1. 歌詞検索UtaTen
  2. KOTOKO
  3. ミュゲの花束を、君へ歌詞
よみ:みゅげのはなたばを、きみへ

「ミュゲの花束を、君へ」の歌詞

KOTOKO
2018.6.27 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
高瀬一矢
  • 試聴
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
すこしぼやけた写真しゃしんすみには
夜風よかぜにおおもすレモネード
二人ふたりつな画面がめんのアドレスは
もうそこにいと 今頃いまごろ 気付きづいた

えばきっとおなじこと
かえしてしまうだろう
ちいさなことでまたきみめて いて
いまおな

ミュゲの花束はなたば ずかしげにむねきしめた
きみはまだわらいで
あのころ何年なんねんっても
このはなまもるとめたはずだった

出逢であいの日々ひびはあっというぎて
はなれるのも おたがいのためだった
それぞれのゆめ ってたはずなのに
もとめるばかりで 言葉ことば途切とぎれた

元気げんきですか?」ひとこと
遠慮えんりょがちなきみ文字もじ
やさしいかぜまどからとおけて
なみだこぼれた

ミュゲのかおきみおくろう
あのくれたのは何気なにげない日々ひびだけど
世界中せかいじゅうさがしたって
あんなにあたたかい時間じかんはないよね

いまげよう
今日きょうまでありがとうー
チャペルのかね ひび

ミュゲのはなことば つぶやいた
ずっときでした
純粋じゅんすいやさしさも
二人ふたりでちょっと我慢がまんしたら
きっとね 何度なんどでもしあわせはるから

ミュゲの花束はなたば きみにあげる
きっと今日きょうぼくたちの宝物たからもの
世界中せかいじゅうなにがあっても
ちいさなあいはな 二人ふたりそだてよう
永遠えいえんとき二人ふたりわかつまで

ラララ・・・

ミュゲの花束を、君へ/KOTOKOへのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:ミュゲの花束を、君へ 歌手:KOTOKO