ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

楽器/機材

【レビュー】「OneOdio DJモニターヘッドホン Pro-50」を使ってみた!装着感から音質まで徹底解説 2021年8月

2020年5月30日

Pro-50

たくさんのヘッドホンを開発、販売してきたOenOdio(ワンオディオ)から、また新たにプロ仕様のヘッドホン「OneOdio DJモニターヘッドホン Pro-50」が発売されました。

低価格なのに品質が高いことで有名なOneOdio製品ですが、中でもProシリーズはamazonでも評価が高く人気があるヘッドホンです。

今回はPro-50の音質や装着感はもちろん、少し惜しいと感じた点まで、つつみ隠さずレビューしていきます。

DJのために作られたプロフェッショナルなヘッドホン!

OneOdioのProシリーズは、Pro-10、Pro-30、Pro-50の、3段階のシリーズ展開です。

今回発売されたPro-50は、ミキシングや、スタジオモニタリングなど、プロのDJの使用を目的に開発されています。

他のシリーズ以上にこだわった音質、プロにも使い勝手のいい構造を意識して作られているようです。

商品概要

まずは、製品の基本使用から見ていきましょう。

再生周波数を低音域から高音域までしっかりカバーし、一般的なイヤホンの帯域と変わりません。

2種類のジャックタイプがあり、スマホや音楽プレーヤーに対応している3.5mmプラグと、アンプやキーボードなどの音楽機器に繋がる6.35mmプラグ、両方に対応しています。

型式 密閉ダイナミック型
ドライバー Φ50mm NdFeB磁石
再生周波数 20-20,000Hz
インピーダンス 32Ω
最大入力 1600mW
感度 118 ± 3dB
プラグ Φ6.35mm モノラル標準 / Φ3.5mmステレオミニ
ケーブル長さ 2~3m / 1.2m
コードタイプ コイル状ケーブル / ストレートケーブル

パッケージと商品内容

Pro-50 パッケージ

パッケージは黒色の箱に金色で文字やイラストが装飾されており、高級感がありますね。

箱を開けると、高級感のあるポーチに包まれたヘッドホンが出てきました。

付属品をそれぞれ見ていきましょう。

Pro-50 商品内容

Pro-50 ヘッドホン

写真のように、ポーチの中に入った状態で梱包されています。

小さく折りたたまれていて、成人男性の手のひらくらいの大きさでした。

重さも約300gととても軽く、持ち運びや長時間使用にも向いてそうです。

キャリーポーチ

革調のビニール素材のポーチです。

手触りもなめらかで汚れがつきにくく、見た目も高級感があります。

ほどよく伸縮性もあるので、ヘッドホンの出し入れも簡単にできます。

取扱説明書

4ヶ国語で書かれていて、日本語のページは6ページありました。

絵柄つきで解説されているので、読みやすく分かりやすいです。

保証書や、簡単なQ&Aも載っているので、安心して使えるでしょう。

3.5mmステレオミニプラグ 1.2m

Pro-50 プラグ

両端に3.5mmプラグが付いた黒いコードです。

簡易マイクも付いているので、ヘッドホンを付けたまま、スマホなどで電話応答も可能です。

6.3mm / 3.5mm カールコード 2~3m

片側に6.5mmのプラグ、もう片方に3.5mmのプラグが付いた、赤色のコードも付いています。

カール部分を伸ばさない状態で2m、伸ばせば3mにもなるので、ヘッドホンを付けたままの作業もできそうです。

Pro-50の見た目は?

Pro-50 見た目

黒の本体に、赤い刺繍のアクセントがはいったシックなデザインです。

男性女性問わず使えるスタイリッシュさが感じられます。

Pro-50 調整部分

サイズの調整部分は、銀色のメタリック調です。

左右に調整部分が付いているので、簡単に自分の頭のサイズに合わせることができます。

イヤーパッドの厚さは、約3cmと少し分厚い印象です。

頭の上部にくるヘッドパッド部分も分厚めなので、全体的にどっしりとした安定性を感じます。

左右の刺繍

Pro-50 刺繍

イヤーパッドの中を覗くと、真っ赤な刺繍がほどこされています。

パッと見ではただの模様に見えるのですが、よく見ると文字になっているのが分かりますか?

実は、左には「L」右には「R」のデザイン文字が書いてあるのです。

Pro-50 L R

本体のプラスチック部分にも「L」と「R」の表示はありますが、イヤーカップの可動部分なので少し分かりづらいですね。

左右を確認する際は、イヤーパッドの中を見たほうが良さそうです。

2種類のジャック

Pro-50 6.35mmプラグ

Pro-50 3.5mmプラグ

左には6.35mmプラグ、右には3.5mmプラグが接続できるジャックがあります。

この2種類のジャックに、同時に接続することも可能です。

スマホとヘッドホンを繋いだまま、さらにPCとヘッドホンを繋げます。

Pro-50 同時接続

ゲームをしながら、通話ができるのでとても便利そうです。

また、音楽プレーヤー→Pro-50 ヘッドホン→他のヘッドホンのように繋げば、同じ音を他の人と共有することもできますよ。

Pro-50 ヘッドホン 接続

折りたたみ可能

Pro-50 折りたたみ

それぞれのパッドが分厚く、収納しにくそうに思うかもしれませんが、イヤーカップの可動域が広いので写真のように折りたたむことができます

イヤーパッドをひっくり返して、もう片方のイヤーパッドにくっ付けるだけです。

説明書にたたみ方を図解で説明してくれているので、とても分かりやすいです。

Pro-50の装着感は?

