1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大江千里
  3. びんた歌詞

「びんた」の歌詞 大江千里

1991/9/26 リリース
作詞
大江千里
作曲
大江千里
文字サイズ
よみがな
hidden
なにわないで横切よこぎった ちかくの地下鉄ちかてつんだ
あめ足元あしもとまでどしゃりで にぎりしめたこぶしきみになげつけた

ふりだしにもどっただけのことさ はじめから他人たにんだとおもえばいい そうだろ?
わるいのはおたがきになったことながいこと 風邪かぜをひいたとおもえばいい

わるいってどっちがうの ごめんよってどっちがうの
本当ほんとうきだとああなぜえない
きみしかいないよとって きみのかたつよきしめて
びんたをくらって本当ほんとうあいえた

きりかさころがっていたのを いかけもしないでふたりはていた
もうすぐ電話でんわれつ言葉ことばつたえたい
ああ きみのためすこしはつよくなりたい

ずいぶんまずいことって ずいぶんひどいことされて
もうわないよと何度なんどわれた
夢中むちゅうなkissもあったのに わすれたくないゆめもあったのに
あめたれてながされてしまう バカさ

一人ひとりひときでいれたら まよわないできでいれたらいいのに
どうしてうしなうものばかりこんなにやして
ああ 一番いちばん大切たいせつなきみがえない

ずいぶんまずいことって ずいぶんひどいことされて
もうわないよと何度なんどわれた
夢中むちゅうなkissもあったのに わすれたくないゆめもあったのに
あめたれてながされてしまう バカさ

わるいってどっちがうの ごめんよってどっちがうの
本当ほんとうきだとああなぜえない
きみしかいないよとって きみのかたつよきしめて
びんたをくらって本当ほんとうあいえた