1. 歌詞検索UtaTen
  2. 寺島拓篤
  3. 君の季節歌詞

「君の季節」の歌詞 寺島拓篤

2015/11/18 リリース
作詞
寺島拓篤
作曲
山田高弘
文字サイズ
よみがな
hidden
きだからとなりにいて きだかられられない
“もしも”の明日あすつく未来みらい
まためぐ季節きせつなかねむ物語ものがたり

たりまえのようにきみがいる ながれていく日々ひびなか
どれだけの偶然ぐうぜんかさなって この気持きもちがまれたんだろう
前髪まえがみいじるそのくせ可愛かわいいなんて らないうちおもうようになってた

ゆきどけがおそすぎたね はなはまだききらない
ほのかなおもい もしつたえたら わってしまうのかな?
友達ともだちのままでいればはなれずにいられるだろう
あまいたみが はなよりはやくゆるやかにいろづいていく きみ季節きせつ

ならんであるいた遊歩道ゆうほどう わりえしないまち
あたたかな木漏こものカフェも すこちがってはじめてた
ふとった瞬間しゅんかんすここまったきみ笑顔えがおせつなくて それでも

ときめきをかさねたくて いかけたみなみかぜ
もうとどかないきみ笑顔えがおいまでもがれるけど
そのこえもそのかおりもきみだからきになった
でもいまのまま ながれのままに 季節きせつながめていよう

もうもどれないとってて それでもまだもとめてる
あのころのような友達ともだちもどれたら

きなこと つたえたくて つたえたら こわれそうで
臆病おくびょうぼく本当ほんとう気持きもかくして わらってるよ
きだからとなりにいて きだかられられない
“もしも”の明日あすはもうないけど また今年ことしめぐってくる

きみ季節きせつ