Pro-50 装着感

Pro-50 装着感 横

パッドはスポンジのような素材で、とても柔らかいです。

メガネをかけたまま装着していても、耳の痛みなどはありませんでした

ヘッドパッドも分厚く、頭が痛くなることもなさそうです。

頭を横に軽く振ってもずれることはなく、しっかりと掴まれているような感覚ですが、圧迫感はないので長時間装着していても疲れません

オーバーイヤータイプ

耳の上にイヤーパッドを乗せるオンイヤータイプとは違って、Pro-50は耳全体をパッドで覆う、オーバーイヤータイプです。

耳が密封状態になるため、音漏れの心配もありません。

試しに、Pro-50を装着した状態で、PCの音量を最大にして音楽をかけてみましたが、周囲の人に音は聴こえていませんでした。

90度回転構造

Pro-50 90度 回転

イヤーパッドは90度反転させることができます

DJが次の曲をモニタリングするときなど、片耳だけで音楽を聴きたいときにとても便利です。

また、前後にも90度回転させられるので、首にかけた状態でも邪魔になりません。

ヘッドホンを付けて外出したいときや、少しの間だけ外しておきたいときなどに、うれしい構造ですね。

Pro-50の音質は?

ヘッドホンで1番気になるなポイントは、音質の良さですよね。

OenOdioは、独自の技術で開発されたドライバーユニットを採用しています。

原音に忠実であることをモットーに作られているため、音質はとても良いです。

実際に聴いてみて感じたPro-50の特におすすめなポイントを3つ紹介します。

外の音がシャットアウトされる

オーバーイヤータイプならではの特徴として挙げられるのが、ノイズキャンセリング機能です。

耳の形と輪郭に合わせてフィットする設計になっているので、外の音がシャットアウトされます。

音楽を流せば、周囲の音はほとんど聴こえません

聴こえてくる音に集中できるので、映画やドラマを観るときにもおすすめです。

低音域が響く

密閉型のイヤーパッドを採用しているので、低音域にとても強いです。

音は太く重みがあるため、重厚なビート音が胸に響き、心地よささえ感じます。

低域、重低域の主張が強く、中音域のボーカルの声や、高音域の伸びやかな音を支えているような印象です。

そのため、全体的に骨のある充実したサウンドになっています。

低域の響きが好きな方には、特におすすめです。

ゲームなどで聴く人の足音も、しっかりと聴こえてきますよ。

音に場所を感じる

DJの音楽作成をはじめ、プロフェッショナルの使用を目的として作られていることもあり、楽器の配置や音の響き方の再現度が高いです。

目をつぶって音楽を聴けば、実際に演奏空間にいるような臨場感を味わうこともできますよ。

左右の聴き分けもできるので、ゲームをしたりドラマを観るときにも迫力満点です。

使ってみた感想

Pro-50 感想

ここまで、Pro-50の特徴を大まかにまとめましたがいかがでしたか?

ヘッドホンなので、実際に使ってみなければわからないことも多いと思います。

実際にPro-50を使ってみると、惜しい点と優れている点が見えてきました

そこで最後に、音質や構造以外にも焦点を当てた、正直な感想をお伝えします。

Pro-50の惜しい点

PCに繋げて利用してみましたが、有線でつないでいるため動きが制限されます

繋いだまま立ったり座ったりする場合には、あまりおすすめできません。

ただ、6.35mmプラグのコードは3mまで伸びるため、行動範囲によっては特に気にならないでしょう。

また、付属コードのマイクにはボタンが1つしか付いておらず、操作できるのは電話応答のみで音量調節やミュート切り替えはできません

主に通話中に使うことを目的とする場合は、少し不便かもしれません。

Pro-50の優れている点

音楽を楽しんだり、映画やドラマ、ゲームの臨場感を楽しみたい人には、Pro-50はとてもおすすめです。

密閉ダイナミック型には重いヘッドホンが多い中、Pro-50はとても軽いため、長時間着け続けても疲れることがありません

イヤーパッドの通気性もいいので耳に汗をかくこともなく、音楽をじっくりと楽しむことができますよ。

Pro-50は高音質で長時間使っても疲れない!迫力ある骨太サウンドを楽しもう

OneOdio社の最新ヘッドホン「Pro-50」は音質、使用感ともに抜群です。

ほとんどのヘッドホンは長時間着けていると、耳の痛みや汗が気になりますが、Pro-50では特に気になりませんでした。

しっかりと耳にフィットして音に集中することができるので、音楽鑑賞以外にも向いています

セリフや足音など、細かい音も臨場感たっぷりで楽しめるでしょう。

プロ仕様とは思えない、手に取りやすい価格設定なので、ぜひ一度手にとってみてくださいね。

迫力あるサウンドを体感してみよう♬

Pro-50を購入する!

この記事のまとめ!

  • Pro-50はDJ仕様でプロも使えるヘッドホン
  • 軽くてコンパクトなので持ち運びにも便利
  • 耳にしっかりフィットする遮音設計
  • 重低音が響くサウンドが魅力
  • 長時間着けていても疲れない

おすすめ記事

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ライブUtaTen編集部

「音楽をもっと色んな人に楽しんでほしい!」そんな思いを込めてライブをしたい人たちに向けた情報を発信していくコンテンツです。ライブをしたことのない初心者にも分かりやすく、ライブやバンドに関する情報をお届けします。

-楽器/機材
-, ,

Copyright© ライブUtaTen , 2021 All Rights Reserved.