1. 歌詞検索UtaTen
  2. 美川憲一
  3. 貴婦人歌詞

1992.8.21 リリース

「貴婦人」の歌詞 美川憲一

友情 感動 恋愛 元気 結果 動画を見る
文字サイズ
よみがな
気品きひんのある老婦人ろうふじん屋敷やしきまえ
くずれかけた過去かこひかりまってつめている
あれからもう30ねんなが月日つきひってった
はじめてこのひろ屋敷やしきむかえられた20さいから

枯葉かれはひろにわには うつくしかったおもばかり
あのころには、にはみどりひかりえていた

2かいにあるあの寝室しんしつ2人ふたりだけのあいごと
あまゆめむねふくらませ 2人ふたりだけでまどろんでいたの
明日あしたはこの屋敷やしきなか競売きょうばいじょうになりさがるでしょう
かべにかかるとされ ふる家具かぐされる
あまりのことに 老婦人ろうふじんわれわすさけんでいた

「それはみんな わたしがいただきましょう」

だけどそれもこえにならない
そのひとみ宿やどなみだわすれかけたひと面影おもかげ
過去かこいと手繰たぐりよせて おもすのは20さい日々ひび

しあわせだったあのころには いつもバラがかざられていた
あいするひとうでなかあいゆめていたのに

われにかえり老婦人ろうふじんにしたのはふる札束さつたば
幾枚いくまいかの このかみきれが うしなわれた過去かこ代償だいしょう
うつくしさののこるそのかがやいていた宝石ほうせきはなく
のこるものはおもだけ
それも今日きょうまくじた