

また、原作に忠実なビジュアルも大きな話題を集めました。

どのキャラクターをどのキャストが演じているのか、登場人物の背景とキャストの経歴を見ていきましょう。

ライブUtaTenの関連記事!

バンド映画
【名作】バンド映画おすすめ25選!新作から名作までバンド音楽の邦画・洋画を紹介

続きを見る

 

中島美嘉 / 大崎ナナ

 

この投稿をInstagramで見る

 

中島美嘉(@mikanakashima_official)がシェアした投稿

大崎ナナは、ロックバンドBLACK STONES(ブラスト)のボーカルで、音楽で生きていくことを夢見て上京した少女です

天涯孤独の身の上で田舎町から東京に出てくる列車の中、もう一人の「NANA」と出会います。

男勝りな性格でヴィヴィアン・ウエストウッドの洋服とセブンスターが良く似合うかっこいい系女子ですが、酔うと歌いながら甘えるという可愛い一面も。

上京前に付き合っていたレンとは、レンのバンド脱退と状況を気に一度破局しています。

天涯孤独でクールナ印象の主人公を演じるのは、アーティストの中島美嘉です。

後にハリウッド映画「バイオハザード」シリーズにも出演した彼女は、「NANA」でもクールな主人公を違和感なく演じきっています。

 

宮﨑あおい / 小松奈々(ハチ)

宮崎あおい

出典元:https://eiga.com/person/72330/

小松奈々は彼氏に会うために上京する途中、ナナと知り合ったもう一人の主人公です。

人見知りせず、少女らしい印象の彼女は奔放で恋愛気質な一面があり、ナナとルームシェアを始めてからも、交際男性以外と曖昧な関係になったりします。

作中では「名前が一緒だとややこしい」というナナに、「犬みたいだからハチ」とニックネームをつけられていますよ。

そんな天真爛漫な恋多き女性である奈々を演じるのは、女優の宮﨑あおいです。

4歳の頃から子役として活躍していましたが、「NANA」が2005年度の邦画観客動員数第4位を記録したことがきっかけで、さらに知名度がアップしました。

現在では映画やドラマ、連続テレビ小説など多数の作品に出演し、日本を代表する実力派女優として活躍しています。

 

松田龍平 / 本城蓮(レン)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Ryuhei Matsuda(@ryuheimatsuda)がシェアした投稿


本城蓮(レン)は天涯孤独の身の上で、施設で育った青年です。

「TRAPNEST(トラネス)」の作曲とギターを担当しており、上京するまでナナと恋人関係でした

当時は結婚も意識していたレンですが、トラネスに入るため上京することになり、一度破局しています。

2人で暮らしていた部屋の家賃を払い続けたり、ナナにもらったネックレスを外さないでいたりと一途な面を見せるレンと、ナナの恋の行方にも注目です。

レンを演じたのは、オフィス作所属の松田龍平です。

名優松田優作を父に持つ彼は高い演技力が評判で、穏やかで恋に一途なロッカーの雰囲気も上手く表現していました。

 

丸山智己 / 高木泰士(ヤス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

丸山智己(@maruyamatomomi)がシェアした投稿

高木泰士(ヤス)はナナが所属するバンド「ブラスト」のドラム担当です。

常にサングラスをかけ、スキンヘッドの強面ですが、弁護士を目指しているという一面があります

周囲はいずれ弁護士になると思っていますが、本人はバンドを続けたいと考えているバンド愛が強い人物です。

多くのキャラクターから頼りにされる兄貴分的存在でもあります。

そんな大人なヤスを演じたのは、映画「NANA」出演当時30歳だった丸山智己です。

他のキャストより年齢が上な分、落ち着いた男性の雰囲気が良く表現されていますね。

丸山智己はキューブ所属の俳優で、モデル業なども行っています。

学生時代は柔道部やバレーボール部に所属していたため、がっしりとたくましい身体が特徴的。

身長も高く、「頼りになりそう」なヤスの雰囲気をしっかり演じています。

 

