1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 帰らざる日々歌詞

1980.5.5 リリース

「帰らざる日々」の歌詞 吉田拓郎

iTunesで購入
曲名
帰らざる日々
アルバム
Shangri-la
金額
¥250
友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
ふりがな
あのゆめかんでくるよなつかしくとも
ふりかえると そこはかぜ
まちがいだらけの自分じぶんってもあめにうたれて
あるくだけさ なみだかくして

ひとにはそれぞれのかたがあるさ
たとえば横道よこみちへそれたとしても
太陽たいようかってはしっていればよい

いてるやつおこれるひとまるとき
きっとあとてしまう
人生じんせいというふねすすむよ うみれても
かぜがやんでも って

はるかにぎたおもいをめぐらせて
わかさをなつかしむ ホロにがさけ
明日あすのために るんだ過去かこ

だれもがこうして月日つきひなかでさまよいながら
手探てさぐりだけの たびをする
たどりつくやすらぐ場所ばしょっているのは
運命うんめいという 言葉ことばだけ

かえらざるひび/よしだたくろう

▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:帰らざる日々 歌手:吉田拓郎

リンクコード:

ブログ用リンク: