1. 東京タワー歌詞

「東京タワー」の歌詞 石野真子

2008/12/24 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
いつかだれかにもらったお土産みやげのカード
えがかれた景色けしき
何気なにげなくかざられた部屋へや
おだやかなときながれた

そんなしあわせな日々ひび
ゆび隙間すきまから したたるしずくのようにこぼれ
突然とつぜん時間じかん
かぎりあるものにわったね…

"平凡へいぼん"とか"普通ふつう"って言葉ことば
よく似合にあう そんなふたりに
似合にあわないよ
ドラマティックすぎて…
こえられぬ運命うんめいなんてさ…

東京とうきょうタワー いつかきっと
をつなぎ のぼろうと
約束やくそくしたけど 本当ほんとう理解わかっていた
そのゆめかなわないことも…

まもれないとってわす約束やくそく
うそだ」ってひとがいたとしても
うそまも体温ぬくもりがあると
そうしんじてた…
まもれなかった…

とき場所ばしょわり
そのまちらすぼくもと今日きょう
自分じぶんよりおもそな荷物にもつかかえて
あなたは東京ここ

なにしいものとかないの?」と
たずねたらあなたはそれに
ってみたい場所ばしょならあるよ」と
れくさそうに
そうこたえたね

「やっとれた」とわら横顔かお
どことなくさびしさをびていて
「どんなことをかんがえてる?」
なんて野暮やぼいかけて…やめた

ちちとしをとらなくなり
けばつくほどに
そのおおきさおもった
そんなひとにいつのか なれるよう
これからは…じぶんらしく…

ちいさくまたたく いえあかり
そのすべてにホラ かけがえのない物語ストーリー

東京とうきょうタワー いつもそこで 幾千いくせん物語ものがたり
つめ らしつづけてる それはまるで
かなしみをかすような まなざしで
かがやいてる…