1. 歌詞検索UtaTen
  2. 宮田幸季
  3. 色彩なきパエザッジョ歌詞

「色彩なきパエザッジョ」の歌詞 宮田幸季

2017/5/24 リリース
作詞
Satomi
作曲
小野貴光
文字サイズ
よみがな
hidden
一秒いちびょうながさ おなじはずなのに
わかれた瞬間ときから ながかんじてる

このこころ隙間すきま けてゆく
アマルフェのかぜみたいな
透明とうめいなせつなさに
れる気持きもち"-Mi manchi tantissimo-"

あなたのいない この世界せかい
色彩しきさいなき パエザッジョのよう
まるでカヴォルネのあかへと
まりゆくそらさえ...

あなたがいない そばにいない
ただそれだけのことなのに
うつるのはモノクローモ

出逢であうまえにただ もどっただけなのに
こんなにもつよ孤独こどくかんじてる

ちかくにいるとき肝心かんじんなモノ
それさえもつけられずに
はなれてづくなんて
おろかだよね"-Mi manchi tantissimo-"

あなたのいない この世界せかい
色彩しきさいなき パエザッジョのよう
いつもふたりでかたならべ
ながめてたまちさえ...

二度にどわない もうえない
ただそれだけのことなのに
なぜにこころもとめてるの

いまなら"-Tiamo-"さえも
あいしてるという言葉ことば
使つかわないで
きっとおもとどけられる


たりまえだと おもっていた
そのすべてが 特別とくべつだと
うしなってからがついた
いまでもあいしてる

あなたのいない この世界せかい
色彩しきさいなき パエザッジョのよう
まるでカヴォルネのあかへと
まりゆくそらさえ...

あなたがいない そばにいない
ただそれだけのことなのに
うつるのはモノクローモ