成宮寛貴 / 寺島伸夫(ノブ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

HiroshigeNarimiya(@hiroshige_narimiya)がシェアした投稿

寺島伸夫(ノブ)は「ブラスト」のギタリストです。

大きな旅館である実家の跡取り息子だった彼は、音楽への夢が捨てきれず、ナナを追って東京にやってきます

東京で奈々と出会い恋をしますが、奈々とタクミの関係を知って身を引こうとします。

複数の女性と関係を持ってしまう優柔不断な一面がある青年ですが、実直で心優しい性格が魅力です。

劇場版「NANA」でノブを演じたのは、当時俳優をしていた成宮寛貴です。

トップコートに所属し、さまざまな作品に出演して活躍していました。

 

松山ケンイチ / 岡崎真一(シン)

松山ケンイチ

出典元:https://www.horipro.co.jp/matsuyamakenichi/

岡崎真一(シン)は「ブラスト」のベーシストで、金髪色白の美しい少年です。

未成年での喫煙・飲酒、さらに売春などさまざまな非行に走りますが、本質は優しい少年で甘えたがりな一面があります

家族から存在を否定され、愛に飢えているためか、奈々に対して「ママ」と呼ぶことも。

そんなシンを演じたのは、ホリプロ所属の俳優松山ケンイチです。

キャラと年齢は少し離れていますが、影がある美少年の役を違和感なく演じています。

外見や演技を自在に変え、キャラクターに対して柔軟に寄り添えることから「カメレオン俳優」と称されることもあり、その技術力が映画「NANA」でも発揮されていました。

 

玉山鉄二 / 一ノ瀬巧(タクミ)

玉山鉄二

出典元:https://merrygoround.co.jp/tetsuji-t

一ノ瀬巧(タクミ)は、人気バンド「トラネス」のベーシストです。

「トラネス」は芹澤レイナの歌声を生かすためにタクミがプロデュースしたバンドで、プロ意識の強さから裏方としてもさまざまなサポートしています

もともと女性関係に奔放な性格でしたが、最終的には妊娠した奈々と結婚し、良き夫・父に。

ベンツ・ゲレンデハーゲンを愛車にするセクシーな大人の男、タクミを演じたのは、メリーゴーランド所属の玉山鉄二です。

1999年にデビューし、テレビドラマや映画でさまざまなキャラクターを演じてきた玉山は、映画「NANA」で”ちょい悪だけどかっこいい”タクミを魅力たっぷりに演じています。

 

伊藤由奈 / 芹澤レイラ

 

この投稿をInstagramで見る

 

Yuna Ito(@_yunaito)がシェアした投稿

芹澤レイラはニューヨーク生まれのハーフで、圧倒的な歌声を武器に「トラネス」のボーカルを担当しています。

幼少期はハーフが原因でいじめられ、いじめから守ってくれたタクミに恋心を抱きますが、想いを受け入れてもらえませんでした

その後、ヤスと交際したりシンと恋人関係になったりします。

多くの男性を魅了する歌姫を演じたのは、ソニー・ミュージック所属の歌手である伊藤由奈です。

彼女のはっきりした顔立ちが、ハーフという設定のレイラ役にとてもマッチしていました。

「NANA」で歌った「ENDLESS STORY」は、人気曲となり、デビュー年に紅白歌合戦に出場するという快挙を達成しています。

 

水谷百輔 / 藤枝直樹(ナオキ)

藤枝直樹(ナオキ)は、トラネスドラムを担当しているメンバーです。

中学時代、同級生だったタクミに「軽音部を作ろう」と誘われ、そのまま2人で音楽活動を続けてきました。

突然金髪になってみたり、学ランを改造してみたりする突拍子もない性格ですが、気配り上手でムードメーカー的存在です

ナオキを演じるのは、元オフィスジュニア所属の水谷百輔

ジュノン・スーパーボーイ・ボーイコンテストをきっかけに芸能界デビューした彼は、出演シーンが少ないながらも、原作に忠実なナオキを表現していました。

水谷百輔は30歳の誕生日をきっかけに芸能界を引退し、現在は演技トレーナーとして活動しています。

 

映画「NANA」を観た人の感想

「NANA」は女性からの人気が特に高い作品ですが、男性の中にも「少女漫画は読まないけれどNANAは別」という人は少なくありません。

実際に作品を見た人がどんな感想を持ったのか、ネットのクチコミやレビューを調査しました。

広い層から愛される作品だからこそ、色々な視点からの意見があったのでぜひ参考にしてくださいね。

ライブUtaTenの関連記事!

