ライブ活動やバンド活動をするためのノウハウや悩みを解消する音楽情報サイトです

ライブUtaTen

楽器/機材

【軽減】防音カーテンのおすすめ5選を紹介!遮音・吸音の効果について解説 2022年5月

2022年5月13日

防音カーテン

自宅で大きな音で楽器を弾いたり歌ったりするには、防音環境は重要です。

しっかりと防音をしておかないと近所からクレームが来てしまい、最悪の場合自宅練習ができなくなってしまいます

手軽に防音をするためには防音カーテンがおすすめですが、選び方や効果があるのかわからない人も多いでしょう。

Live編集部
この記事では、防音カーテンの選び方や効果を解説していきます。

防音カーテンの効果

防音カーテンとは騒音を軽減するためのカーテンのことです。

防音カーテンは普通のカーテンとは違う生地や加工が施されているので、音を軽減することが可能になっています。

防音カーテンの役割は「空気伝播音」と呼ばれる空気を伝って聞こえる音を防ぐための、遮音吸音です。

その他にも遮光性や遮熱性にも優れているので、どの家庭でも役に立つでしょう。

しかし、外の電車や工事の音「固体伝播音」という振動や衝撃で伝わる音なので、防音カーテンではあまり効果が期待できない可能性があります

ライブUtaTenの関連記事!

アコギ 消音 練習場所
【騒音】アコギを消音するには?ギターの消音方法と防音対策や自宅以外の練習場所を紹介!

続きを見る

 

防音カーテンの種類

防音カーテン

防音カーテンには遮音タイプ吸音タイプがあります。

防音カーテンを買う際には、自分が防ぎたい音によってどちらかのタイプを選ぶ必要があります。

では、遮音と吸音の違いやどのように使い分けるのが良いのでしょうか

ここでは、遮音と吸音の違いや使い分けを解説していきます。

ライブUtaTenの関連記事!

ボイトレ 自宅
【特訓】ボイトレを自宅でするには?家でできる練習方法を注意点と合わせて紹介!

続きを見る

 

遮音

遮音とは防音方法の一つで、空気で伝わる音を跳ね返して遮断することです。

外からの騒音を防ぎたい人は、遮音タイプのカーテンを選ぶと良いでしょう。

遮音は防音方法の中で最も簡単にできる防音方法で、石膏ボードコンクリートなどがよく使われる素材として挙げられます。

しかし、遮音性能を高めすぎると音が反響しすぎてしまい、かえって音が聞き取りにくくなってしまったり、元の音と変わって聞こえてしまう場合もあるので注意しましょう。

 

吸音

吸音とは音を吸収する防音方法の一つで、吸音することで音がクリアになる効果があります。

そのため、生活音を外に漏らしたくない人は吸音タイプのカーテンを選ぶと良いでしょう。

吸音によく使われる素材はウレタンフォームロックウールなどが挙げられます。

しかし、吸音をしすぎてしまうと反響音がなくなるので、物足りなさを感じる場合があるので注意しましょう。

 

防音カーテンの選び方

防音カーテンは簡単に防音できますが、種類は様々なのでどのようにして決めれば良いのか悩む人も多いのではないでしょうか。

防音カーテン選びで重要なのは、素材大きさです。

防音したい音や窓の大きさを事前に測っておくことで、自分にあった防音カーテンを選ぶことができます。

ここでは、防音カーテンの選び方を紹介します。

ライブUtaTenの関連記事!

防音室 自作
【消音】防音室を自作する方法と必要な材料とは?手軽で簡単な作り方とおすすめの防音室を紹介!

続きを見る

 

防ぎたい音で選ぶ

まずは外からの音を防ぎたいのか自宅の音漏れを防ぎたいのかを決めましょう。

外からの音を防ぎたい人は遮音タイプのカーテンを選び、自宅の音漏れを防ぎたい人は吸音タイプのカーテンを選びましょう。

また、防ぎたい音の種類によってもカーテンの選び方は変わるので参考にしてみてください

 

楽器の音

ピアノやギターなどの楽器の音を防ぎたい人には、4重構造以上のカーテンがおすすめです。

生地に3層以上の加工が施されているので防音性能が高く、防音以外にも遮光や遮熱性にも効果があります。

しかし、価格が高くなってしまうことや、重量があるので取り付けられない可能性があるので、確認をしてから購入しましょう。

また、電子ドラムピアノのフットペダルの振動音は、防音カーテンでは防ぐことができないので注意が必要です。

 

車などの外の音

車やバイクなどの外の音を防音したい人は、コーティング加工されたカーテンがおすすめです。

コーティング加工されたカーテンは比較的安価で購入できるので、手軽に取り入れることができます。

また、デザインも豊富なこともメリットの一つでしょう。

しかし、電車などの音は防音カーテンでは防ぎきれない場合があるので、防音マットなども一緒に取り入れてみるのがおすすめです。

 

