1. 歌詞検索UtaTen
  2. 半﨑美子
  3. ぼくはぞうきん歌詞

2018.2.21 リリース

「ぼくはぞうきん」の歌詞 半﨑美子

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
きみと出会であったころ
ぼくはまだタオルとばれていたね なつかしいな
かおあらったあとやあせをふいたり
ときにはなみだもぬぐったりして

なつには目隠めかくしして スイカりもしたね
ねつたらえたからだ
おでこにったりもした

あれからどれくらいたったんだろう
ぼくのからだのイラストがえかけたころ

ぼくはぞうきんとばれるようになったんだ
つくえゆかうえをお掃除そうじしてさ
もうきみがかなしんでいたってなみだをふいてあげられない
それがすこさびしい

ぼくがタオルだったころ
からだはいつもふかふかで
ぬれたきみをつつむのにちょうどよかったよね

いまとなってはぼくのほうがぬれていて
しぼられることにももうれたよ

きみのまわりをぴかぴかにする
それがぼくのたのしみになったんだ

どうかぼくがくろになるまで使つかってくれないか
それが一番いちばんうれしい
いつかおわかれがやってくるそのまで
教室きょうしつすみっこでいつも見守みまもっているよ

教室きょうしつすみっこでずっと見守みまもっているよ

ぼくはぞうきん/はんざきよしこ