バンドアニメ おすすめ
【神作】バンドアニメおすすめ14選!クラシックやジャズの音楽アニメ6選もあわせて紹介

続きを見る

 

30代女性

矢沢あい先生の世界観は奇抜なので、実写化に合うかな?と思いながら見ました。

原作を忠実に再現って感じじゃなかったけど、映画は映画で「NANA」の世界観が完成していて面白かったです。

かわいくてかっこいいキャラを演じているキャストさんたちが最高!

みんなイケメンと美女なのに演技力も高くて、特に中島美嘉さんなんて「まさにナナそのもの」って感じだった。

30代男性

「NANA」の原作は未読。有名作品ということで視聴したが、青春っぽい一生懸命さが感じられる作品だった。

ありきたりな恋愛映画という枠に留まらず、友情や恋愛の切なさや葛藤が描かれている。

性格も生き方も全く違う2人のナナが出会いその人生が交差していくというストーリーはとても斬新だった。

読後に原作を読んだが、キャラクターとキャストの差に違和感を感じなかったため、俳優陣の演技力に感心している。

40代女性

当時娘が原作の漫画にはまっていて、その作品の実写化だと知ったので視聴しました。

登場人物の悩みや若さから生まれる繊細な心の葛藤が、見ているこちらもはっとさせられる作品です。

演技力に初々しさが残るキャストもいますが、みんな一生懸命に「NANA」という作品のキャラクターを表現しようとしている姿にも感心しました。

正直、少女漫画原作の映画だからありきたりな恋愛物だろうと思っていたのですが、ひじょうに面白く、嬉しい誤算です。

「NANA」を視聴した人は、漫画の存在から実写化を知ったというケースが多いようです。

多くの視聴者が「キャストがキャラクターに合っていた」、という意見を挙げていますね。

矢沢あいの作品は独特な世界観と絵柄で、キャラクターも演じるのが難しい印象です。

しかし「NANA」のキャストはそれぞれが素晴らしい演技で世界観を演出し、観た人の満足感を満たしています

また、繊細な人間関係や感情の変化などのストーリー構成も高い評価を得ていました。

バンドという存在や、同名の女性2人の関係がストーリーに厚みを持たせ、見ごたえある映画に仕上げているのでしょう。

 

完結編 映画「NANA2」もチェック!

完結編 映画「NANA2」

「NANA2」は「NANA」の完結編で、2006年に公開された映画です。

完結編では、ナナと奈々にとって乗り越えなければならない、さまざまな試練が待ち受けています。

彼女たちの成長や、結末が気になるならぜひ一緒にチェックしてみましょう

こちらの作品では、奈々役が市川由衣に、ナナの恋人であるレン役を姜暢雄、バンド仲間のシン役を本郷奏多、と出演俳優が一部変更されています。

本編とは違った表情を見せる完結編で、2人のナナの成長を見届けましょう。

 

映画「NANA」は中島美嘉&宮﨑あおいの豪華W主演!実写化ならではの魅力を見つけよう

映画「NANA」は、人気コミックの実写化ということで大きな話題を呼んだ人気作品です。

中島美嘉&宮﨑あおいの豪華なW主演も注目度を集め、多くの実力派俳優や新進気鋭のアーティストが作品を彩りました。

作中に登場する2つのバンド、ブラストとトラネスが奏でた楽曲は、オリコンチャートを独占。

まさに社会現象を起こした映画「NANA」は、公開から15年以上たつ今でも、観る人に新鮮な魅力を届けています

原作を読んだことがある人も無い人も、作品の世界に浸って彼らが過ごした時間を共有してみましょう。

 

この記事のまとめ!

  • 「NANA」は矢沢あい原作の人気コミックを実写化した作品
  • 中島美嘉と宮﨑あおいのW主演で話題を集めた
  • 松田龍平や松山ケンイチなど多くの人気俳優が出演している
  • キャラクターたちのその後を描いた完結編「NANA2」も公開されている

 

おすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-楽曲
-

Copyright© ライブUtaTen , 2021 All Rights Reserved.