テレビや子供の声

テレビや子供の声を防ぎたい人は3重構造のカーテンがおすすめです。

防音性能は4重構造のカーテンよりは劣りますが、重量が軽いのでどの窓にも取り付けることができます

また、4重構造のカーテンよりも安価で手に入り、デザインも豊富なのでどの家にも違和感なく取り付けることができますよ。

防音カーテンを試してみたい人は、まず3重構造のカーテンから試してみるのも良いでしょう。

 

大きさや重さで決める

防音カーテンを選ぶ際にはカーテンの大きさや重さも重要です。

カーテンの重さと防音性能は比例するので、防音性能を高めたい人は重たいカーテンを選ぶと良いでしょう。

また、カーテンの大きさは窓より一回り大きいサイズのものを選ぶのがおすすめです。

窓を覆うように取り付けることでより防音効果を高めることができますよ。

カーテンのサイズを簡単に計算できるサイトもあるので、そちらも使ってみると良いでしょう。

 

口コミを参考にする

ネットショッピングや、店舗のオンラインショップには口コミが多数投稿されています。

自分と似たような使い方をしている人の口コミを参考にすると失敗を防ぐことができますよ。

しかし、口コミで得た情報を鵜呑みにしてしまうのではなく、店員さんなど防音カーテンに詳しい人の意見もしっかりと聞くようにしましょう

 

防音カーテンのおすすめ5選

防音カーテン

防音カーテンの選び方がわかっても、どの商品が良いのかわからない人も多いのではないでしょうか。

防音カーテンは高価なので「買ったけどイマイチ効果がわからなかった」などの失敗は避けたいですよね。

最後におすすめの防音カーテンを5つ紹介するので、自分にあった防音カーテンを選んでみてください

 

ピアリビング / 5重構造の防音カーテン コーズ

ピアリビングの5重構造の防音カーテン コーズは、5重構造なので高い防音効果を発揮します。

テレビや子供の声はもちろん、楽器の音も防ぐことができるのです。

また、この商品の特徴は普通のカーテンレールに取り付けが可能なことです。

4重構造以上の防音カーテンでは、重量があるのでカーテンレールに取り付けられないことも多いのですが、コーズはギリギリ取付可能な重さになっています。

さらに、5色のカラーバリエーションがあるので、部屋に合った色を選ぶことができるでしょう。

 

カーテンくれない / 断熱・遮熱カーテン 静 Shizuka

カーテンくれないの断熱・遮熱カーテン 静 Shizukaは3層の加工が施されており、防音はもちろん断熱や遮光にも抜群の効果を発揮します。

ピアノの音には70%の防音効果を発揮していることから、高い防音性能があることもわかります。

また、12色のカラーバリエーションと風通り織なので、デザインにもこだわっている商品です。

部屋をおしゃれにしながら防音もしたい人におすすめの商品でしょう。

 

PONY DANCE / 1級遮光 カーテン

PONY DANCEの1級遮光 カーテンは、遮光がメインなので防音性能は少し劣りますが、取り付けるだけでも防音効果はあるでしょう。

この商品は洗濯機で丸洗いも可能なので、衛生面でも安心して使えるのが嬉しいところではないでしょうか。

比較的安価な商品なので、とりあえず防音カーテンを試してみたい人にはおすすめです。

 

ニトリ / 遮光1級・遮熱・遮音カーテン

ニトリの遮光1級・遮熱・遮音カーテンは、生地の裏面に樹脂コーティングが施されており遮音効果があります。

遮音だけでなく、遮光遮熱効果があるので様々な用途で使えますよ。

また、洗濯機で丸洗いも可能でなおかつ形状記憶加工なので、洗ってもひだが綺麗な状態をキープできます

サイズをオーダーメイドできるのもこの商品の魅力でしょう。

 

満天カーテン / 1級遮光を超える 完全遮光100% カーテン

満天カーテンの1級遮光を超える 完全遮光100% カーテンは、5層のアクリル樹脂加工が施されており、防音率50%の高い防音効果を発揮します。

そして、遮光カーテンによくある黒い遮光糸を使用していないため、鮮やかな発色で見た目も良いです。

デザインやカラーバリエーションは計150種類もあるので、自分好みのデザインで手軽に防音ができますよ。

 

防音カーテンには遮音や吸音の効果がある!おすすめのカーテンを選んで騒音や生活音を遮断しよう

防音カーテンには遮音効果吸音効果があるので、騒音トラブルを防ぐことができます

また、防音効果だけでなく遮光や遮熱効果もあるので取り付けるだけで、部屋の様々なストレスを解消してくれるでしょう。

防音カーテンには様々な種類があり、防音の種類も違ってくるので自分にあった防音カーテンを選んで、より快適な部屋づくりをしてください。

 

この記事のまとめ!

  • 防音カーテンには空気で伝わる中音域から高音域に効果がある
  • 遮音と吸音を合わせることでより高い防音効果を発揮する
  • 防音カーテンを選ぶ際には、大きさや重さが重要

 

おすすめ記事

-楽器/機材

Copyright© ライブUtaTen , 2022 All Rights Reserved.