1. SPEED DEMON歌詞

「SPEED DEMON」の歌詞 百地春鹿(内田真礼)

2015/4/15 リリース
作詞
中村彼方
作曲
光増ハジメ(FirstCall)
文字サイズ
よみがな
hidden
まっても つまずいても
自分じぶんにはけたくない
時間じかんはいつもアタシを
めては してく

しびれるような うずきのなか
ながれる 電気でんき信号しんごう
このまれたから
こたえ ずっとさがしていた

"さあ かぜになれ" こころこえ こえてくる
いま未来みらいを その明日あした見据みすえて

もっとはやく もっとはや
ひかりよりも もっとはや
たとながぼしのように
みじかいのちでもかまわない
もっとあつく もっとあつ
太陽たいようよりも もっとあつ
たと回路かいろ れてしまったとしても
またたきまとってはしるよ

だれにだって 理由りゆうがある
たたかつづけることに
大切たいせつなたった一人ひとりためだったり
責任せきにんだったり

この時代じだいきてる意味いみ
きみ出会であえたその意味いみ
いまからなくたって
いつかかるるから

ああ なか理不尽りふじんさに苛立いらだっても
大事だいじなこと見逃みのがすだけ つよくなりたくて

もっとはやく もっとはや
地球ちきゅうまわるよりはや
きず背負しょってしまうまえ
きみのもとへ辿たどくよ
もっとあつく もっとあつ
灼熱しゃくねつよりもっとあつ
たとえ そのがしてしまったとしても
最後さいご最後さいごまではし

もっとはやく もっとはや
ひかりよりも もっとはや
たとながぼしのように
みじかいのちでもかまわない
もっとあつく もっとあつ
太陽たいようよりも もっとあつ
たと回路かいろ れてしまったとしても
またたきまとってはしるよ