吉田拓郎の歌詞一覧

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 吉田拓郎の歌詞一覧

よみ:よしだたくろう
吉田拓郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2024年4月20日

246 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

純(魁!!クロマティ高校 OP)

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:僕はアナタのすべてを 命がけでも欲しい 他の言い方はない 胸がジンジンふるえ 寝ても覚めていても

落陽

吉田拓郎

歌詞:しぼったばかりの 夕陽の赤が 水平線から もれている 苫小牧発

人生を語らず

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:朝日が昇るから 起きるんじゃなくて 目覚める時だから 旅をする 教えられるものに

元気です

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:誰もこっちを向いてはくれません 一年目の春 立ち尽くす私 道行く人々は 日々を追いかけ

俺を許してくれ

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:夜空に浮かぶ 星に打ち明けよう この世を去って行く 人々の愛情を ある時は憎しみで

世捨人唄

吉田拓郎

歌詞:たとえば 故郷を捨てるとも 旅の情は 捨てないで 悲しみ川に

人間なんて

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:人間なんて ララララララララ 人間なんて ララララララララ 人間なんて

昨日の雲じゃない

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:あの空に浮かぶのは 今日の雲 それは 昨日の雲じゃない

BLOWIN' IN THE WIND

吉田拓郎

作詞: B.Dylan

作曲: B.Dylan

歌詞:How many roads must a

春だったね

吉田拓郎

作詞: 田口叔子

作曲: 吉田拓郎

歌詞:僕を忘れた頃に 君を忘れられない そんな僕の手紙がつく くもりガラスの窓をたたいて

唇をかみしめて

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:ええかげんな奴じゃけ ほっといてくれんさい アンタと一緒に 泣きとうは ありません

イメージの詩

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:これこそはと 信じれるものが この世にあるだろうか 信じるものがあったとしても 信じないそぶり

そうしなさい

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:もぬけの殻でもいいじゃない 人は流れるものだから 後悔なんて 捨てなさい 風吹く路を

いつでも夢を

吉田拓郎

作詞: 佐伯孝夫

作曲: 吉田正

歌詞:星よりひそかに 雨よりやさしく あの娘はいつも歌ってる 声が聞こえる 淋しい胸に

我が良き友よ

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:下駄をならして奴がくる 腰に手ぬぐいぶらさげて 学生服にしみこんだ 男の臭いがやってくる アー夢よ

祭りのあと

吉田拓郎

歌詞:祭りのあとの淋しさが いやでもやってくるのなら 祭りのあとの淋しさは たとえば女でまぎらわし もう帰ろう

今日までそして明日から

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:わたしは今日まで 生きてみました 時には だれかの 力をかりて

僕の道

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:心がつらい時 僕は1人じゃない 涙が頬を濡らしても 僕は1人じゃない

今は恋とは言わない

吉田拓郎

歌詞:あの日君はとても コワイ顔をしていました だけど僕も一歩だって 引き下がるつもりはありません 時間ばかりが沈黙の中で

夕映え

吉田拓郎

作詞: 石原信一

作曲: 吉田拓郎

歌詞:色とりどりに うつろいながら 時代よ どこへ 急ぐのか

大阪行きは何番ホーム

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:19の頃だったと思うけれど 家を出る事に夢をたくして 1人きりで暮らしてみようと 希望に満ちていた時があった

ひとりgo to

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:黄昏の1日を 僕は今日も生きている 遥かなる旅人は 終わりなき夢の中で

アゲイン(未完)

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:若かった頃の 事をきかせて どんな事でも 覚えてるなら 思い出たちは

家へ帰ろう

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:この道は どこまで続いてるだろう 少しだけ 疲れてるような気分 風の中

遥かなる

吉田拓郎

作詞: 石原信一

作曲: 吉田拓郎

歌詞:人混みの河 泳ぎ疲れて 息苦しさに空を見あげる 流線型[りゅうせんけい]に輝く雲の 行方ながめた

襟裳岬

吉田拓郎

歌詞:北の街ではもう 悲しみを暖炉で 燃やしはじめてるらしい 理由のわからないことで 悩んでいるうち

古いメロディー

吉田拓郎

歌詞:古い メロディ こびりついて 離れないぜ やりきれないね

ハネムーンへ

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:今日から君は一人じゃないんだネ そうさ 楽しい事も二人で分け合ってネ だけど苦しい事も同じだよネ 重たい日々が始まっちまったよ

