1. 歌詞検索UtaTen
  2. 22/7
  3. 理解者歌詞

「理解者」の歌詞 22/7

2018/8/22 リリース
文字サイズ
よみがな
hidden
だれかがちかくにいるだけで
なぜか息苦いきぐるしくなってしまう
一人ひとりきりではきられないって
わかっているのに憂鬱ゆううつなんだ

はなしかけてはなくても
どこかつかわれてるような
やさしさとかぬくもりとか
あいつかれて

そんな自分じぶん苛立いらだち (苛立いらだち)
なにもとめてるのか?
なに拒否きょひしているのだろう?
ぼくくしかない

とびらめないで バタンとめないで
1センチだけけておいて
かすかなひかり隙間すきまかられるほど
かえみちのこしていてしい

きみをこんなにきずつけてるのに
なぜぼく拒絶きょぜつしないんだろう
だからぼく自己嫌悪じこけんおおちいる」
いつのぼくづく
ずっとそばにいた
唯一ゆいいつ理解者りかいしゃ

ぼくだれあいせないと
ずっとおもんでいたんだ
自分じぶんのこところしてまで
他人ひともとめてない

こころのカーテンひらいて (ひらいて)
ほそきるより
暗闇くらやみいきひそめる
ぼく孤独こどくきだ


とびらめないで かぎまでけないで
この部屋へやだけは自分じぶんになれる
カッコわるくてもみとめざるをないよ
ドアノブけばゆるしてくれるだろう

「それならここからけばいい
自分じぶんすこしだけわかってるだろう
ずかしくらい ぼく無知むちだ」

本当ほんとうづいていたんだ
たった一人ひとりだけ
ぼく理解者りかいしゃ

どこへくつもりだ?
まだかえらないのか? (この場所ばしょへ〉
だれなみだぬぐってくれる?
だれぼく理解者りかいしゃだ?

とびらめないで バタンとめないで
1センチだけけておいて
おもとかじゃなくて 未来みらいはここにある
どこにもなかったしいもの

とびらめないで バタンとめないで
1センチだけけておいて
かすかなひかり隙間すきまかられるほど
かえみちおしえてくれ

いつのにか気付きづくだろう
背中せなかけたのが
唯一ゆいいつ理解者りかいしゃ