agony 歌詞 KOTOKO 神無月の巫女 ED ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. KOTOKO
  3. agony歌詞
よみ:あぐにー

agony 歌詞 神無月の巫女 ED

agony 歌詞

KOTOKO

2006.8.25 リリース
作詞
KOTOKO
作曲
中沢伴行
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
いつかゆめ
とどかないつぶやきだけ
よるひかりつつまれて彷徨さまよ
やがて見開みひらくそのひとみ 運命うんめいなら
せめて そう、いまだけ…

かなわないとうつむ夜風よかぜにただうなだれ
なみだ 月影つきかげ ひらあふれてゆく
なにしいの?
くちびるやみふるえていた

出逢であったあのとき胸突むねついた笑顔えがお
まもりたくて ずっとくずれそうな約束やくそく
いたつぶすほどにきしめてた

そばれるだけで
おな時間じかんにいられるだけで
とお記憶きおく よみがえかなしみもあたためてけるのに
まわつづけているおもいに
やすらぎちたわりはるの?
かえしたけはてん
けのそらひかりわる

すべまぼろし かんではまたえてく
邪念じゃねんかき指先ゆびさきからいた無色むしょくくさり
もがくほど孤独こどくんでいた

られるようにきびすかえすかぜ
つめたすぎるいまも「きみがいるからだよ」と
やみちた言葉ことば はなれない

いきをしてるだけで
おないたみをかんじるだけで
ほんのすこしあわせをげるあい
気付きづいていしまった
こごえて肩寄かたよせるひとみ
まもりたいもの つかったから
つぎ夜明よあにしてた後悔こうかいびた欠片かけら
ひかりえる

れあうだけでそのしあわせをおもっただけで
こみげてく
つかのさよならも えぬきずなになると

そばられるだけで
おな時間じかんにいられるだけで
とお記憶きおく よみがえかなしみもあたためてけるのに
きざまれていたしるし
みちびかれまたたおれるとき
つめった一瞬いっしゅん千年せんねん記憶きおく
ひかりわる

agony / KOTOKO の歌詞へのレビュー

この音楽・歌詞へのレビューを書いてみませんか?

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:agony 歌手:KOTOKO