1. 歌詞検索UtaTen
  2. 吉田拓郎
  3. 吉田拓郎の歌詞一覧

吉田拓郎の歌詞一覧

公開日:2014年12月4日 更新日:2021年8月1日

237 曲中 1-50 曲を表示
楽曲・タイトル アーティスト 歌詞・歌い出し

今日までそして明日から

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:わたしは今日まで 生きてみました 時には だれかの 力をかりて

旅の宿

吉田拓郎

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:浴衣のきみは 尾花の簪 熱燗徳利の首 つまんで もういっぱい

虹の魚

吉田拓郎

作詞:松本隆

作曲:吉田拓郎

歌詞:枯れ葉ごしに山の道をたどってゆけば 水の音が涼しそうと背伸びする君 底の石が透ける水に 右手をひたせば 虹のように魚の影

ありがとう

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:この胸いっぱいのありがとうよ 君に届いておくれ 多くの勇気と多くの夢と 生きてく力と出会う喜びを 少しテレながら君は教えてくれました

たどり着いたらいつも雨降り

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:疲れ果てている事は 誰にも隠せは しないだろう ところが俺らは何の為に こんなに疲れて

祭りのあと

吉田拓郎

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:祭りのあとの淋しさが いやでもやってくるのなら 祭りのあとの淋しさは たとえば女でまぎらわし もう帰ろう

せんこう花火

吉田拓郎

作詞:古屋信子

作曲:吉田拓郎

歌詞:せんこう花火が ほしいんです 海へ行こうと思います 誰か せんこう花火をください

ペニーレインでバーボン

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:時が たってしまうことを 忘れてしまいたい 時があるよね すべてのものが

されど私の人生

吉田拓郎

作詞:斎藤哲夫

作曲:斎藤哲夫

歌詞:もうどうでもいいのさ つまらぬことは 考えないで そこからの道を 急ぐのさ

暑中見舞い

吉田拓郎

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:こんなに遠くの海に来ています こんなに遠くの海に来ています 彼女は鼻の頭まで皮が剥けて おまけに化粧もしてないけど とってもよく笑うんです

元気です

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:誰もこっちを向いてはくれません 一年目の春 立ち尽くす私 道行く人々は 日々を追いかけ

唇をかみしめて

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:ええかげんな奴じゃけ ほっといてくれんさい アンタと一緒に 泣きとうは ありません

午前0時の街

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:そよぐ風が僕の髪を通りすぎて 街がいつもの静けさにつつまれる頃 思うがままに足をはこべば靴音のメロディー やさしいあの娘の店はもう近い

ともだち

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:やるせない 思いを胸に 友だちは 去りました 今日という

春だったね

吉田拓郎

作詞:田口叔子

作曲:吉田拓郎

歌詞:僕を忘れた頃に 君を忘れられない そんな僕の手紙がつく くもりガラスの窓をたたいて

イメージの詩

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:これこそはと 信じれるものが この世にあるだろうか 信じるものがあったとしても 信じないそぶり

落陽

吉田拓郎

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:しぼったばかりの 夕陽の赤が 水平線から もれている 苫小牧発

Y

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:何て事の無い 出逢いって言うんだろう ただ 笑ってる君が居て いつものように

風の街

吉田拓郎

作詞:喜多条忠

作曲:吉田拓郎

歌詞:道のむこうで 手を振った 大きな声で サヨナラ言った あいつを

望みを捨てろ

吉田拓郎

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:ひとりになれない ひとりだから ひとりになれない ひとりだから 妻と子だけは

蒼い夏

吉田拓郎

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:浜日傘 ゆらゆら すらりとのびた 長い脚 蒼い夏が

花酔曲

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:心のかたすみに 閉ざされてたやさしさを あなたが思い出させてくれた 短い夜だった

恋の歌

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:熱い熱い涙が 君の頬をぬらして 僕の唇にひとしずく落ちて来た 僕は僕は知ってる

ある雨の日の情景

吉田拓郎

作詞:伊庭啓子..

作曲:吉田拓郎

歌詞:バスが止まって 外は雨がふっている ガラス窓に いっぱい並んだ雨だれの むこうで誰かが

真夜中のタクシー

吉田拓郎

作詞:Takuro Yoshida

作曲:Takuro Yoshida

歌詞:拓郎「・・・・・ 」 運転手「・・・・・ 」

気持ちだよ(こちら葛飾区亀有公園前派出所 ED)

吉田拓郎

作詞:康珍化

作曲:吉田拓郎

歌詞:重たい荷物は 背負ってしまえば 両手が自由に なるだろう その手で誰かを

吉田町の唄

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:昔 その人は 赤児を抱いて いつか故郷を拓けと願い 「父を越えて行け」と

夏休み

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:麦わら帽子は もうきえた たんぼの蛙は もうきえた それでも待ってる