伽草子

吉田拓郎

歌詞:雨もふりあきて 風もやんだようだね つい今しがたまで ドンチャン騒いでた街が ひっそりかんと

結婚しようよ

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:僕の髪が 肩までのびて 君と同じに なったら 約束どおり

冷たい雨が降っている

吉田拓郎

作詞: 松本隆

作曲: 吉田拓郎

歌詞:冷たい雨が降っている 冷たい雨が降っている 指をふるわせ 髪を氷らせ 冷たい雨が降っている

マスターの独り言

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:いつのまにやら 外は雨のようだ 今夜はもう 店をしめて 愛する女の

純情

吉田拓郎

作詞: 阿久悠

作曲: 加藤和彦

歌詞:永遠のたずねびと それは きみだろ 追いかけて 追いかけて

あの娘といい気分

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:俺の電話で 夜の夜中に あの娘いつもの笑顔で 今晩は 今日も可愛い

おきざりにした悲しみは

吉田拓郎

歌詞:生きてゆくのは ああ みっともないさ あいつが死んだ時も おいらは飲んだくれてた

舞姫

吉田拓郎

作詞: 松本隆

作曲: 吉田拓郎

歌詞:霧けむる瓦斯灯の火が 君の瞳の涙を照らすものすべて灰色の街 ぬぎ捨てた靴だけ紅いよ 「死にましょう」 ため息まじりの冗談に

水無し川

吉田拓郎

作詞: 松本隆

作曲: 吉田拓郎

歌詞:北から吹いた風に 追われて 旅立つ僕を 許してくれよ 寒い都会に

加川良の手紙

吉田拓郎

作詞: 加川良

作曲: 吉田拓郎

歌詞:拝啓 僕はとっても残念でした あの日、君がホワイト・ジーンでなかった事が スカート もいいけれど、ホワイト・ジーンなら

流星

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:たとえば僕が まちがっていても 正直だった悲しさが あるから Ah

外は白い雪の夜

吉田拓郎

作詞: 松本隆

作曲: 吉田拓郎

歌詞:大事な話が君にあるんだ 本など読まずに 今聞いてくれ ぼくたち何年つきあったろうか 最初に出逢った場所もここだね

となりの町のお嬢さん

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:となりの町のお嬢さんが 僕の故郷へやって来た 都会の香りふりまいて 夢を見させてくれたんだ 好きに

花酔曲

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:心のかたすみに 閉ざされてたやさしさを あなたが思い出させてくれた 短い夜だった

サマータイムブルースが聴こえる

吉田拓郎

作詞: 松本隆

作曲: 吉田拓郎

歌詞:かなりやばい線になってきた 防波堤の上に 朝陽が射すよ 朝まで眠らないと 頑張った

Contrast

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:私はダメな人なのかって 小さな頃に 身体が弱い自分の明日を不安に思ってた でもどうしたらいいのかわからないまま

ah-面白かった

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:いつも履いてる シューズを脱ぎ捨て 何も言わずに部屋へ逃げる 何か言葉にして 触れ合う事も

蒼い夏

吉田拓郎

歌詞:浜日傘 ゆらゆら すらりとのびた 長い脚 蒼い夏が

マークII

吉田拓郎

作詞: 吉田拓郎

作曲: 吉田拓郎

歌詞:さよならが 言えないで どこまでも歩いたね 街あかりさえ消えて 足音が淋しいよ

夕立ち

吉田拓郎

歌詞:きみと これから暮らそうって 今 言おうとしてるぼくは どんなふうに切りだそうか

旅の宿

吉田拓郎

歌詞:浴衣のきみは 尾花の簪 熱燗徳利の首 つまんで もういっぱい

花嫁になる君に

吉田拓郎

歌詞:指がふれたら ぽつんと落ちてしまった 椿の花みたいに おそらく観念したんだネ

吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフ・レコードの第2代社長である。本名同じ。旧芸名は平仮名のよしだたくろう。竹田企画(事務所)、avex trax(レコードレーベル)に所属。鹿児島県伊佐郡大口町(現:伊佐市)出身。広島商科大学(現:広島修道大学)卒業。血液型A型。身長176.5 cm。 夫人は四角佳子(1972年 - 1975年)→浅田美代子(1977年 - 1983年)→森下愛子(1986年 -)。 楽曲提供者としては入江剣 の名も用いている。 wikipedia