若き日の詩 歌詞 大津美子 ふりがな付

  1. 歌詞検索UtaTen
  2. 大津美子
  3. 若き日の詩歌詞
よみ:わかきひのし

若き日の詩 歌詞

大津美子

2007.11.21 リリース
作詞
東海林良
作曲
馬飼野康二
  • お気に入り登録
友情 感動 恋愛 元気 結果
文字サイズ
ふりがな
ダークモード
がりくねった 都電とでんどおりを
たがいちがいに あるいてく
あなたは一度いちどかず
わたし運命さだめきしめる
ときながれの そのなか
娘盛むすめざかりの不幸ふこうおも
もうすぐあさるでしょう
なつにおいがしてきたら
こころ未練みれんてたほうがいい

まるでのように 西陽にしびがさした
あなたとくらした 下宿げしゅく部屋べや
わたしこころを ボロボロに
あなたは一人ひとりに なるという
あれからすこしのとき
わたしもいくぶん大人おとなになった
もうすぐあさるでしょう
あめにおいがしてきたら
ささいな不幸ふこうわすれたほうがいい

もうすぐあさるでしょう
あめにおいがしてきたら
ささいな不幸ふこうわすれたほうがいい

若き日の詩 / 大津美子 の歌詞へのレビュー

男性

馬骨

2022/06/05 04:03

曲がりくねった都電通りを互い違いに歩いてく、あなたは一度も振り向かず、私は運命抱き締める、恋の終わりの一丁目・・まるで絵に描いたように西日が当たる貴方と暮らした下宿部屋、私の心をぼろぼろにあなたは一人になるという・・あれから少し時が過ぎ、私も少し大人になった、もうすぐ朝が来るでしょう雨の匂いがしてきたら、些細な不幸は忘れた方がいい・・曲がりくねった都電通り、曲がりくねった人生航路・・運命に棹させばとかく・・

この音楽・歌詞へのレビューを投稿

ニックネーム
性別
年代
  • ※ニックネーム・性別・年代は初回のみ入力できます。
  • ※レビューは全角30文字以上、500文字以内で入力してください。
  • ※誹謗中傷はご遠慮ください。
  • ※ひとつの音楽・歌詞につき1回のみ投稿できます。
  • ※投稿の編集・削除はできません。
UtaTenはreCAPTCHAで保護されています
プライバシー - 利用契約
▶︎ ブログやHPでこの歌詞を共有する場合はこのURLをコピーしてください

曲名:若き日の詩 歌手:大津美子