1. 歌詞検索UtaTen
  2. 22/7
  3. 循環バス歌詞

「循環バス」の歌詞 22/7

2018/4/11 リリース
作詞
秋元康
作曲
中村泰輔
文字サイズ
よみがな
hidden
いつものバスがかどがって
はるさかのぼれば
女子校じょしこうまえ停留所ていりゅうじょから
きみってるんだ

何度なんど偶然ぐうぜん かけるうちに
ぼくとりこになった

明日あしたいたいなんて まれてはじめての気持きも
グレーの制服せいふくきみまぶしくて…
名前なまえさえもらないけど 一緒いっしょかえれればいい
夕焼ゆうやけがうつくしすぎて せつないよ
ぼくこころをぐるぐるまわ
こい循環じゅんかんバスさ

毎日まいにち バスはおなじコースで
景色けしき見飽みあきてるけど
えきくまで10分間ぷんかん
ぼくたのしみなんだ

って ほんの一瞬いっしゅん
きみ微笑ほほえんだような…

あさ何時なんじるのか ホントはいてみたかった
こえける勇気ゆうきがあればいいのに…
きもかえりもえたらってるみたいだね
ガタンとれたってきみとおすぎて
卒業そつぎょうするまで二人ふたり この距離きょり
青春せいしゅん 循環じゅんかんバスか

ゆっくりと歳月ときながぼくたちは大人おとなになる
れのあめもバスは
もどかしい季節きせつ終点しゅうてんがないまま
ぐるぐるとまわるだけ

明日あしたいたいなんて まれてはじめての気持きも
グレーの制服せいふくきみまぶしくて…
名前なまえさえもらないけど 一緒いっしょかえれればいい
夕焼ゆうやけがうつくしすぎて せつないよ
ぼくこころをぐるぐるまわ
こい循環じゅんかんバスさ