冷たい雨が降っている

吉田拓郎

作詞:松本隆

作曲:吉田拓郎

歌詞:冷たい雨が降っている 冷たい雨が降っている 指をふるわせ 髪を氷らせ 冷たい雨が降っている

僕の人生の今は何章目ぐらいだろう

吉田拓郎

作詞:トータス松本

作曲:トータス松本

歌詞:よかれ悪かれ言いたいことを全部言う 気持ちいい風を魂に吹かす 今はどの辺りだろう どの辺まで来ただろう 僕の人生の今は何章目ぐらいだろう

Bye Bye Yesterday

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:昔の唄をなつかしむだけじゃダメだ ここまでおいで 驚く程の事じゃないよ みんなこの頃どうかしているさ 悩んだところで

言葉

吉田拓郎

作詞:松本隆

作曲:吉田拓郎

歌詞:電話の声は ささやきまじり ごめん起こしてしまったんだね いま他愛ないやりとりのあと ぼくは一言闇に浮かべた

水無し川

吉田拓郎

作詞:松本隆

作曲:吉田拓郎

歌詞:北から吹いた風に 追われて 旅立つ僕を 許してくれよ 寒い都会に

ああ青春

吉田拓郎

作詞:松本隆

作曲:吉田拓郎

歌詞:ひとつひとりじゃ淋しすぎる ふたりじゃ息さえもつまる部屋 みっつ見果てぬ夢に破れ 酔いつぶれ夜風と踊る街 哀しみばかりかぞえて

外は白い雪の夜

吉田拓郎

作詞:松本隆

作曲:吉田拓郎

歌詞:大事な話が君にあるんだ 本など読まずに 今聞いてくれ ぼくたち何年つきあったろうか 最初に出逢った場所もここだね

吉田拓郎

作詞:松本隆

作曲:吉田拓郎

歌詞:夜の帳りも 冬枯れた部屋 君はプツリと 爪を切ってる 肩を丸めて

明日に向って走れ

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:流れる雲を 追いかけながら 本当のことを 話してみたい いつか失った

サマータイムブルースが聴こえる(カバー)

吉田拓郎

作詞:松本隆

作曲:吉田拓郎

歌詞:かなりやばい線になってきた 防波堤の上に 朝陽が射すよ 朝まで眠らないと頑張った 君も猫のように

俺が愛した馬鹿

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:死んで下さいよと あいつに言われて 理由も無く涙が 落ちた 泣けた

となりの町のお嬢さん

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:となりの町のお嬢さんが 僕の故郷へやって来た 都会の香りふりまいて 夢を見させてくれたんだ 好きに

暮らし

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:男だったんだと 女が居て気づいた 弱虫なんだと 酒を飲んでわかった

結婚しようよ

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:僕の髪が 肩までのびて 君と同じに なったら 約束どおり

アジアの片隅で

吉田拓郎

作詞:岡本おさみ

作曲:吉田拓郎

歌詞:ひと晩たてば 政治家の首がすげかわり 子分共は慌てふためくだろう 闇で動いた金を 新聞は書きたてるだろう

僕の唄はサヨナラだけ

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:君が僕をキライになったわけは 真実味がなかったって言う事なのか そんなに冷たく君の愛を おきざりにしたなんて僕には思えない

人生を語らず

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:朝日が昇るから 起きるんじゃなくて 目覚める時だから 旅をする 教えられるものに

男の子☆女の娘(灰色の世界II)

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:女の娘 女の娘 愛も信じない あなた

灰色の世界I

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:あしたをわすれた 若い男 愛を信じぬ 若い女 あきもしないで遊びだけの

純(魁!!クロマティ高校 OP)

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:僕はアナタのすべてを 命がけでも欲しい 他の言い方はない 胸がジンジンふるえ 寝ても覚めていても

高円寺

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:君を好きだなんて言ったりすると 笑われそうな気がして とても口に出すのがこわかったけれど 気がついてみたら 君の方が僕を好きになっていて

気分は未亡人

吉田拓郎

作詞:吉田拓郎

作曲:吉田拓郎

歌詞:ラ ララララ……………… あの人今夜も行き先知れずで帰って来ない どんな仕事か知らないけれど勝手なものね

吉田 拓郎(よしだ たくろう、1946年4月5日 - )は、日本のシンガーソングライター、作詞家、作曲家、編曲家、音楽プロデューサー、フォーライフ・レコードの第2代社長である。本名同じ。旧芸名は平仮名のよしだたくろう。竹田企画(事務所)、avex trax(レコードレーベル)に所属。鹿児島県伊佐郡大口町(現:伊佐市)出身。広島商科大学(現:広島修道大学)卒業。血液型A型。身長176.5 cm。 夫人は四角佳子(1972年 - 1975年)→浅田美代子(1977年 - 1983年)→森下愛子(1986年 -)。 楽曲提供者としては入江剣 の名も用いている。 wikipedia